1. HOME
  2. カーリース
  3. カーリースのメリットとデメリットを詳しく紹介-失敗しないために知っておくこと
カーリース

カーリースのメリットとデメリットを詳しく紹介-失敗しないために知っておくこと

TVのCMでも最近よく聞くようになってきたカーリース。車の購入や買い替えなどを考えている方にはぜひ知ってほしいカーリースのメリット、デメリットをこの記事では詳しく、そして気になることを細かく紹介していきます。カーリースを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

とりあえず、カーリースってなに?

近年、音楽や映画に電子書籍と月々定額を支払うことで聴き放題、見放題になるサービスをご存じであろうと思います。そういうサービスのことをサブスクリプションと呼び、通称サブスクと呼ばれているシステムのことです。カーリースはそのサブスクリプションと考えていただければわかりやすく考えすいでしょう。

そのサブスクリプションがクルマ関係にも展開されている時代がきているということで、リースなんて会社さんを経営している方にしかという考えは捨て、個人向けにもカーリースは始まってきています。

しかも、カーリースは面倒な車検代や税金、などの億劫な維持費がコミコミの月定額となっているということで、急な出費を減らすことができるおすすめのサービスです。ここで早くもカーリース最大の魅力に触れてしまいましたが、もっともっとカーリースを深く知っておいて損はないですし、カーリースのメリット、デメリットについてや、カーリースが向いている方、向いていない方についても詳しく紹介、説明していきます。

最大の特徴は維持費が明確になる

カーリース最大にしてカーリースを利用する最大のメリットともいえる将来の維持費が明確になり、支払いの将来設計を組むことが楽になります。

カーリースの月額料には車検、税金、メンテナンス代なども含まれているので急な出費などにも不安がなくなるという点で、将来の維持費設計が非常に楽です。カーリースではなく自動車をローンで購入した場合ですと

「車検代いくらかかるんだろう」
「税金がまたくる。。」
「定期的なメンテナンス面倒だな」

という不安要素、経済的な不安も取り除くことができます。これがカーリース最大のメリットであり、カーリースを利用する最大のメリットです。

車の使用車名義は自分

車を一括で購入しない場合、すべての自動車は所有者使用者というふうに名義が分かれています。
カーリースの場合ですと、リース会社が所有者、利用者が使用者です。

所有者 使用者
カーリース リース会社 利用者
ローン ローン会社 利用者

意外と知らない豆知識というか、今まで気にしなかったかもしれない仕組み。自分が所有者ではなかったのか、カーリースはなんとなくわかるけど、ローンは自分だと思ってた方多いです。実は筆者もその一人(笑)
ローンは返済が完了するまではローン会社が所有者となり、もしローンを組んだ利用者が支払いをできなくなってしまった場合にローン会社が引き取れるようにしておけるようにしています。まぁ当たり前なのですが、ローンはお金借りているのといっしょですから。

カーリースもローンも支払いを当たり前のように滞ることなくしていけば何も問題を生じることなく、自動車を利用することができます。住宅でいうなれば賃貸住宅みたいなものだと考えればわかりやすいでしょう。

希望ナンバーも可能

カーリースだからといってナンバーを好きなナンバーにできない、レンタカーの「わナンバー」ではなく、マイカーと同じく普通のナンバーとなります。
なので、希望ナンバーにしたり、特別ナンバーにすることも可能です。

※特別ナンバーとは・・・ラグビーワールドカップナンバーやオリンピックナンバーのようなナンバー

改造はできない

カーリース最大のデメリットというか、車好きで改造をガンガンしたいという方にとって最大のカーリースの難点ではあるのが、カーリースは改造ができないということです。凝った改造をした場合には、返却時にはノーマルに戻す必要があるので余計な費用がかかってきます。
それでも、新車を購入するのと同じようにメーカーが取り扱っている、グレードやカラー、オプションなどは自由に選択できるので、改造などには興味がないよ、という方にはカーリースが向いています。

カーリースが安いのは残価設定もあり

カーリースが安いのは残価設定というシステムがあり、残価って?と思う方も多いでしょう。
残価はリースが満了した時にその車にどれくらいの価値があるのかという予想額を設定します。その残価が部分を支払わないので毎月のリース料に含まれず、毎月の利用料を抑えることができるということです。ということは、自動車代すべてを支払っているわけでないということからカーリースは安いという仕組みを作っています。

まぁ、簡単にパッとわかりやすく画像を見ていただければわかりやすいかと思います。

リース満了後は自分の車にすることも可能

リース満了後はその車をどうするか選択することができます。もちろんリースした車をそのままリース会社に返すのもありですが、まだまだこの車が乗りたい、気に入っているというのであれば残価を支払うことで車を自分のものにすることも可能です。

