1. HOME
  2. エンタメ情報
  3. 【最新作】ワイルドスピード9/ジェットブレイクについてまとめ-あらすじ/キャスト
エンタメ情報

【最新作】ワイルドスピード9/ジェットブレイクについてまとめ-あらすじ/キャスト

最新作はワイルドスピードICE BERAKの続編となるワイルドスピード・ジェットブレイク。ワイルドスピードシリーズ第9作品目となる本作ではキャストの再登場や新たなキャストたちで豪華メンバーな仕上がりとなっています。なので、ジェットブレイクについてわかっていることをまとめて紹介です。

最新作ワイルドスピード ジェットブレイクについて

http://www.thefastsaga.com/ より出典

ワイルドスピード最新作の日本語タイトルがとうとう決定!!その名は「ワイルドスピード/ジェットブレイク」。ワイルドスピード第9作目となる本作ではどういった作品になるのでしょうか。前作はワイルドスピード アイスブレイクというタイトルで氷の上を走ったり氷をぶっ壊したりするような作品となっていたので、ジェットブレイクということはジェット機でもぶっ壊す作品となっているのかな。

予告編を見る感じですが、サイファーがジェット機に乗っていたり、ジェット機のエンジンを搭載したようなコンパクトカーをローマンが乗っているのも確認できているのでそれなりにジェットに関することが関係してくる作品なのでしょう。

本作合わせてワイルドスピードシリーズはジェットブレイクを含め2作品。ワイルドスピード10で終止符を打つとされているので、完結作目前のワイルドスピード/ジェットブレイクを見逃すわけにはいかない!!ということいで、ワイルドスピード/ジェットブレイクが公開されるまで間、当サイトではワイルドスピード/ジェットブレイクについてわかっている情報を詳しくまとめていこうと思っています。今回はワイルドスピード/ジェットブレイクについて詳しくあらすじやキャストについてまとめていく記事です。最後までじっくりご覧ください。

日本公開は2020年5月29日

ワイルドスピードの日本公開は2020年5月29日の金曜日。平日ですが、ワイルドスピードファンは日本でも非常に多いので公開日は込み合うことが多いでしょうが、筆者は公開日に必ず観に行きます(笑)
映画館に足を運べる方はぜひ、前売り券を購入して、事前に席も予約して、映画館に入る前にはポップコーンとコーラを買って(これは筆者のお決まり(笑))からワイルドスピード/ジェットブレイクを楽しみましょう。

ワイルドスピード/ジェットブレイクの映画物販も気になるところですし、先日の東京オートサロン2020年に登場したワイルドスピード/ジェットブレイク特別ブースではコチラを販売されていたそうです。

さらには、超先行前売り券を購入した方には、

コチラの特典ももらえたそうです。。。非常残念ですが、上記の画像を見てもわかるように1月10、11、12日の3日間限定だったので、現在はもうない。。。しかし!!!映画の物販もまだ公表されていませんが、期待は膨らむばかり、映画館限定のグッズもぜひ気に入るのがあれば購入してみてはいかがでしょうか。

ジャスティン・リン監督がメガホンを再度とった

http://www.thefastsaga.com/gallery/5 より出典

ワイルドスピードシリーズで最も多くメガホンをとっているあのジャスティン・リン監督が再びワイルドスピード作品のメガホンをとった作品となるワイルドスピード/ジェットブレイク。
ジャスティン・リン監督はワイルドスピードの第3作目にあたるワイルドスピード TOKYO DRIFTからメガホンをとっており、それからワイルドスピードMAX、ワイルドスピードMEGA MAX、ワイルドスピードEURO MISSIONと過去4作品も手掛けています。

彼なしではワイルドスピードはここまでこなかったかもしれない。というほどの人物であり、今回改めてメガホンをとることでワイルドスピードファンからは期待の声が多くかかってきています。まぁ、どの作品もいいのですが、やっぱり監督が代わると作品自体も大きく変わってくるのだなっと全作品を見ている方なわかるくらい作品の色がけっこう違う。

そして、ワイルドスピード/ジェットブレイクの次回作で最終作のワイルドスピード10でも監督を務めることが決定しています。ありがとうございます、ジャスティン・リン監督。

