1. HOME
  2. 役立ち情報
  3. カーリースとは?しくみやメリット&デメリットについて紹介
役立ち情報

カーリースとは?しくみやメリット&デメリットについて紹介

車を利用したい!!けど購入するにもその後の車検やメンテナンス、税金などの維持費が気になるんだよ。という方にカーリースという新しい車の活用方法なんていかがでしょう。そんなカーリースについてのしくみやメリットとデメリットなどについて紹介していきます。

カーリースとは?

カーリースとは、所有するのではなく借りるという形で車を乗るということ。契約者が選んだ車をカーリース会社が購入したのちに、契約者は月々決められた月額料金を支払って車を利用するというシステムになります。あくまでも所有者はカーリース会社、使用者が契約者とという形です。

カーリースのしくみについて

カーリースの主なしくみについて紹介したいのですが、あくまでも参考程度にしてもらい、各カーリース会社ことによってさまざまなプランが用意されています。まぁとりあえず基本的なところはどこのカーリース会社も同じなので根本的なしくみを紹介です。

カーリースはサブスクリプションサービス

最近はやってるサブスクというサービス体制。TVなどでもサブスク解禁などよく目にするかと思いますが、その車バージョンと思ってもらえると考え方は非常に簡単になります。
サブスクリプションサービス(サブスク)・・・商品やサービスを購入するのではなく、定額料金を支払うことで使い放題になるサービスのことです。

カーリースというサブスクは契約者は借りた車だとしても、車は自分のもののように独占して所有しておくことが可能ですし、好きなときに使用できる、しかも自分の好きな車を選んで借りることができるというしくみになっています。

カーリースの料金のしくみ

カーリースの料金のしくみは正直、マイカーローンを組むより非常に楽に支払いができてお得に車を乗ることができます。

カーリースの特徴として残価設定というしくみをもうけており、購入した車を数年後に下取りを出した場合の予想価値を出した下取り価格のことになります。
この残価設定とい制度を設けているためカーリースでは車両価格から残価を差し引いた車両価格で契約月数を割り月々のリース料金を算出しています。返却する前提で車両価格から差し引きますが、契約満期になっても絶対に車両を返却しなくてはならないのか?というとそうではなく、残りの残高を支払えば自分の車にすることも可能です。

実際の車両価格を300万円して、契約満了時の残価が50万円だったとする。
カーリースの月額料金は300-50=250万円の車両額を契約月数で割って算出されることになります。

なので、購入するよりもお手頃料金で新車やお気に入りの車に乗ることが可能です。
※契約年数やカーリース会社によっては残価設定がないこともあるので注意しておきましょう。

しかもですよ!!カーリースでは下記の表の中の支払いが不要!!

・自動車取得税
・自賠責保険料
・自動車重量税
・その他手数料など

購入時にまとめて支払わなくてならない支払いが不要、リース料金に含まれているという車ならではの面倒な支払いを逃れることができます。

それにずっと定額なのでお財布管理が非常に楽、維持費コストもぐっと下がるので安定した生活を送ることもできおすすめです。

レンタカーとの違い

カーリースはまだまだ世間には浸透しておらず、カーリースはレンタカー??なんて混同されている方も少なくないです。
レンタカーやカーシェアというサービスとは大きく違い、カーリースはもはや借りているというよりは購入という形に近い借り方に近い車の使用方法になっています。

カーリースを利用しているユーザーのクチコミ

カーリース、実際詐欺じゃね?とか結局高いしあとあと何かあんだろ?みたいなことを最初は思う方も多いと思います。なので、実際にカーリースを利用しているユーザーのクチコミをいくつか紹介していきますので参考にしてみてください。

文句なし!

月額が特に安かったのでこちらでカーリースすることを決めました。ちなみに、月額には車両本体価格以外にも、仲介手数料や新車登録手数料なども含まれているのが嬉しい点ですね。それから、しばらくカーリースしていたんですけど、あるとき車に少し傷をつけてしまったんですよ。最初は「月々の支払いが高くなるのでは?」と焦ったのですが、なんと月額は変わらずのままで安心しました。今のところ何も不満点はないので、ドライブを楽しんでいきたいと思います!