※契約形態により、最終的に自分の車にすることができない場合もあります。

ローンよりもカーリースが優れているところ

ここまで説明してきて、「いや、カーリースよりローンのほうがいいでしょ!」という方も大勢いると思います。
ではでは、ローンで車を購入するよりもカーリースのほうが優れているところをしっかりと確認、復習してみましょう。

まず、カーリースは将来に必ずかかってくる維持費や税金がコミコミで月額に含まれているということ、一見カーリース高いなーっとなるかもしれないですが、コミコミの月額料と考えてみれば急な出費などを気にせず車を利用することができるのでローンよりもカーリースが優れています。

下記からはもっとカーリースについて深く紹介してきますので、じっくりと読んでカーリースについて知っていきましょう。

カーリースのメリット

頭金がいらない

車を一度でも購入したことがある方なら、車を購入するときに感じるあの面倒な手続きやローンで購入するのであれば頭金なども用意しておかないと。。。という問題などがたくさんかかってきます。そういう面倒で億劫な問題がかかってこないというのは、カーリースを利用する大きなメリットであり、意外と出費が多くなりがちな購入時の費用をグッと抑えてくれるのは非常におすすめです。
頭金がいらない、初期費用の税金や手数料などもいらない、すべてコミコミの月額利用料に含まれているので車に乗るための初期費用がいらないのはカーリースを利用するメリットになります。

将来設計が楽、コミコミの月々定額

カーリースの月額利用料金を見ると、「いや、めっちゃ高くない?」っと感じる方ももちろんいらっしゃると思います。が!!、カーリースの月額利用料金の中には、将来必ずかかってくる税金やメンテナンス、2年毎の車検代なども含まれているのです。「契約車両により含まれていない車両もあります」、含まれていない車両については高級車というカテゴリーの車両がほとんどになります。
突然起きる大きい出費に悩まされることなく、将来設計が楽になり、主婦の方、ご年配で急な出費が不安な方、社会人一年目の方、などはカーリースで車を利用する方が非常に大きいメリットを感じられます。

定期的なメンテナンスをお知らせしてくれる

車を安全にそして安心して乗っていくためには必ずメンテナンスが必要になってきます。カーリースではついつい忘れがちなメンテナンスをお知らせしてくれる、きっちりとメンテナンスもしてくれるのです。車の専門知識がない方や定期的なメンテナンスを忘れがちな方にとっては、非常におすすめですしメリット、それに月額利用料金にメンテナンス代も含まれているので急な出費なく定期メンテナンスを行うことができます。
現代は昔の時代とは違い、車離れを感じる時代であり、車にかけるお金や時間をかけている方が非常に減ったと思います。これは筆者の個人的な意見ですが、カスタマイズカーや旧車などに乗っている方がひと昔前に比較するとかなり減少しているような気がする。
そういう時代だからこそ、こういうことはカーリースを利用するにあたり大きいメリットといえるでしょう。

月々の支払いを抑えることができる

この記事の上記で触れている残価設定というシステムにより、月々の支払をグッと抑えることができます。残価設定とは上記でも触れたとおり、その車が将来どれほどの価値があるのかというのを設定して、残価の部分は月額利用料金に含まれないので低コストで利用できるシステムです。
ということは人気車であればあるほどこの残価は高くなりますので、人気車のほうが安く乗れてしまうというのがカーリースの大きなメリットになります。

カーリースのデメリット

メリットがあるものには必ずデメリットも存在します。カーリースのデメリットとはなんでしょう。。。こんなにメリットがあってデメリットなんてあるのかよ、、、多少はあるので目を通しておいてくださいよ。

距離制限がある

カーリースでは、あらかじめその車で走行する距離の上限を設定されています。
上限の走行距離設定を短くした方がリース料が安く抑えられることができますが、チラシや広告などで見るリース料金は極端に走行距離を短くした設定の価格帯であることが多いので注意が必要です。
ご自身のこれくらいの利用で使用するなどを考慮したうえでしっかりと考えて上限を設定しておきましょう。上限を超えて使用して、リース満了時に余計な費用をかけるのはカーリースを利用するにあたりデメリットになってしまいますし、利用するにあたり距離ばかり考えて走るのも面倒な話ですので上限を少し多めに見積もっておいてもいいでしょう。

中途解約の場合にはまとまったお金が必要となる

カーリースを中途解約となる説として、事故に遭い車が全損になり修復不能となった場合が挙げられます。そのような場合、カーリースを中途解約せざるをえなくなりますので、解約にかかる手数料はかなりの金額になり、まだ支払っていないリース料に残価の部分の支払いもまとめて支払いを求められるのでかなりのデメリットです。