ワイルドスピード ジェットブレイクのあらすじ

ワイルドスピード/ジェットブレイクのあらすじをどのようなものかわかっている範囲内と少し筆者の考案で紹介していきます。

前作のワイルドスピード/アイスブレイクから数年後の様子がわかる。なぜ数年後なのかが確認できるのかというと、ドミニク・トレットの息子であるブライアンがけっこう大きくなっているのが予告で確認できるからです。
ドム、レティはブライアンを育てるために新しい生活をするため農家をしている。マッスルカーなどの改造から移り変わりトラクターを整備しているドム。父親として立派にブライアンを育てている、しかし、過去は消せない。平穏な毎日を送る中、新たな敵が現れる。。。

そのために再びファミリーが集結!!今回の敵は非常に厄介、しかもドムの弟という設定である。。。新たな敵「ジェイコブ」はドミニク・トレットの実の弟でジェイコブ・トレット。盗みのプロであり暗殺者、それに一流の運転技術。ドムにとっては消し去りたい過去であるともとらえられる兄弟の因縁。ファミリーを最も大事にしているドムにとって実の弟となにがあったのかも気になるところです。

そんなジェイコブは昔からドムを超えることを抱いていた様子が感じられる。そのジェイコブを裏で糸を引いているが前回の最大的であるサイファーである。サイファーと手を組んだジェイコブ、まさに最大の敵であり強敵。ドミニクファミリーは果たしてどうなるのか。

そして見所であるのがハンの復活!!これまで何をしており、なぜ姿を現さなかったのか。。。その背景もワイルドスピード/ジェットブレイクで明らかになってくることでしょう。

ワイルドスピード ジェットブレイクのキャストについて

あらすじを紹介したところで、今回ワイルドスピード/ジェットブレイクに登場するキャストについても紹介しておきます。毎度おなじみのキャストから久しぶりに登場するキャスト、そして新たなキャスト陣も迎えた今作、もちろん惜しくも出演がなかったキャストもいらっしゃるのでそちらも併せて紹介です。

ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)

ワイルドスピードシリーズには欠かせない存在でしょう、ヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレットがいないとこのワイルドスピードは始まらない!!
本作のワイルドスピード/ジェットブレイクでも愛車はダッチ チャージャーの70年型が確認できています。やはりドミニク・トレットはマッスルカーの旧車、ワイスピシリーズといえばダッチ チャージャーですよね。
旧型のチャージャーもいいですが、今回は新型のチャージャーにも乗っているドムもいたのでまた、チャージャー人気に火が付きそうです。

ミシェル・ロドリゲス(レティ)

ワイルドスピードシリーズの古株でありドミニク・トレットの奥さん役のミシェル・ロドリゲス演じるレティ。本作では女性キャストの扱いがひどいと抗議して台本を見るまでワイルドスピードシリーズを降板するとも言っていた彼女だが、出演してくれてよかった。。。レティがいなければワイルドスピードというシナリオが成り立たなくなってきちゃいますし、ドミニク・トレットという男の魅力を引き立たせるキャラクターでもあるのでほんと、ありがとうございます!!

ワイルドスピード/ジェットブレイクでは血の繋がっていない息子ブライアンをドミニクとともに育てているということは血の繋がりなど気にならないというくらい寛大な女性なのでしょう。ブライアンよかったないい父と母に巡り合えて。。。エレナも安心してるはずです。(物語にのめり込みすぎてます(笑))

ジョーダナ・ブリュースター(ミア)

ワイルドスピードシリーズに復帰するジョーダナ・ブリュースター演じるミア。ワイルドスピード スカイミッションで出演はもうないのかもとされていたミアですが、ジェットブレイクで復帰します!!ブライアン不在の中、ミアがどういう風に物語に参加するのか、今作の敵がトレット家に関係するのとなにか関係をもってくるのには間違いないでしょう。

そして、気になるは最後にスカイミッションの最後には大きなおなかで女の子の赤ちゃんを身籠っていたミアのその後も非常に気になるところ。ワイルドスピード初期から参加しているのにも関わらずとくに需要な役割をもったことがない彼女、そろそろ頼みますよジャスティンリン監督。。。

タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)

ワイルドスピードシリーズ第2作目が始まりのタイリース・ギブソン演じるローマン・ピアース。元々はブライアンの親友であり、マイアミでいっしょに大仕事をこなした盟友でもあります。ファミリーとして参加した初めての作品がワイルドスピードMEGA MAX、ドムとブライアンが大仕事をするといい招集した一人であり口がうまいペテン師という役割というキャラクターでもある。

ムードメーカ的存在でちょっとビビりなローマンがワイルドスピードシリーズの中でも笑いを誘う勇逸の存在で、欠かせない存在です。

ワイルドスピード スーパーコンボについて批判を強烈な勢いで放ったことでも有名ですが、ワイルドスピード/ジェットブレイクにも参加してくれてよかったの一言になります。

