1. HOME
  2. 役立ち情報
  3. アルファードはカーリースするのがおすすめ!!購入との比較
役立ち情報

アルファードはカーリースするのがおすすめ!!購入との比較

マイカーを購入時に気になるのが購入費やその後の維持費問題です。では、人気の高級ミニバン”アルファード”をカーリースならどうでしょう?購入という決断をする前に、アルファードをカーリースする場合と購入する場合の比較を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

カーリースとは?

カーリースとは簡単にいえば車のサブスクリプションサービス、通称”サブスク”と呼ばれているサービスのことです。じゃあサブスクって何というと、商品、サービスを購入するのではなく利用するときにだけ料金を支払い使うというサービスのことになります。支払は月額定額制で使い放題です。

カーリースは、契約者の選んだ車をカーリース会社が購入、契約者は月額定額料金をカーリース会社に支払いその車を利用するというのがカーリースという仕組みになります。カーリースは好きな車を自分で選ぶことができる上に自分のものに独占所有できる、マイカーのように利用できるのでほぼ購入と同じようなものです。

そして、カーリース最大の特徴が料金のしくみ。購入よりも安価に抑えられているのには理由があります。それは残価設定というシステムです。残価設定とは、購入した車を何年後かに下取りに出した場合にどれくらいの価値があるのかを想定したうえで、その下取り価格を購入した車から引いた車両価格を契約者が契約年数分に割って支払うというシステムとなっています。だから購入よりもカーリースの方が安いのです。

もっとカーリースについて詳しく知りたい方はコチラ↓↓↓

アルファードについて紹介

アルファード 30系

日本を代表する高級ミニバン、トヨタ アルファード。初代2002年にアルファードとして誕生してから、高級ミニバンというカテゴリーの頂点に位置しているといっても過言でない高級ミニバンです。現行車の3代目モデルのアルファードは2015年から販売されており、未だ人気を落とすことなく新たなユーザーを多く獲得している超がつく人気車となっています。

2020年1月にはマイナーチェンジされ、一部改良されまだまだ息が長く続きそうである。下級グレードでも十分な設備が整っており、最高級グレードのExecutive Loungeでは最高の乗り心地を実現しており、高級サルーン、まさに高級車の証といわんばかりの存在感あるミニバンとなっています。

アルファードのスペック

全長×全幅×全高 4,945mm×1,850mm×1,935mm
ホイールベース 3,000mm
車両重量 1,920kg
エンジン ガソリンモデル2,5L・・・直4 2.5L DOHC
ガソリンモデル3,5L・・・V6 3.5L DOHC
ハイブリッド・・・直4 DOHC+モーター
最高出力 2.5L・・・134kw[182ps]/6000rpm
3.5L・・・221kw[301ps]/6600rpm
ハイブリッド・・・267kw[363ps]/5700rpm
最大トルク 2.5L・・・235N・m[24.0kgm]/4100rpm
3.5L・・・361N・m[36.8kgm]/4600~4700rpm
ハイブリッド・・・615N・m[62.7kgm]/4400~4800rpm
トランスミッション 2.5L・・・CVT
3.5L・・・8AT
ハイブリッド・・・電気式無段変速機
駆動方式 2.5L・・・FF
3.5L・・・フルタイム4WD
ハイブリッド・・・E-Four(電気式4WD)
乗車定員 7~8名
JC08モード燃費 2.5L・・・11.6~12.8km/L
3.5L・・・10.4~10.8km/L
ハイブリッド・・・18.4~19.4km/L
燃料 レギュラーガソリン
無縁プレミアムガソリン

アルファードを購入した場合

アルファードを購入した場合の支払いなどはどうなるのか見ていきましょう。
オプションなどはほとんどつけないという設定で、グレードはS 8人乗り。車両本体は386万円、ここから購入となると税金などいろいろとかかってきます。

・自動車税・・・3,600円
・環境性能割・・・63,200円
・自動車重量税・・・49,200円
・自賠責保険料・・・36,780円

・諸費用・・・66,939円
・リサイクル料金・・・14.900円

とまぁこんな感じの税金や諸費用などがかかってきます。車両本体価格の3,864,000万円に合算すると、4,098,619万円となります。
高級ミニバンでもグレードを抑えて、オプションを抑えることで意外と乗れちゃう価格帯です。

頭金なし、5年ローンを組んだとしましょう。そうすれば、毎月7万円ほどで新車でアルファードが乗れます。けっこう高いですね。
頭金があればもっと楽でしょうが、もし頭金を用意できないとなると正直しんだいくらいの支払いになります。その他にもメンテナンスや車検などが重なると大変なことですしね。

ではでは、同じグレードでカーリースした場合どれくらいの支払いなのか見ていきましょう。

アルファードをカーリースした場合

購入となると上記のような結果ですが、カーリースとなるとどれくらいの支払いになるのか。同じグレードで、カーリース会社はマイカー賃貸カルモさんのプランで紹介します。
マイカー賃貸カルモだと、毎月の支払いが月々47,960円、条件が11年契約です。契約年数を短くすると月々の支払いが億劫になるかもしれないですが、これくらいの価格帯でアルファード、となるといいのでは?という方もたくさんいると思います。が、問題は契約年数ですよね、そこは安さをとるか、毎月支払いができる程度で考えていくしかなさそうです。

マイカー賃貸カルモだと・・・月々47,960円

アルファードはカーリースと購入どちらがおすすめ?

アルファード 30系 2019

結論、アルファードはカーリース、購入どちらがおすすめなのか。
毎月の支払いが余裕だよって方は購入がおすすめ!!
毎月の支払いがきつい!!でも、アルファードは絶対に乗りたい!!!って方はカーリースがおすすめ!!
という結論になります。

契約年数を考えるとさすがに長いと思うかもしれないですが、ミニバンはけっこうな期間乗られる方が多くいらっしゃるので、多分ですがこれくらいの期間は乗るでしょう。なので、カーリースおすすめです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Fahrerの管理者

Fahrerの管理者「Bazz」です。バズと呼んでください!!
当ブログも始めてから約2年が経ち、スタート時点では自動車のみの記事を執筆してきました。
いつもご覧いただいている方々のお力もあり、月間10万PVを超えてくるようにもなりました。
そこで、Fahrerさらに飛躍できるように私のプライベートなブログに新カテゴリーとしてファッション、グルメ、ビジネスを追加しました。
自動車関係以外の記事もどんどん更新していくのでこれからもよろしくお願いします。

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー一覧

スポンサー企業