1. HOME
  2. エンタメ情報
  3. ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキングTOP5
エンタメ情報

ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキングTOP5

ファミリーカーとしてプレミアムSUVってどうなの!?そのお悩み解決します。この記事ではファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVをランキング形式にて紹介していくので、ぜひファミリーカーとしてプレミアムSUVを検討してみてはいかがでしょうか。

ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキング第5位BMW X5

flickerより出典

2019年に販売が開始、最新システムを搭載されておりすべてにおいて進化しているBMW X5。ボディ自体は大型化しているのに対して前モデルよりも軽量化されており、走行性能についても運転感覚についても超一級品へと進化されています。

ファミリカーとしても実用性の高さはボディサイズを確認すれば間違いない、内装のデザインもシックですがゴージャス、かつ乗り心地はさすがプレミアムSUVと言わざるを得ない仕上がりになっています。小物類も置きやすい、後部座席のアームレストは非常に大きくまさにVIPカー。

こんなゴージャスなプレミアムSUVをファミリーカーだなんてって思うかもしれないですが、ファミリーカーとして使っても抜群の機能性と実用性を発揮してくれるので非常におすすめのプレミアムSUVとなっています。

flickerより出典

BMW X5のスペック

flickerより出典

xDrive35d M sport
全長×全幅×全高 4935mm×2005mm×1770mm
ホイールベース 2975mm
トレッド 前:1685mm

後:1695mm

最低地上高 215mm
車両重量 2240kg
エンジン 直列6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 2992cc
最高出力 195kw[265ps]/4000rpm
最大トルク 620Nm[63.2kgm]/2000~2500rpm
燃料タンク容量 80ℓ 軽油
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:275/40R21

後:315/35R21

最小回転半径 5.9m
JC08モード燃費 14.4km/ℓ
車両本体価格 999万円

ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキング第4位メルセデス・ベンツ GLS

flickerより出典

メルセデス・ベンツのSUVモデルの中でフラッグシップともいえる存在、メルセデス・ベンツ GLS。2016年にフルモデルチェンジされてからドイツでは次期型がデビューしていますが、日本ではこの2016年に販売が開始されたモデルが販売されています。

フラッグシップモデルならではの重厚感あるその存在感は圧倒的ともいえるほど、ベンツというブランドがゴージャスと際立つぎらつき感でやはりメルセデス・ベンツが最高だ!!っと思うメルセデス・ベンツユーバーが多くいます。

大柄ボディで室内も非常に広く、ファミリーカーとして使いやすく実用性も非常に高いです。トランクルームも広く、3列目を倒せば大荷物が楽勝で積載できます。しかも3列目シートがあるということで、大人数を乗車させなくてはいけない場合でも乗せれることができ、かなり広いので成人男性が7名フル乗車でも楽々な空間です。これなら安心してファミリーカーとして利用できます。

flickerより出典

メルセデス・ベンツ GLSのスペック

flickerより出典

GLS 350 d 4MATICスポーツ
全長×全幅×全高 5140mm×1980mm×1850mm
ホイールベース 3075mm
トレッド 前:1675mm

後:1695mm

最低地上高 200mm
車両重量 2580kg
エンジン V型6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 2986cc
最高出力 190kw[258ps]/3400rpm
最大トルク 620Nm[63.2kgm]/1600~2400rpm
燃料タンク容量 100ℓ 軽油
トランスミッション形式 9速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:295/40R21

後:295/40R21

最小回転半径 5.7m
JC08モード燃費 11.3km/ℓ
車両本体価格 1238万円

ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキング第3位ランドローバー ディスカバリー

flickerより出典

高級感とSUVとしての性能だけでなく、オンロード性能も一級品で全モデルよりも飛躍的にアップしたランドローバー ディスカバリー。丸みを帯びたデザイン、以前のモデルよりも確実にゴージャスにそしてラグジュアリーになっていると実感させられるその存在力は抜群です。

元々のオフロード性能は抜群でしたが、クラストップのオンロード性能を身に着けたランドローバー ディスカバリー、まさにオールラウンダーという言葉が似合うプレミアSUVとなっています。

サイズも価格もアップしていますが、ファミリーカーとしての実用性から機能性までアップしている、ミニバン的な扱いとしても抜群!!ファミリーカーに最適なおすすめのプレミアムSUVの一台となっています。

flickerより出典

ランドローバー ディスカバリーのスペック

flickerより出典

HSEラグジュアリー
全長×全幅×全高 4970mm×2000mm×1895mm
ホイールベース 2925mm
トレッド 前:1705mm

後:1700mm

最低地上高 202mm
車両重量 2430kg
エンジン V型6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 2992cc
最高出力 190kw[258ps]/3750rpm
最大トルク 600Nm[61.2kgm]/1750~2250rpm
燃料タンク容量 85ℓ 軽油
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:275/45R21