リュダクリス(テズ・パーカー)

ローマン同様ワイルドスピードシリーズ第2作目に登場して、ワイルドスピードMEGA MAXからファミリーとして参加しているリュダクリス演じるテズ・パーカー。ファミリーのメカニック兼エンジニアであります。

このテズもファミリーには絶対に欠かせない存在であり、ワイルドスピード アイスブレイクからは髪を伸ばしだしたことでローマンに生意気になったなといじられている。本作ワイルドスピード/ジェットブレイクではさらに髪も伸びてかなりワイルドな変身をしている、というか本作では髪型を変更しているキャストが多い。

ラムジーとの恋模様も気になるところでしょう。本作も楽しみに見たいところです。

ナタリー・エマニュエル(ラムジー)

ワイルドスピード スカイミッションから参戦している、神の目(ゴッドアイ)という監視プログラムを作った天才ハッカーであるナタリー・エマニュエル演じるラムジーも本作で出演します。ハッカーというファミリーにはいなかった存在でスカイミッション登場以降大活躍を見せる需要キャラクターの一人です。

ラムジーもトレードマーク的なアフロヘアーから三つ編みヘアーにヘアーチェンジされています。個人的にはアフロの方が印象的でよかったのに(笑)

サン・カン(ハン・ルー)

あの死んだはずのサン・カン演じるハン・ルーが帰ってくる!!これは奇跡である。ハンは間違いなくデッカード・ショウに殺害されたはずだった、というか脚本家がハンは間違いなく死亡とまで言っていたのに、脚本家が変わったこともありハンがワイルドスピード/ジェットブレイクに帰ってくる。

ファンとしてはうれしい、だが、ハンの復活劇というかシナリオが非常に気になるところである。これはぜひ映画館でいち早く詳細を見たいところです。

ドン・オマール(リコ・サントス)

ワイルドスピードシリーズの名わき役ともいえる存在のドン・オマール演じるリコ・サントス。少しネガティブなことをいうところが笑いのツボを押さえている感じでたまらないキャラクターです。ワイルドスピードMAX、MEGA MAX、アイスブレイクと3作品に登場していますが、あまりシナリオを深いところまで語られなかった人物なので少し気になるところでもあります。

相棒のレオは登場は確認できていないので、やっぱりリコ・サントスを登場させるのであれば相棒のレオを登場させてほしいところですね。

ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)

ワイルドスピードTOKYO DRIFTで主演を務めたルーカスブラック演じるショーン・ボズウェルも少しだけ登場する模様です。ワイルドスピード スカイミッションでも登場していますが、出演したのはほんの数秒くらいだったので今回は長めにスクリーンで見たい登場人物です(これは筆者の願い(笑))

次の作品にも契約しているそうなので、ワイルドスピード10にも出演するのでしょう。

アール(ジェイソン・トビン)

あまり知らない方も多いでしょうが、アール演じるジェイソン・トビンも出演します。TOKYO DRIFTでハンのメカニックだったのはけっこうワイスピマニアでないと見逃してしまうキャラクターです。

ワイルドスピード/ジェットブレイクではコンパクトな車にジェットエンジンを搭載カスタムしている車をローマンに乗せていました。多分、お笑いシーンの場面でしょう(笑)

ジョン・シナ(ジェイコブ・トレット)

今作ワイルドスピード/ジェットブレイクで最も注目を浴びたキャスト、ジョン・シナ。日本では知らない方が多いでしょうが、ジョン・シナはアメリカ本国では非常に有名な俳優でありプロレスラーです。プロレスラー出身俳優の代表といえばドヴェイン・ジョンソン、本国ではドヴェイン・ジョンソンくらいの知名度があります。

そして、ジョン・シナ演じるジェイコブ・トレットはなんとドミニク・トレットの実の弟という設定で登場します。盗みのプロで暗殺者として一流で運転技術も一流。まさにドミニク・トレットの弟という設定に相応しいです。ドミニク・トレット、ジェイコブ・トレット、この二人には一体に何があったのか非常に気になるところ、早く映画が始まってほしい。。。

シャーリーズ・セロン(サイファー)

シャーリーズ・セロン演じるサイファーといえばワイルドスピードシリーズで最も凶悪で恐ろしい敵で、前作アイスブレイクで初登場し存在感が半端なかった人物です。最強のハッカーで冷酷、ラムジーのゴッドアイをハッキングしてしまうほどの実力者。

