1. HOME
  2. バイク
  3. 【絶版バイク】ホンダ伝統のCBシリーズ絶版モデルおすすめ12選!!
バイク

【絶版バイク】ホンダ伝統のCBシリーズ絶版モデルおすすめ12選!!

バイク

1503

ホンダのバイクといえばCBというネーミングがでるほど誰もが知っているブランドネームではないでしょうか。ホンダ伝統のCBシリーズ絶版モデル、現代でも非常に人気を誇っておりそのかっこよさは絶版バイク好きならわかるはず!!そんなホンダ絶版CBシリーズを選紹介。

絶版CBシリーズ①:CB350Four

350ccという小柄なボディですが、おしゃれでかっこいいCB350Four、略してサンパンフォア。純正の4本出しマフラーが迫力満点!!CB750Fourをコンパクトにしたという印象を受ける一台。速いバイク、性能が良いバイク、そんなバイクではないということは断言しておく、心地よいホンダのサウンドを楽しむためだけのミドルバイクと。

絶版CBシリーズ②:CB400Four

CBドはまり世代といえばCB400Fourではないでしょうか。ヨンフォア伝説、ヨンフォアは絶版ミドルバイクの中でも絶大な人気があり、価格も沸騰しているほど。カスタム方法も人それぞれと多く、純正を好む方もいればバチバチのカスタムフォアにしている方も多い。どちらにせよヨンフォアの迫力抜群のサウンドはすべてのバイク好きを虜にすることであろう、スピードや性能はおいておいての話だが。

絶版CBシリーズ③:CB250

CB250、いわゆるホークというネームがつけられることになったバイク。ホンダ伝統の空冷2気筒最終モデルでもあるCB250は非常に価値があるモデルとなっている。

絶版CBシリーズ④:CB400

CB400はホークⅡと呼ばれたモデル、絶版バイク好きからの人気度も高く、やんちゃな暴走族世代からも支持が非常に高いミドルバイクとなっている。40馬力もあった当時は余裕ある走りをハイウェイ走行からラフな普段走行まで楽な運転感覚を与えてくれる印象。ヤンチャなイメージが強いバイクだが、そもそものスペックがなかなか当時のバイクとしては良い。

絶版CBシリーズ⑤:CBX400F

族車としてのイメージがどうしても強く、ヤンチャしている方から絶大な支持を受けているが40代、50代からすれば当時はタダ同然で練習用バイクとして扱われていたそう。現在では価格帯は300万円をこえる車両もあり、盗難被害が相次ぐほどの人気ぶり。当時の方たちの意見を聞いてみても、あの当時捨てるんじゃなかった、売るんじゃなかった、あげるんじゃなかった等の意見も。まあ、それだけ台数を確保していればこの時代にこの価格で販売されていることはないので、当時の方たちが適当な感じだったということが余計にCBX400Fの人気と価格に火をつけたのでしょう。

絶版CBシリーズ⑥:CBR400F

コールするならこのバイク、CBR400F。ヤンチャバイクというイメージが強い、CBX同様、ヤンチャバイクで暴走族たちが愛したコールバイク。音職人と呼ばれるコールの達人もこのCBR400Fに乗って、大会などでも優勝している。そのコール職人が乗っているCBR400Fが非常にかっこいいのでよかったらググってみて。

絶版CBシリーズ⑦:CBX550F

400ccモデルのCBXの排気量を大きくしたモデル、CBX550F。400cc絶版バイクで圧倒的な支持を受けるCBX、550のCBXであればCBX400Fよりも安価で購入できるため非常に人気となっている。安価で購入できるということから逆に近年では希少価値が上がってきているのでできるだけ早めに購入判断をしておいた方がいい一台だ。

絶版CBシリーズ⑧:CB750F

第二世代のCBシリーズであるCB750F。販売当時、ハイスペックモデルとしてライダーたちの度肝を抜いていたこのモデル、現代でもそのフィーリングの良さは最高だ。当時はサーキットを攻めるほどのバイクだった。面白さは変わらず、現代のライダーにも楽しませてくれるバイクだ。

絶版CBシリーズ⑨:CB900F

欧州をメインに販売をされていたCB900F、国内では上記で紹介したCB750Fとなっている。バイクとしてトップクラスの性能にかっこいいデザインスタイルは絶賛されたバイクとなっている。北米モデルならではのCB900Fをぜひ体感したいものだ。

絶版CBシリーズ⑩:CB750Four Kシリーズ

大型CBシリーズの中でも最も人気があるといってもいいくらいの人気があるCB750Four Kシリーズ。K1からK7までシリーズがあり、1970年から1977年まで販売されたロングセラーモデルだ。特に古い車両となるK1は非常に高額な取引額となっているが、K1だけはほかのシリーズとは違ったサウンディングを感じることができるとマニアは言う。

絶版CBシリーズ⑪:CB1100R

もはや国の宝、CB1100R。販売当時はまさにバイクブームを巻き起こした時代の中、新車価格が230万円という当時では手が出せないほどのプレミアムマシンだった。そのため希少価値は恐ろしいほど高い、ホンダ空冷マルチのトップであり最後の耐久マシン。このCB1100Rだけはもうプレイスレスですよ、欲しいという方は400万円以上は用意しておいた方がいいでしょう。

絶版CBシリーズ⑫:CBX1000

空冷6気筒の大迫力大型バイクCBX1000。国産量産車初の6気筒バイクはまさに伝説の一台。乗りにくさを感じつつも、これはとんでもない相棒に出会ったと購入後に気付く一台だ。空冷6発の魅力にどっぷりはまってみてはいかがかな。

まとめ

CBシリーズ、絶版モデル、現代にはない魅力的なバイクばかりでした。現代には現代のバイクの良さはありつつも、絶版バイクには絶版バイクにしかない強烈な魅力がすごく詰まっている。特に人気のCBシリーズ、購入は早い方がいいかもね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Fahrerの管理者

Fahrerの管理者「Bazz」です。バズと呼んでください!!
当ブログも始めてから約2年が経ち、スタート時点では自動車のみの記事を執筆してきました。
いつもご覧いただいている方々のお力もあり、月間10万PVを超えてくるようにもなりました。
そこで、Fahrerさらに飛躍できるように私のプライベートなブログに新カテゴリーとしてファッション、グルメ、ビジネスを追加しました。
自動車関係以外の記事もどんどん更新していくのでこれからもよろしくお願いします。

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー一覧

スポンサー企業