1. HOME
  2. 役立ち情報
  3. 夏に赤ちゃんを車に乗車させる場合は熱中症対策が必須!!対策方法とおすすめの対策グッズ紹介
役立ち情報

夏に赤ちゃんを車に乗車させる場合は熱中症対策が必須!!対策方法とおすすめの対策グッズ紹介

夏に赤ちゃんを車に乗車させて移動するとき、どうしてますか?車内の温度はわかる通り大人でも我慢できないくらい暑い。ということは赤ちゃんはもっと暑くて辛い、そこで今回は夏に赤ちゃんを車に乗車させる場合の熱中症対策の方法と、おすすめの対策グッズを紹介していきます。危険な夏の車内から赤ちゃんを守りましょう!!

夏の車の温度はどれくらい?

夏の車の温度ってどれくらい上がるか知ってますか?
車の中は非常に温度が上がりやすいので、気温が35℃ともなると車内の温度は50℃を超えてくることもあり人体にとってはあまりに危険です。気温が25℃とかでも安心することはできないレベルで、車内の温度は太陽の日差しだけでも上がります。

それくらい夏以外にも春や秋なども要注意ということも知っておいたほうがいいでしょう。

50℃を超える

これはしっかりと覚えておいてくださいね。

夏の車で赤ちゃんが感じる暑さはどれくらい?

赤ちゃんは車の中だけでなく、体温調整が未発達なので大人と比べて感じる暑さは相当なもの。ということは夏の車の中、体温調整機能が発達してないということから、熱中症になりやすくなります。

夏の車は赤ちゃんにとって危険がたくさん

夏の車は赤ちゃんにとって危険と隣り合わせ、赤ちゃんが座るチャイルドシートなどもその危険の一つなのです。チャイルドシートは熱がこもりやすく、暑さが逃げにくいので背中で体温が上昇してしまいます。
それに、照り返す太陽の日差しも体温上昇をさせてしまう危険性ありです。

近年、赤ちゃんを車に放置したまま死亡させてしまうという最悪の事故が多数発生しています。これほど危険な夏の車内、いや夏に限らずという話にはなってきますが、危険を伴う放置を今一度深く考えてほしいです。

赤ちゃんの熱中症サイン

赤ちゃんがもし熱中症になってしまったら、これ熱中症?という症状を下記にまとめて紹介します。

熱中症になりそうな症状
・顔が赤くなる、そして熱が感じる
・飲み物を飲む量が多くなる
・おしっこがあまり出ない

熱中症になったサイン
・汗が出ない
・手足が冷たい
・発熱がある
・呼びかけに応じない(元気がない等)
・おしっこが出ない

赤ちゃんは体温調整ができない他に、自分で自分の体調管理もできないし、そのことを伝えることもできません。泣くくらいしか方法がないので、とくに夏の車ではいつもに増して気にしてあげることが大切です。
もし、熱中症かなっと思ったらすぐにでも涼しい場所で水分補給を行いましょう。吸収力の高い10℃ほどの赤ちゃん専用のイオン飲料を飲ませる、または水に塩を混ぜて飲ませてあげるのもいいです。

赤ちゃんですから、なかなかこちらの要求に対応してくれるわけでもないので、その時は無理やりにでも水分補給させてあげましょう。服を脱がせて首や脇を冷水などで冷やしてあげるとより効果的ですが、それで回復しない場合や症状がひどい場合は即刻、病院に連れていきましょう。

夏に赤ちゃんを車に乗車させる場合の熱中症対策

夏に赤ちゃんを車に乗車させる場合の熱中症対策を紹介していきます。

窓を開ける

この方法はすぐに車の車内温度が下がるわけではないので、すぐに出発するという方にはおすすめできませんが、お出かけの1時間前から車の窓を開けておくと少しは車内の温度が下がります。車内を暑いまま赤ちゃんを乗せてしまうより窓を開けておいてから乗せるのとでは体感を温度も全く違うのでおすすめです。

エアコンをつける

これがベストアンサーでしょう。夏の車から暑さを除くためにはエアコンは必須であり、赤ちゃんを車に乗せるには確実にエアコンをつけておいた方が安心できます。もちろん、出発前に窓を開けておいてから、エンジンをかけて少しエアコンで車内を冷やしてから出発というのが一番です。が、急用などで急いで出発しなくてはいけないときは赤ちゃんのことを考えてエアコンを強めにしてあげましょう。赤ちゃんに直接あたらないようにするのもポイントです。

日光を当たらないようにする

後部座席に座らせる赤ちゃんのために、窓から入ってくる直射日光を避ける、または当たらないようにしてあげるのも熱中症対策になります。後部座席にカーテンを取り付ける、サンシェードを付けておく、強めのスモークに貼りけるなど方法は3パターンです。一番簡単で無難なサンシェードが筆者的にはおすすめの方法になります。

夏の車の暑さから赤ちゃんを守るためにおすすめの対策グッズ紹介

夏の車の暑さから赤ちゃんを守るためにおすすめの対策グッズを5つピックアップしました!!

サンシェード

直射日光から赤ちゃんを守るために必須対策グッズ「サンシェード」、出発前に後部座席の窓に貼り付けてあげましょう。

車用扇風機

熱中症対策として、涼しくなるように扇風機を取り付けるのもおすすめです。決して涼しくはないですが、エアコンと併用すれば空気が循環して少しでも早く車内を冷やすこともできます。赤ちゃんにとってはすごく快適な風となってくれる扇風機は夏には必需と考えてもいいのではないのでしょうか?

保冷シート

チャイルドシート、背中側から熱さがこもる赤ちゃんにとって背中が冷えているというだけで熱中症対策になります。夏の車に乗車直後でも保冷すれば効果は絶大、車内が冷えるまでの間、保冷剤も入れてしっかりと暑さから赤ちゃんを守ってあげましょう。

パットアイス

夏の車に赤ちゃんを乗せるのであれば、脇下を冷やしながらもおすすめです。これは嫌がる赤ちゃんもいれば好きな赤ちゃんのいますので、筆者の家庭では長女は好きだったのですが、長男のほうはかなり嫌いでした(笑)
でも、熱い車内に乗せるのには効果テキメンです!!

熱さまシート

こちらも特に車と関係のない商品ですが、夏の暑い車の中では大活躍してくれる熱さまシート。熱中症になりかけやなった場合にはかなり役立つのでクーラーボックスに入れておくなどしておくと便利です。

愛する赤ちゃんを守るため、夏の車内には十分注意しましょう!!

夏の車、危険もありますけど、実際に車に乗ってお出かけすれば楽しいものです。愛する赤ちゃんのために夏の車の危険からしっかりと守ってあげましょう。決してすぐだからとか、コロナ禍でお買い物に連れていけないからとかで赤ちゃんを車において行くのは絶対にやめてください。面倒なことかもしれないですが、赤ちゃん、子供とは極力離れないようにしておいた方が安心ですからね。

Fahrerの管理者

Fahrerの管理者「Bazz」です。バズと呼んでください!!

自動車、バイク専門のサイトです。個人的な趣味になりますが、旧車(70~80年代)のものが大好き!!!訳アリで今は乗っていませんが、、、また購入できる機会を伺い中です(^^)/

お仕事の依頼などはコチラから↓

Instagram

Twitter

メール

TEL

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー一覧

スポンサー企業