シリーズを通してドミニク・トレットという人間を最も恨んでいるといっても過言ではないでしょう。アイスブレイクでは惜しくも逃げられてはいますが、今作ワイルドスピード/ジェットブレイクでどういう展開をみせ、ドミニク・トレットの弟ジェイコブ・トレットをどういう風に巻き込んでいくのでしょうか。。。いち早く映画館で確認したいものです。

ヘレン・ミレン(ミセス・ショウ)

ヘレン・ミレン演じるミセス・ショウ、デッカード・ショウ、オーウェン・ショウの実の母であり、今作ではデッカードもオーウェンも出演がないながらもミセス・ショウの出演はあります。さすがのベテラン女優、インパクトと演技力がけた違いのレベルを感じ印象が深いです。

ワイルドスピード/スーパーコンボのラストでデッカードとハッティの助けにより脱獄したような感じで終わっていますので、その後の様子で絡んでくるのではと筆者は思っています。なににせよミセス・ショウがどういう風に関係してくるのか、次回作で最終作のワイルドスピード10にどうつながっていくのかが非常に楽しみのキャストです。

Cardi B

INSIDER より出典

女性ラッパーのCardi Bも登場するとのことです。役の名前もないので、予想ですがワイルドスピードシリーズ定番のストリートレースのスターター役ではないかなという筆者の勝手な予想です。

マイケル・ルーカー(バディ)

マイケル・ルーカーといえば超有名俳優で、最近で言えば「ウォーキング・デッド」が有名です。そんなマイケル・ルーカー演じるバディという存在は明らかにはなっていませんが、どういう役回りで登場するのかもわからないことになっていますが、これほどの大物俳優ですのでドミニク・トレットかジェイコブ・トレットに関係する人物ではないでしょうか。

ということはレースで死んだドミニク・トレットとジェイコブ・トレット、ミアの父親役などで絡んでくるのかなという考案もちらほたされています。

しかし、悪そうな顔立ちでもあるので個人的には悪役で出てほしいかな。でも、こんな大物俳優をちょこっと使いで出演するわけがないだろうし、出演しないと思うんだよな。

Ozuna

MEZCLA より出典

ラテンシンガーのOzunaもワイルドスピード/ジェットブレイクに出演するとのことです。役名は不明ですが、ヴィン・ディーゼルがインスタグラムにてこう投稿しています「#youngsantos」これはもしかして回想シーンなどでサントスの過去が演出されるのであろうか。

フランシス・ガヌー

Wikipediaより出典 画像右がフランシス・ガヌー

フランシス・ガヌーは総合格闘家で今作のワイルドスピード/ジェットブレイクに出演することがわかっています。が、役はわからないのですが、総合格闘家ということもあり確実に肉弾戦をみせてくれることでしょう。

ヴィニー・ベネット

知名度は低い俳優ですが、これからの期待を感じるヴィニー・ベネットは今作ワイルドスピード/ジェットブレイクのキャスティングがされる際に早い段階でキャスティングされていたこともあります。なので、けっこう重要な役割で登場するのではないのかなと思うところです。

フィン・コール

ヴィニー・ベネットに引き続き若手俳優でこれからを期待される俳優の一人。ヴィニー・ベネット、フィン・コール、ワイルドスピード/ジェットブレイクで大ブレイクするきっかけになるかもなので要注目です。

アンナ・サワイ

新人女優も登場、アンナ・サワイ、この方は日本にもゆかりがあり、アイドルグループ「FAKY」に所属していていました。現在は脱退して女優業に専念している中のワイルドスピード/ジェットブレイクという大作にキャスティングされるということもありアンナ・サワイも超期待の女優になります。日本でアイドルグループを活動していたということで、ぜひハリウッドで活躍し続けてほしいですね!!

残念ながらワイルドスピード ジェットブレイクに登場しないキャスト

ここまではキャスティングされたキャストを紹介してきましたが、今回ワイルドスピード/ジェットブレイクに残念ながら登場しないキャストを紹介していきます。

コーディー・ウォーカー&カレブ・ウォーカー(ブライアン・オコナー)

総合映画情報サイト オスカーノユクエ より出典

2013年11月30日、40歳という若さで不慮の事故によりポール・ウォーカーがこの世を去ってしまいました。そのためワイルドスピードでも主役キャストだったブライアン・オコナーが不在となったため、急遽ワイルドスピード/スカイミッションでは弟であるコーディー・ウォーカー、カレブ・ウォーカーがそっくりということもあり代役を務めてくれてスカイミッションという物語が成り立ちました。