出典元:みん評

 

税金がかからないのがいい

何社か会社は見たのですが、その中でカルモに決めた理由は、憧れのプリウスに乗れることです( ◠‿◠ )
登録してプリウスを1年間借りてみて、やっぱり維持費となる税金がかからないのが良いです。リース費用はそこそこかかるのですが、税金がかからないことを考えると、相対的にはお得でした。我が家にはマイカーリースが合っているように思います。

出典元:みん評

 

安くてサポートも充実

車の買い替え時期に来ていたのですが、新たに大きな車を購入する気にもなれず、さりとてカーシェアも気が進まなかったのでカーリースを検討していました。カルモに決めたのは、値段が安かったからで、実際に月々の料金は安かったのでその点では満足しています。契約も、スマートフォンだけで簡単に済ませることができ、しつこい勧誘もありませんでした。サポート体制も、相手の顔が見えて安心できるもので、その点も満足しています。
ただ、車をリースする前に、どのような車かわからないこともあり試乗してみたかったのですが、それはできず、納車されるまでは不安が付きまとっていたので、その点は少し残念です。あと、走行距離の制限があり、少しびくびくしながら運転している節があります。

出典元:みん評

 

3年間の単身赴任中に便利でした

割高感は確かにあります。5、6年以上乗るのであれば、新車を購入した方がいいかも。ただ私の場合、車が必要なのは単身赴任の3年間だけで、使い道も出勤用や日常的な買い物用がメインだったので、こちらのサービスにしました。わざわざ車を購入して、3年後に売らなければいけないという状況は面倒くさいと思ったわけです。カーシェアも考えたのですが、「他人が運転した車」というのに抵抗がありました。スケジュールを調整する必要もあるし。そういう意味ではほぼ「自分の車」ですので、好きにできます。名前にもある通り、「賃貸」みたいなものと思えば間違いないです。

出典元:みん評

 

手軽に申し込めます

申し込みから納車までオンライン完結というところに魅力を感じ利用することに決めました。審査申し込みにかかった時間はわずか5分ほどで、審査結果の連絡も思っていたより早くて助かりました。利用できるメーカー・車種が充実していて、自分の好みのタイプの車も探しやすかったです。審査が厳しいという口コミもあったので少し不安でしたが、その印象は全くなかったです。分からないことがあったので一度問い合わせフォームで相談しましたが、返答が早くてサポート面でも安心できました。知名度はまだ低いと思いますが、安心して利用できて良かったです!

出典元:みん評

カーリースのメリット

カーリースを利用する大きなメリットとして挙げられるのが
頭金なし
支払いが定額
月額料金も手軽
という3大メリットともいえるのではないでしょうか。カーリースを利用するのは確実に支払いが億劫だったり、カスタムに興味なし!!乗れたらオッケー、子どもの送り迎えが必要な期間だけ必要、その他の車がどうしても必要という場合に大活躍してくれることは間違いなしです。しかも新車ですからね。

そして、手間がかからないというのもメリットの一つでしょう。
ネットで簡単に申し込むことができて、自宅でのんびり好きな車両を選べる、いちいちカーショップに足を運ぶ手間を省けるのも時間がないかたにおすすめです。

メンテナンス、車検などの面倒な手間も少ない、月額プランにまとめられているものに加入しておけば車検、メンテナンスの時に備えてお金を用意しておかなくては!!という心配が少なくてすむ!!
それに契約満了時に契約していた車が必要なかったり、違う車に乗り換えたいなってなっても、車の処分などはすべてカーリース会社に丸投げできるのもありがたいです。

けっこうメリット多いですよ。カーリース、メリット多い。ではデメリットってなんだろう。そらね、いいこともあれば悪いところもある、デメリットも紹介です。

カーリースのデメリット

メリットばかり目がいってしまいますが、その逆、デメリットももちろん存在しています。

では、どんなデメリットがあるのか、詳しく紹介していきます。

月間走行距離が決まっている

カーリースは主に月間走行距離を決められてしまいます。その設定した距離を超過した場合、契約満了時にオーバーした分の費用を支払うというケースがほとんどです。マイカー賃貸カルモというカーリースという会社は基本的に月間走行距離上限を1500kmと設定しています。

