1. HOME
  2. バイク
  3. Z650通称”ザッパー”カワサキの隠れた名車紹介-インプレやカスタム紹介
バイク

Z650通称”ザッパー”カワサキの隠れた名車紹介-インプレやカスタム紹介

カワサキの代表的なバイクといえば、Z1、Z2が有名ですが、隠れた名車Z650の存在を知らない方は多いです。Z650の通称がザッパー、これは風を切って走る音zapからきています。そんなZ650通称ザッパーのスペック、インプレ、カスタムなどを紹介です。

Z650(ザッパー)とは

Wikipediaより出典

Z650(ザッパー)は1976年に販売され、Z1/Z2のワンランク下のクラスですが走行性能は優れており750cc以上の走りがあります。そのことから750キラーという異名まで付いてしまうほどです。カワサキの代表車種として旧車界では抜群の人気を誇るZ1、Z2が頂点ですが、Z650(ザッパー)のような隠れた名車があります。そんなZ650(ザッパー)の魅力やスペック、価格などここから紹介です。

Z650(ザッパー)のスペック

Flickrより出典

全長×全幅×全高 2170mm x 850mm x 1145mm
ホイールベース 1420mm
車重 211kg
フレーム 鋼管ダブルクレードル
エンジン 空冷4ストロークDOHC2バルブ並列4気筒
排気量 652cc
最高出力 64ps(47.0kW)/8500rpm
最大トルク 5.8kg・m(56.9N・m)/7000rpm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式 エレクトリック/キック併用
潤滑方式 ウェットサンプ
駆動方式 チェーン
変速機 5速リターン
サスペンション前・後 前:テレスコピック式

後:スイングアーム式

ブレーキ前・後 前:シングルディスク

後:ドラム

タイヤサイズ前・後 前:3.25-19

後:4.00-18

燃料タンク容量 16.8L

Z650(ザッパー)の中古価格

Flickrより出典

Z650(ザッパー)の中古価格は旧車になるため車両台数が少なくなっていますので、購入価格は高くなっています。Z650(ザッパー)の購入価格に幅はあるものの50万円~250万円ほどです。旧車ですので価格の上がり下がりはありますが、購入は比較的しやすい旧車バイクになります。レストア状況やカスタムの内容によっても価格は変動してきますので、購入時にどれほどの状態の車両を望むかにより購入価格は変わります。

Z650(ザッパー)の中古価格 50~250万円

Z650(ザッパー)のレストア価格

Flickrより出典

旧車という古い車両のため、レストアをされていない車両はレストア必須です。なのでZ650(ザッパー)を購入する車両の程度によりますが、レストア価格はどこまでレストアをするかによります。例えばフレームの錆を落としたり塗装したりするのであれば約7万円ほどかかり、エンジンをOHしたりするのであれば10万円以上かかったりと、フルレストアするのであればどれくらいかかるのかというと100万円以上かかったりする場合もあります。もちろん車両の状態によりますが、レストアも徐々にしていくというのも旧車を楽しむということではおすすめです。乗れる状態でそれ以上レストアをしないというのもありになります。

Z650(ザッパー)のインプレ

Flickrより出典

Z650(ザッパー)はどんなバイクなのか、魅力をもっと知ってもらうために実際に乗られている方のインプレを紹介します。

ザッパーのメーカー公称の最高速は197kmとなっていましたが アメリカでテストした車両の何台かは実測で200kmをオーバーしたそうです。
(古い記憶ですのでちょっと頼りないのですが)

ちなみにZ2、Z750F系で一番最高速が出たのは、Z750FA4で200kmをオーバーしました。
(モーターサイクリスト誌の実測テストです、でもA4以外でZ2系で200kmをオーバーした車両はなかったように思います。)

A4は私が初めて200kmを経験した車両です。メーター読みで210km出ていましたので、200kmは出ていたと思います。

Z1は確かに速かったですがZ2はザッパーには及びませんでした。
(ザッパー乗りは、もっと自慢していいですよ!)

もっと驚きだったのは燃費です。
弟のザッパーはぶん回さなければ 28km~30kmも伸びました。一番良かった燃費は何と!! リッター38kmも伸びました。(高速で80kmで流したときだそうです。)B1です。

4発でこの燃費は考えられないですよね、でも事実です。
よっぽど燃焼効率の良いバランスのいいエンジンだったのが良くわかります。

でも750にボアアップしたことでバランスは崩れたようです。
私のFX?はリッター20kmぐらいしかいきませんでした。

やはり650がベストバランスだったのでしょうね。

出典元:mixi より出典

Z2、Z750Fにも乗りましたが、ノーマル同士なら、加速はもちろん最高速もZ650のほうが速かったです。
おまけに燃費はZ2の倍近くも伸びました。

軽い、速い、燃費が良い、KAWAの空冷4発のなかでは、1番の名機だと今でも思っています。

出典元:mixi より出典

Z650(ザッパー)のおすすめカスタム

Flickrより出典

Z650(ザッパー)のカスタム方法は様々あります。カフェレーサー仕様や族車仕様、ノーマル車のままというのもいいですが比較的フルノーマル車という車両は基本的にカスタム車よりも高いです。旧車なのでとても古い車両になりますので、ノーマルパーツは基本的にない場合がほとんどですので当時物のパーツは高くなります。カスタム方法として、カフェレーサー仕様であれば別注で注文するか自分で制作しなくてはならないのでこちらもかなりの高額なカスタムになります。それでもカフェレーサーカスタムのZ650(ザッパー)でしている方は非常に少ないので注目されること間違いなしです。族車カスタムはショート管にアップハンといったこれこれといったカスタムになります。カスタムは無限大ですので、自分なりのカスタムを楽しみましょう。

Z650(ザッパー)のかっこいい画像一挙まとめ

Z650(ザッパー)は魅力ある旧車

Flickrより出典

カワサキの旧車の中でも隠れた名車であるZ650(ザッパー)。750キラーとも呼ばれているほど身軽で、そして乗りやすく加速性が抜群です。750ccの走り出しよりもクイックな走りが特徴的なので現代のバイクにも劣らない走行性能をもっています。カスタムも様々ですし、旧車の中でも購入価格が割安なので購入しやすい旧車です。この記事を読んでZ650(ザッパー)の魅力を知って興味が湧いてもらえればと思います。

Ucar査定

おすすめ記事