1. HOME
  2. エンタメ情報
  3. 【ワイルドスピード】に登場する車はAT?いやそれともMT?気になる答え
エンタメ情報

【ワイルドスピード】に登場する車はAT?いやそれともMT?気になる答え

ワイルドスピードに登場する車はATなの?それともMTなの?派手なシーンが多いため、カットごとに見ていくとシフトチェンジをしている車もあればしていない車ももちろんあります。実際にワイルドスピードに乗っている車はAT、MTどちらなのか考案してみました。

メインの車はマニュアル車

Wikimedia Commons より出典

記事冒頭から結論を申すと、ワイルドスピードに登場する車のほとんどがマニュアル車となっています。実際にMTはATとは違い車自体のパワーコントロールがドライバーが取りやすいため、ワイルドスピードの劇中に見られるカーアクションはMT車でないとAT車ではほぼ不可能に近いといえるでしょう。

それにMT車でないと迫力を感じられるドライビングテクニックを感じることができないというのも理由の一つが挙げられます。AT車だとシフトチェンジがないのですし、クラッチペダルを踏む動作でさらに「おっ!!」っと運転してるなという感じがぐっと出ますので。

じっくりワイルドスピードを鑑賞した方は感じたことがあるでしょうが、シフトチェンジのシーンが非常に多い、えっ、何速まであるのっと問いたくなるほど。それだけMT車のシフトチェンジはカーアクション自体に迫力をもたらすということでしょう。ワイルドスピード以外のカーアクション映画を見てみても同じことが言えるくらいシフトチェンジのシーンが多くなっています。

AT車が遅いとは限らない

近年、MT車という選択肢が車を購入するときに減ってきているのはひしひしと感じます。それにMT車に乗るという方も非常に少なく、車などなんでもいいよという方も多くいらっしゃるくらいです。これは時代ということでしょう。

話が脱線しましたが、AT車が遅いというのは大間違いであり、むしろAT車はどんどん進化しておりドラッグレースなどでは運転ミスが生じないようにAT車で臨むドライバーも多くなってきているくらいです。ゼロヨンカーや各スーパーカーでもAT車となってきている時代ですから、パドルシフトは速く正確に走るという面では確実にMT車より理にかなっている技術ですから。

ワイルドスピードシリーズもMT車の活躍が減ってきている

Wikimedia Commons より出典

アクションありきの映画なのでMT車の方が映像に迫力がでるという面ではそうなのですが、近年のAT車の増加によりワイルドスピードでもパドルシフトでの切り替えがこれからの作品はメインになってくるでしょう。ドミニクやレティは古い旧車のダッジなどを愛車にする傾向があるのでMT車での登場はあるでしょうが、確実にワイルドスピードからAT車が増えてくることは避けられないでしょうね。

Ucar査定

おすすめ記事