1. HOME
  2. バイク
  3. 新型CBR650Rは扱いやすい排気量で走る楽しみを感じられるバイク
バイク

新型CBR650Rは扱いやすい排気量で走る楽しみを感じられるバイク

2019年3月15日よりホンダから新型CBR650R。648ccのエンジンでコンパクトな大きさでありながらも本格的な走りを体感できる本格スポーツバイクです。そんな新型CBR650Rについてスペックや主な特徴などを紹介していきます。

新型CBR650Rとはどんなバイク?

ホンダ公式サイト より出典

新型CBR650Rは2019年3月15日に販売が開始されるロードスポーツモデルのバイクです。コンパクトで扱いやすい大きさでありながら、本格的な走りができる仕上がりで本気で楽しめる本格派スポーツバイクとなっています。前モデルのCBR650Fのモデルをベースにエンジンは開発された水冷4ストロークDOHC直列4気筒648ccエンジンは、アクセルをひねるごとにスポーティな回転を感じられる鼓動はライダーの心をくすぐるエンジン性能です。前モデルから軽量化や高剛性化をさらに進化させており、加速力など運動性能もパワーアップしています。扱いやすいパワーユニットでありながら本格的なスポーツティな走りを感じさせてくれる新型CBR650Rの発売は2019年3月15日です。

新型CBR650Rのスペック

ホンダ公式サイト より出典

新型CBR650Rのスペックを下記の表にて紹介していきます。

ホンダ・CBR650R
型式 2BL-RH03
全長×全幅×全高  2,130mm×750mm×1,150mm
ホイールベース 1,450mm
最低地上高  130mm
シート高  810mm
車両重量  207kg
最小回転半径 3.0m
エンジン型式・種類 RH03E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
総排気量  648cm3
内径×行程  67.0mm×46.0mm
圧縮比  11.6
最高出力 70 kw[95ps]/12,000rpm
最大トルク 64N・m[6.5kgf・m]/8,500rpm
燃料タンク容量 15L
燃料消費率 国土交通省届出値/定地燃費値:31.5km/L(2名乗車時)

WMTCモード値:21.3km/L(1名乗車時)

新型CBR650Rの特徴

ホンダ公式サイト より出典

新型CBR650Rの最大の特徴としては、軽量化されたフルカウルをまといこれがCBRだ!!というインパクトあるデザイン性があることです。LEDデュアルヘッドライト採用で夜間走行でもドライビングしやすい明るさを保ってくれるライトの明るさになります。コンパクトなボディで扱いやすく運転がしやすい設計になっており、初心者ライダーにもおすすめのスポーツバイクです。

新型CBR650Rの価格

ホンダ公式サイト より出典

新型CBR650Rの価格は103万6800円~106万9200円となっています。価格の差はボディカラーにより異なっており、マットバリスティックブラックメタリックのカラーリングが103万6800円、グランプリレッドが106万9200円です。

新型CBR650Rは本格スポーツバイクでありながら扱いやすい

ホンダ公式サイト より出典

新型CBR650Rについてまとめていくと、コンパクトボディな見た目とは裏腹に本格的なスポーツバイクとしての魅力がある仕上がりになっています。軽量化されたフルカウルボディスタイルで加速性にも優れ、ライダーが運転しやすいようにハンドルやステップの位置という細部まで考えられているスポーツバイクです。前モデルよりもパワーアップしての登場ということで2019年3月15日の販売開始が今から待ち遠しい限り。これからもこのサイトでは新型CBR650Rについて紹介していきますので、販売後の情報にさらに期待です。

マイメロ



おすすめ記事