1. HOME
  2. メンテナンス、カー用品
  3. 車を長持ちさせる日常での行為-誰でも簡単にできる7カ条
メンテナンス、カー用品

車を長持ちさせる日常での行為-誰でも簡単にできる7カ条

車のメンテンナスやってますか?そういわれるとあまりしないという方に、ぜひ知ってほしい車を長持ちさせる日常での行動。日常的な行動で10年後の状態はが全く変わってきます。せっかく購入した愛車を長持ちさせるべくこの記事では7カ条にまとめて紹介です。

車をメンテナンスすることの大事さを知る

せっかくの愛車、長持ちさせて末永く乗りたいとは思っているけど普段のメンテンナンスを怠っているという方は非常に多くいます。日常的にメンテナンスをすることで車は実際に長持ちするのは事実です。でも、車のメンテナンスなんて難しいのでは?点検にディーラーや大手カーショップに行くのはちょっとと思っている方、お家でも自分でできるメンテナンスや普段の乗り方次第では車の長持ちする長さが変ってきます。そこで、初心者でもできる簡単に車を長持ちさせる方法を7箇条にまとめて紹介です。

車を長持ちさせる方法①オイル交換

オイル交換が大事ということは車に乗る方であればだれでも知っているであろう項目。お家で手軽にオイル交換!!とはいかないものの、オイルチェックくらいはお家でも簡単にできます。洗車の後や1ヵ月に1回などを目安にオイルチェックをすることで、オイル交換の時期を把握することができるのでチェックするのがおすすめです。適切なオイル交換の目安としては、ガソリン車であれば1万5,000km走行で1年に1回が目安となっています。ターボ付き車であれば5,000km毎で半年くらいが交換の目安です。日頃からオイルチェックをするようにすれば、ある程度黒くなってくれば交換するという癖が付きます。車のオイルは潤滑作用、密封作用、冷却作用、洗浄作用、防腐作用があるので非常に車のエンジンにとっては重要だということを理解しておきましょう。

自動車オイル交換目安表
ガソリン車 交換目安距離・1万5,000km/交換目安期間・1年
ガソリン車(軽自動車) 交換目安距離・1万5,000km/交換目安期間・1年
ガソリン車ターボ付き 交換目安距離・5,000km/交換目安期間・6ヵ月
ガソリン車ターボ付き(軽自動車) 交換目安距離・5,000km/交換目安期間・6ヵ月
ディーゼル車・ディーゼルターボ車 交換目安距離・1万km/交換目安期間・1年

車を長持ちさせる方法②タイヤの空気圧

車を走らせる上で重要なタイヤ。そのタイヤの空気圧は非常に大事になってきますのでしっかりとチェックすることが必要です。タイヤの空気圧が減ることで燃費性能の低下につながったり、加速低下や停止にかかる距離が伸びたりとデメリットがたくさんあります。タイヤの空気圧をチェックするにはカーアイテムが必要になってきますが、そんなの買うのはもったいないという方は最寄りのガソリンスタンドやカーショップなどで空気圧を調整するのがいいです。メーカーにより基準の空気圧がありますので、最適な空気圧を入れれるように自分の車の空気圧は把握しておくことが必要になります。純正タイヤであれば車のドアの開口部に貼ってありますのでチェックしておきましょう。もし純正サイズでなければ最寄りカーショップなどで確認しておけば安心です。

車を長持ちさせる方法③タイヤの溝チェック

タイヤは空気圧だけでなく、タイヤの溝もしっかりとチェックすることが必要です。タイヤは消耗品なので車に乗る限り必ず交換をしなくてはいけない時期がきます。タイヤの溝は1,6mm以下になると車検に通すことができず交換しなければ危険という時期です。スリップサインをチェックすることも重要になってきます。タイヤの溝もそうですが、ひび割れにも気をつけておきましょう。タイヤも車のボディ同様ワックスを書けるようにしておくと経年劣化時期を遅らせることができます。

車を長持ちさせる方法④洗車をする

車を長持ちさせるに必要なの?と思われがちな洗車。洗車であればお家でもできる範囲の簡単な作業でできますし、車の塗装を長持ちさせるのにも非常に重要な項目となっています。サビや故障間所、ヒビや擦り傷などたくさん見つけることができるのも洗車です。洗車は車をキレイにするだけでないということ、洗車をすることによりたくさんの故障原因を発見できるということもメンテナンスの1つだと思っておきましょう。

車を長持ちさせる方法⑤ワックスをする

車を洗車するだけでなく、たまにはワックス掛けもしておくことが重要です。車のボディに艶を出してくれるだけでなく、塗装剥がれを防いでくれたりと経年劣化を未然に防いでくれます。ワックスの種類によればキズ消しなどの成分が入っているものもあるので、ドアについたひっかき傷など細かいキズであれば消すことも可能なのでボディをピカピカにしたいのであればワックスは必須です。

車を長持ちさせる方法⑥急アクセル急ブレーキに気をつける

車を長持ちさせるのに運転の仕方も非常に重要になってきます。普段から車の運転が少し荒っぽいという方は要注意が必要です。特に急アクセル、急ブレーキは当然車の寿命を縮ませる原因の一つとなります。急アクセルを繰りかえすとエンジンに負担をかけてしまうだけでなく、急発進となるのでタイヤの寿命も縮んでしまうというデメリットがあり、急ブレーキを繰り返し行うともちろんタイヤの寿命が縮みますし、ブレーキパッドの減りも早くなります。普段から急アクセル急ブレーキにはしないように気をつけて運転することで車を長持ちさせる簡単な方法です。車を長持ちさせるだけでなく、事故を未然に防ぐという交通面でも大きなメリットとなってきます。

車を長持ちさせる方法⑦暖気運転をする

車を長持ちさせるのであれば、車発進前には必ず暖気運転するように心がけることが必要です。特に冬の間はしっかりと暖気運転してから発進しないとエンジンの負担がかなりかかります。車も寝て起きてすぐに全速力で走ると疲れてしまいますので、人も朝起きてすぐに全速力で走れと言われるとかなりキツイです。そういう気持ちを車にももってしっかりと暖気運転して車を起こしてから発進させてあげること心掛けるとエンジン負担が少なく車を長持ちさせることができます。

車をメンテナンスして愛車を長持ちさせよう

今回紹介した車のメンテンス方法はごく一部で、特に簡単に誰でもできる方法だけを紹介しています。車のメンテナンスを怠らないというのが車を長持ちさせる一番の方法であり、それ以外は日常的な運転に気をつける以外ないです。メンテナンス、日々の運転に気をつけて愛車を長持ちさせてカーライフを楽しみましょう。

Ucar査定

おすすめ記事