1. HOME
  2. バイク
  3. 【絶版車】カワサキZ2の魅力に迫る!!現在でも人気が沸騰中の名車
バイク

【絶版車】カワサキZ2の魅力に迫る!!現在でも人気が沸騰中の名車

販売当時から人気の高い750RS通称”Z2″。絶版車の中でも圧倒的な人気を誇り、現在でもその人気は絶えずバイクを知らない方でも聞いたことはあるであろう知名度で人気ぶりがうかがえます。そこでこの記事ではZ2の魅力について迫り、スペックや中古価格なども紹介です。

カワサキZ2とはどんなバイクなのか

カワサキから1972年に欧米向けに販売された排気量900ccのZ900通称”Z1″が絶大な人気を誇っていたが、日本国内では当時自主規制により750ccを超えるオートバイの販売ができなかったため日本国内用にエンジンをボアダウンされ制作されたのが750RS通称”Z2″です。1973年に初代Z2が販売され1975年まで750RS-Z2として販売され、1976年から1978年までZ750fourとして販売され型式のZ2は1977年のモデルまでで1978年の型式からKZ750Dとなっています。初期モデルのZ2になるとものすごい高額な価格で取引されており、製造番号が若ければ若いほどプレミアム価格が付いて高額です。カワサキの中でも名車中の名車!!男カワサキらしいバイクで、スタイリッシュなボディラインにバイク好きなら惚れること間違いなしというほどになります。

カワサキZ2の歴史

カワサキZ2の歴史を年式別にどう変わってきたか簡単に紹介していきます。

カワサキ750RS”Z2″【1973年モデル】型式Z2

初期型のZ2でカラーリングはキャンディートーンブランの1色のみの販売でした。この初期型Z2がカワサキZ2ファンからすれば本物のZ2で初期型でなければZ2でない!!という方もいるほどです。プレミアムな価格ですが、Z2に絶対に乗りたいという方にはたまらないのは初期型になります。

カワサキ750RS”Z2″【1974年モデル】型式Z2A

https://instagram.com/p/BiYC_dpntAi/

キャンディートーンイエローにカラーリングが変更され、初期モデルの不具合であったヘッドガスケットのオイル漏れを防止しタコメーター内にテール、ストップランプの球切れ警告灯を装備しています。

カワサキ750RS”Z2″【1975年モデル】型式Z2A後期

今回のモデルチェンジで今までカラーバリエーションが1色だったものの、1975年モデルのZ2からは2色展開になりキャンディートーンスーパーレッド、キャンディートーンスカイブルーの2色がラインナップされています。Dチェーンからシールチェーンに変更され輸出用のZ2も用意され輸出用はZ2Bという型式で海外に向けて販売されていました。

カワサキZ750four”Z2″【1976年式】型式Z750-A4

1976年モデルから750RSというネーミングからZ750fourというネーミングに変更され、カラーリング変更がダイヤブラウンとダイアダークグリーンの2色展開で販売されました。モデルチェンジに伴い多くの変更が施され、出力アップ(69psが70ps)に、前輪ダブルディスク化、バッテリー搭載の位置変更、キャブレター変更、当時の規制によりスピードリミッター装備、テールライト大型化、ハザードランプの搭載、最高180kmメーターに変更、サイドカバーの形状変更と多くの変更点が見られます。

カワサキZ750four”Z2″【1977年式】型式Z750-A5

https://instagram.com/p/BZOSPWnhha4/

実質最後のZ2と呼ばれるモデルで、Z2最終モデルであります。カラーリングはダイヤモンドワインレッド、ダイヤモンドスカイブルーの2色展開で、細かい変更点は無しです。

カワサキZ750-D1【1978年モデル】型式KZ750D

実質型式はZ2ではないものの、Z2と引けを取らないほどの人気ぶりを見せてくれたKZ750-D1。Z2仕様で販売されているものもありますので、Z2と思い込んで購入しないように注意が必要です。Z2ではないもののZ750-D1はとてもいいバイクになります。

カワサキZ2のスペック

メーカー カワサキ
エンジンタイプ 空冷4ストDOHC2バルブ並列4気筒
最高出力 69ps(51,0kw)/9000rpm
最大トルク 5,9kg・m(57,9N・m)/7500rpm
排気量 746cc
車体重量 230kg
燃料供給方式 キャブレター
エンジン始動方式 セルフ キック併用
フレーム形式 ダブルクレードル
ブレーキ形式 前:後 前:油圧式ディスク-後:機械式リーディングトレーリング

カワサキZ2の購入価格

中古車価格は平均で105万~490万円ほどの価格で取引されています。平均の差が開いている理由として、レストアしているのかしていないのか、フルレストアなのかセミレストアなのかが問題になってきます。年式古いほど高額になってきますし、製造番号によって金額も変わるので製造番号を気にしない方であればZ2A後期などを購入することがおすすめです。しかし、レストアの問題はきちんとしている車両を選んでいる方が安心して乗ることができます。年代物の古い車両ですので、整備が行き届いているものをしっかり確認しておきましょう。

中古車価格 105万~490万円
中古車平均価格 290万円

カワサキZ2の購入時に注意すること

カワサキZ2を購入するときに特に注意しておきたいポイントが、やはりレストア状況になります。レストア状況により今後の修理費等に関わってきますし、万が一故障した場合カワサキZ2のパーツは非常に高くなっているのでその点でも注意が必要です。その他しっかりと信頼できるバイクショップを選択することが絶対的に安心して購入することおすすめします。Zシリーズの専門知識が深いバイクショップか旧車専門みたいなところが一番お任せしやすいバイクショップです。バイクショップのオーナーと信頼関係を築くことも旧車乗りにとって必要不可欠になってきます。

カワサキZ2動画集

 

 

 

 

カワサキZ2に感じる魅力とは?

Wikipediaより出典

カワサキZ2の魅力に憑りつかれたバイク乗りは非常に多いはずです。旧車の中でも非常に人気の高い名車中の名車であり、エンジンの鼓動、独特の排気音、昭和の匂いもありながら現代にもしっかりと合うスタイリッシュなデザイン。非常にセンスが光る最高のバイクです。

カワサキZ2の人気は落ちることを知らない名車

flickrより出典

販売当時から人気が絶大でバイクをあまり知らない方でも知っているほどの名車カワサキ750RS通称”Z2″。これから先も語り継がれていく名車であること間違いなしですし、価格が下がることはなかなかないと言えます。逆にこれから先さらに古くなっていくとさらに価格が高騰しドンドン手に入れにくいバイクになっていく可能性が非常に高くなります。カワサキZ2がどうしても乗りたい、所有したいという方は絶対に購入してほしいです。カワサキの名車Z2に乗ってバイクという男の鼓動を感じさせてもらいましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。



おすすめ記事