元々、顔立ちや声などがそっくりなこともあり、それに加え最新のテクノロジーで映像の中はポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーそっくりになっています。映像の中では見分けがつけれないほどです。

だったらミアもかえってくることだし、ブライアン出演してよ。。。コーディー・ウォーカーはワイルドスピード/ジェットブレイクの撮影現場に顔を出していることがヴィン・ディーゼルのインスタグラムに投稿されていたのを確認できているので、もしかしたら少しだけでも登場するかも?しれないですね。

ドヴェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)

不仲説というか不仲であったヴィン・ディーゼルとドヴェイン・ジョンソン。ワイルドスピード/スーパーコンボで主役を務めたドヴェイン・ジョンソンにタイリース・ギブソンもブチ切れていた様子もあり、ドヴェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムの出演はもうないのか。。。っと思っていたところ、ヴィン・ディーゼルとドヴェイン・ジョンソンが和解したらしいので、もしかしたらワイルドスピード/ジェットブレイクのエンドロールくらいにちょこっとくらいルーク・ホブスがでてくるかも?

ぜひ、次回作で最終作といわれているワイルドスピード10にはジェイソン・ステイサムとともに出演してもらいたいですね。

ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)

ドヴェイン・ジョンソンとともにワイルドスピード/スーパーコンボで主演を務めたジェイソン・ステイサム。ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウはサイファーに復讐するために前作ワイルドスピード/アイスブレイクにてファミリーに協力しています。

それなのに今作ではサイファーが登場するのにも関わらず、デッカード・ショウの登場なし、ミセス・ショウのみの出演なので、デッカード・ショウも次回作で最終作のワイルドスピード10に登場してほしいキャストです。

ルーク・エヴァンス(オーウェン・ショウ)

ルーク・エヴァンス演じるオーウェン・ショウは元々ファミリーの敵であり、記憶喪失であったレティのBOSSになります。ワイルドスピード/ユーロミッションでは最強の敵として苦戦をもちいられました。最後には飛行機からドミニク・トレットにやられたものの、ワイルドスピード/アイスブレイクではサイファへの復讐ということもあり兄であるデッカード・ショウとともにサイファーの乗る飛行機へと乗り込みましたが、今作ワイルドスピード/ジェットブレイクにデッカード・ショウも出ないということでオーウェン・ショウの出演もないです。

カート・ラッセル(ミスター・ノーバティ)

カート・ラッセル演じるミスター・ノーバティも今作のワイルドスピード/ジェットブレイクには出演しないということです。大物俳優であり個人的には非常に好きなキャラクターだっただけに残念。。。スカイミッション、アイスブレイクでインパクトある演技で大活躍でした。

アイスブレイクの撮影後にはカート・ラッセルはこう言っています、自身の役を辞めてもいい。なので最終作であるワイルドうスピード10にも出演はないでしょう。

スコット・イーストウッド(リトル・ノーバティ)

スコット・イーストウッド演じるリトル・ノーバティはミスター・ノーバティの部下であり、アイスブレイクで初登場してローマンとの絡み合いがなかなかの見ものだったのに、今作のワイルドスピード/ジェットブレイクには出演しないそうです。

最終作のワイルドスピード10にも出演はないでしょう。

まとめ

ワイルドスピード/ジェットブレイクについて詳しくまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。登場する車についても紹介していきますので、更新でき次第リンクを張りますのでよかったらそちらもご覧ください。

今作は壮大なストーリー、特にドミニク・トレットとジェイコブ・トレットの兄弟因縁がどういった感じを見せてくるのか、これまでのシリーズで全く触れてこなかった分、強烈なストーリー展開を期待してしまうところでしょう。ミアも出演するということでやはり兄弟関係が大きく描かれるのでしょうか。サイファーとの兼ね合いもめちゃくちゃ気になります。

これ以上語っているとさらに長くなりそうなので、また次の記事で書くことにします(笑)

ハンも復活するということで非常に世界が注目しているワイルドスピード/ジェットブレイクの日本公開日は5月29日金曜日!!

ワイルドスピード公式ホームページはコチラ
http://www.thefastsaga.com/

https://wildspeed-official.jp/

Fahrerの管理者

Fahrerの管理者「Bazz」です。バズと呼んでください!!

ロックやHIPHOPの音楽好きでバイク好き、最近ではキャンプ系に興味津々!!

お仕事の依頼などはコチラから↓

Instagram

Twitter

メール

TEL

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー一覧

スポンサー企業