後:275/45R21

最小回転半径 5.9m
JC08モード燃費 11.6km/ℓ
車両本体価格 993万円

ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキング第2位レクサス LX

flickerより出典

トヨタ ランドクルーザーをベースにさらに豪華にごつく設計されたまさにフラッグシップモデルといえるほどの存在感に王者たる風格さえも感じるレクサス LX。走破性は見た目通りの強烈な強さがある、大排気量の力強い走りはまさにSUVとしての性能を特化しているかのような設計です。

何をいってもこのレクサス LXの魅力は室内にある、最上級SUVに相応しい、プレミアムな室内空間、いやこれはまさにラウンジだっと言わざるを得ない仕上がりです。乗り心地も高級なソファーに座っている、8人乗りの設定も用意されており、まさに動く高級ラウンジとなっています。

この広さがこの室内空間がレクサス LXをファミリーカーとしても利用できるのでは、いやしかし、こんな豪華なファミリーカーが他にあるだろうか。それがファミリーカーとしておすすめなプレミアムSUVとしてのランキングとなっています。こんな車でお迎えに来られた子供は鼻が高いというものでないくらいです。

flickerより出典

レクサス LXのスペック

flickerより出典

LX570
全長×全幅×全高 5080mm×1980mm×1910mm
ホイールベース 2850mm
トレッド 前:1650mm

後:1650mm

最低地上高 225mm
車両重量 2690kg
エンジン V型8気筒DOHC
総排気量 5662cc
最高出力 277kw[377ps]/5600rpm
最大トルク 534Nm[54.5kgm]/3200rpm
燃料タンク容量 93ℓ プレミアム
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:275/50R21

後:275/50R21

最小回転半径 5.9m
JC08モード燃費 6.5km/ℓ
車両本体価格 1115万円

ファミリーカーとしておすすめのプレミアムSUVランキング第1位ボルボ XC90

flickerより出典

絶対的安心感と強固たるボディで安心度が他のプレミアムSUVと比較しても別格、いやすべてのカーブランドの中で最強の守りを誇るボルボからXC90。安全面でのレベルはトップレベルというよりNo.1といってもいいでしょう、北欧の守りを感じられるプレミアムSUV、そしてデザインも近年ではおしゃれかつかっこいいので幅広い世代から受けられるようになっています。

角ばった四角いデザインがSUVらしくて魅力的で、個性派で実力派。守りだけなく、走行性能でも妥協ない、ディーゼルターボの235馬力でスムーズな走りを持っています。上質なエクステリアデザインも◎!!ボルボSUVシリーズのフラッグシップモデルらしい仕上がりです。

ボルボ XC90は安全面なども踏まえたうえで確実にファミリーカーとしておすすめです。室内空間も広く、荷室空間も利便性が高い、3列目もあるので大人数を乗せるときにも非常に便利な使い勝手の良さになります。デザインもモダンチックで気品あふれる上質な空間です。

flickerより出典

ボルボ XC90のスペック

flickerより出典

D5 AWD inscription
全長×全幅×全高 4950mm×1960mm×1760mm
ホイールベース 2985mm
トレッド 前:1675mm

後:1680mm

最低地上高 180mm
車両重量 2130kg
エンジン 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 1968cc
最高出力 173kw[235ps]/4000rpm
最大トルク 480Nm[48.9kgm]/1750~2250rpm
燃料タンク容量 71ℓ 軽油
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:275/45R20

後:275/45R20

最小回転半径 6.0m
WLTCモード燃費 13.6km/ℓ
車両本体価格 944万円

プレミアムSUVでもファミリーカーに最適で非常におすすめ

プレミアムSUVでもファミリーカーとしての活躍は間違いなくできるほど室内も広く、安全性にも特化しているので非常におすすめです。その分、プレミアムSUVということで購入価格自体のかなりプレミアムとなっています。が、その分お子さんの送り迎えや子供の用事などでこんなプレミアムSUVで来られたお子さんは非常に鼻が高いでしょうし、一種のステータスでもあり、奥さんのステータスもだだ上がりです。プレミアムSUVをファミリーカーとして使えるなんて最高ですよ??

マイメロ



おすすめ記事