そういう最悪のケースを未然に防ぐために必ず任意保険に加入しておくことをおすすめします。これはローンで購入しようがカーリースで車を利用しようが関係なく加入するべきです。

カーリース満了時に購入するのであれば支払い額が現金払いやローンに比べて高くなる

カーリースの税金やメンテナンス費用などが月額に含まれてはいますが、金利がかかって支払っているという状態になります。そして、そのカーリースの金利の利率というのは一般的なローンよりも高いケースがほとんどです。

なので、最終的に購入しようと思っている方にとってはカーリースはおすすめできない車の利用方法となります。けっきょくのところ車は現金一括払いが一番最安の利用方法であり、カーリースはあくまでも初期費用の出費を抑えながら、すべてコミコミで無理のない支払いをしていきたいという方だけにメリットを感じられる車の利用方法です。

残価のリスク

カーリースの安さの理由は残価設定にあります。ここまでこの残価設定について幾度か説明してきましたが、この残価にもリスクは存在します。
人気車種については残価が非常に高い場合があり、契約時に月々の支払いを抑えたいがために残価を高く設定してしまいがちですが、これは一見かなりオトクなようにも思われますが、容易に考えては後で後悔してしまいます!!

契約満了後のリスクについてはそれぞれカーリース会社ごとに異なるので、安さだけに飛びつかず、しっかりと販売店とよく確認と理解を深めてからカーリース契約をするようにしましょう。

カーリースが向いているか向いていないかをチェックしよう

オトクなカーリースとは言ってももちろんのように、万人向けの最強の車利用方法ではないです。

ここまで紹介してきたことを踏まえて、カーリースに向いている方、向いていない方のチェックをしてみましょう。

・カーリースに向いている方!!

◇まとまった資金がない
◇月々の支払いを抑えたい
◇車に関して面倒はいや
◇車に関しての突発的な出費がいや
◇車のカスタマイズに興味がない

◇車を安全安心して乗りたい
◇車での走行が少ない

・カーリースに向いていない方

◆愛車を最後まで乗り続けたい
◆金利、手数料は安いほうが良い
◆まとまった現金がある
◆車に関する出費が気にならない
◆車を自分好みのカスタマイズしたい
◆メンテナンスなら自分でできる
◆車の走行が多い

“向いている”の項目にチェックが多かった方必見!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カーリースを利用する人は年々増加している

個人がカーリースをする時代がまさに今。
10年前であれば車は買うでしょ!!自分好みにカスタマイズするでしょ!!みたいな時代でしたが、この現代では若者の車離れや車のカスタマイズをしないという方が増えてきたこの時代。

カーリースを利用するという方が非常に増えており、年々増加傾向にあります。けっきょくのところカーリースを利用するにあたり、誰しもがオトクでおすすめできるという利用方法ではないものの、やはり手軽に車を利用できるというのはうれしい限りです。

税金やメンテナンス代、場合により車検費用までもが月々の定額に支払いが含まれてしまう、しかもメンテナンス時期にはお知らせしてくれる。車に興味がない、知識ゼロの方でも安全に車を利用することができるというのもカーリースを利用する場合には心強く車利用を見守ってくれる。

これからは富裕層を除けば、一括で車を購入するのなんてなかなか骨が折れます。メンテナンスも税金も煩わし!!

これらを踏まえたうえでカーリースを利用する方が増えていっているのでしょう。

カーリースするならおトクにマイカー 定額カルモくんがおすすめ!!

新車がおてごろ毎月定額、
11年リースは定額カルモくんだけ!!

当サイトではカーリースするにあたり、定額カルモくんをおすすめしています。

わかりやすく漫画を読んで理解を深めるというのも一つの手です。

文章やわかりにくい説明よりも漫画は非常に入ってきやすいですからね。
※ちなみに漫画はサイトの真ん中らへんにあります。

ということで、カーリースについて少しは理解が深まったでしょうか?
カーリースが向いているという方は、カーリースでよりよいカーライフを送ってみてはいかがでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Bazz

普通のサラリーマンしながら、
サイトを運営してますBazzです。
Bazzという名の由来は娘が
バズライトイヤーが好きだったという単純なもの
月間最高10万PVというそこそこの実績
最近の趣味は家族でお家BBQをすること食べること

Instagram、YouTubeもよろしくお願いします

お問い合わせはコチラから

g.company.5g@gmail.com

上記のメールアイコンをポチっとお願いします。

おすすめ記事

過去記事

提携会社一覧

画像などを提供していただいております。