1500kmって少ない?いやね、そうじゃないんです。日本人の平均月間走行距離は約370kmといわれています。多く見積もっても月に1500km以上も走行するという方であればカーリースはおすすめしないですが、なかなか1500kmって走れない距離ですからね。東京から日本の最北端”宗谷岬”というところまで行けます。というか車で行くには骨が折れます。時間にすれば20時間くらいです。それくらい月間に走りまーすという方はマイカー購入して楽しんじゃいましょう。

契約途中での解約はできない

もちろん契約した以上、途中での契約は契約違反となり違約金というものを支払わなければなりません。しかも、これけっこう高額な違約金を支払わされるので途中で解約する可能性がある方はカーリースという形で車に乗ることはやめておきましょう。

大事故で車が修復不可能、廃車状態などのケースではやむを得ないでしょうが、途中契約に気を付けておきましょう。

ドレスアップなどのカスタマイズは基本NG

ドレスアップ、カスタマイズは基本的にNGとなっています。契約終了後にはカーリース会社に返却しなくてはならないということを考えれば当然ですが、もしちょっとでもカスタムしたいのであればホイールを変えてみたりだとか、修復できる程度のカスタムなら大丈夫でしょう。エアロをつけたり、カラーを変えたりなどは原則できないということになっています。

カーリースはこんな方におすすめ

メリット、デメリットについて、そしてカーリースというしくみについて紹介してきたところで、カーリースはどのような方が向いてるんだ!!ということで筆者が勝手に判断したこんな方におすすめを紹介です。

・初期費用という負担を減らしたい、安く車を利用したい

・購入時の面倒な手続きとかをなくしたい

・遠出が少ない、近場で利用することが多い

・車の買い替えをたくさんしてみたい

・カスタム興味なし

・車に関わる維持費をグッと抑えて、月々の支払いを抑えたい

この項目にひとつでも当てはまるのであれば確実にカーリースで車を利用することがおすすめです。

カーリースについてよくある質問

カーリースを利用するにあたり、実際によくある質問を紹介していきます。

カーリースに車検は必要!?

車なので、新車であれば3年後、新古車や中古車であれば2年後と普通に車検はあります。もちろんカーリース会社によっては車検代も月額料金に含んでいるという会社もありますが、ほとんどのカーリース会社が車検費用は実費という形にしている会社が多いです。

消耗品の交換なども自分でしなくてはならないので、オイル交換やタイヤ交換などは実費で行う必要があります。

カーリースの契約期間はどのくらい!?

マイカー賃貸カルモの契約期間になりますが、最短1年、最長11年と選択肢の幅が広いです。その他のカーリース会社も契約期間3年、5年、1年単位でという形でさまざまですので、自分のライフスタイルにあった支払い期間を選ぶといいでしょう。

カーリースは審査不要!?

カーリースだからといって審査がないというわけではなく、クレジットカードを作るときや住宅ローン、マイカーローンといった時と同じように審査はあります。年収や資産、債務履歴などの一般的なローンと同じようなところを見られる審査があるのです。

カーリースは新車だけ!?

カーリースは新車だけでなく中古車も扱っているカーリース会社が多くなってきています。古き良き名車に出会える可能性もなくはない!?

学生、主婦でもカーリース可能!?

学生や主婦でも連帯保証人がいれば大丈夫なケースもあれば、連帯保証人がいらないケースもあります。20歳以下の場合は親権者の同意が必要になりますので、申込時に事前連絡をしておくとスムーズな取引を行うことができるのでおすすめです。

まとめ

カーリースという車を利用するための新常識としてこれからもっと主流になっていくだろうし、若者が車離れしているこの時代に、車離れのストップをかけるのがカーリースではないのかなと筆者は思います。

好きな車にも乗れる、利用用途に応じて車を選べる、賃貸というよりは購入に近いカーリース、これマジおすすめ!!

Fahrerの管理者

Fahrerの管理者「Bazz」です。バズと呼んでください!!

ロックやHIPHOPの音楽好きでバイク好き、最近ではキャンプ系に興味津々!!

お仕事の依頼などはコチラから↓

Instagram

Twitter

メール

TEL

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー一覧

スポンサー企業