GTOリバイバルで鬼塚英吉が乗るカワサキ・Z2について紹介

※当ブログではアフィリエイト、GoogleAdsenseによる広告を掲載しております。

4月1日放送のGTOリバイバル、26年ぶりに反町隆史さん演じる伝説の教師「鬼塚英吉」が帰ってくる。ということで今回この記事ではGTOリバイバルにて鬼塚英吉が乗るカワサキの名車「Z2」を紹介していきます。GTOリバイバルで登場したカワサキ・Z2、めちゃめちゃかっこいいです!!

目次

GTOリバイバルのあらすじ紹介

26年ぶりに一夜限りで復活するGTOリバイバル、今回も反町隆史演じる伝説の教師「鬼塚英吉」は令和ならではの問題に直面する。今回の赴任先は私立相徳学院高校、その高校にはフォロワーが200万人いる暴露系インフルエンサーの裁ノカ笑という人物が問題となっている。どんなネタも関係なく拡散して相徳学院の教師、生徒が何人も晒されている。
そして、優等生キャラの市川すずかは2人で暮らす仕事一筋の父親との関係がうまくいっていない。
さらには野球の推薦で入学後ケガで野球ができなくなった宇野晴翔は父親から日々ののしられている。

そんな悩みを抱えた令和の高校生を鬼塚英吉はどのような熱血授業をするのか楽しみですね。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

GTOリバイバルに登場するカワサキ・Z2

https://twitter.com/GTOrevival/status/1770072252383715518

GTOリバイバルに登場するカワサキの名車「Z2」、この反町隆史さんが跨るZ2は旧車バイク専門店で有名な「MISTY」さんが制作をしているということでやはり旧車好きが唸る極上バイクに仕上がっています。純正の仕上がりで火の玉ボディのZ2、集合管が最高のかっこいい!!これは筆者も乗りたい!!
鬼カッコいいMISTYさんのZⅠ/Ⅱ マルチレーシングスポーツキャストホイール ※間違えてたらすみません(笑)

ハンドル回りもちょい悪な感じが鬼塚英吉っぽいので大好きです。

カワサキ・Z2について紹介

カワサキ・Z2は日本国内のみで販売された、当時輸出用であったZ1と車両寸法はほぼ同じ。とてつもない人気があるZ2、現在の中古価格はふり幅があるものの500万円は最低価格、1000万円を超えてくる車両もあるようになってきています。Z2と呼ばれる車両は750RSの1973年と1974年モデルのみでそれ以降の年式はZ750FOURとモデルチェンジされたためオリジナルZ2は2年の販売期間を設けていたも車両だけです。

反町隆史さん演じる鬼塚英吉の初代バイクはZ1

26年前の鬼塚英吉はZ1に乗っていたのです。これはウエマツさんが提供した車両だそうで、白の火の玉カラーが特徴的でとんでもなくかっこいい仕上がりになっています。個人的にはこっちの火の玉が反町隆史さんが演じる鬼塚英吉にはぴったりな気がしますが、現在はスーパーイケオジ感があるので純正カラーがいいのかもです。当時からとんでもないオーラーがあります。

GTOリバイバル効果でさらに人気爆発なるかZ2

https://twitter.com/GTOrevival/status/1774415540079251896

今回の放送をきっかけにカワサキの名車Z2に「おっ」となる視聴者もいる可能性は大だと思います。GTOリバイバルがきっかけでバイクがかっこいい、旧車バイクが素晴らしいものだと伝えられるきっかけでもあるのはうれしい限りです。人気爆発でZ2の価格はさらにプレミアムなものにならないこと願うばかり(笑)
個人的には一番欲しいバイクですので(-_-;)(笑)
GTOリバイバルを楽しみながら、鬼塚英吉のZ2もお楽しみくださいませ。

各出典:https://www.ktv.jp/gto-revival/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次