1. HOME
  2. 車、バイク役立ち情報
  3. 車のオイル交換をする目安は?オイル交換費用やオイルに関する知識
車、バイク役立ち情報

車のオイル交換をする目安は?オイル交換費用やオイルに関する知識

エンジンオイルを交換するということは車を乗られる方なら知っている知識ですが、ではオイル交換の目安は知っていますか?と言われると意外と知らない方多いです。そこで、今回はオイル交換時期の目安やオイル交換に関する知識をまとめてみました。

エンジンオイルの役割とは?

エンジンオイルによる車への役割とはどんなものなのかというのを知らない方は多いはずです。エンジンオイルの役割を知っておけば、必ずエンジンオイルの点検を行い適切にエンジンオイルを交換しようと思えます。どんな役割があるのか紹介していきます。

潤滑

エンジンオイルの役割で非常に重要な役割である潤滑。車を動かすとなるとシリンダー内でピストンが毎分数千回も上下し、クランクメタルやカムなどの金属製品がこすれ合う摩擦で部品の劣化、発熱による故障を防ぐために、エンジンオイルで潤滑するというエンジンオイルにとって重要な役割があります。

もちろんエンジンオイルが少なくなっていたり、汚れがひどくなってきたりすると上手く潤滑せず部品類の故障や車自体の故障につながります。

冷却

エンジンオイルがエンジン内を流際に、エンジンオイルの流れによってエンジン内部の発熱を奪う役割があります。よって冷却効果が期待できるので、エンジンを効率よく冷やしエンジンのパフォーマンスを落とさず走行することができます。発熱を帯びたエンジンオイルはオイルパンという場所に流れ、そこで冷却をさせてまた巡回させという繰り返し動作になります。

エンジンを冷却させず走行するとエンジンの故障にもなります。

気密

先ほど紹介したシリンダー内でピストン運動をしている動作は、シリンダーに密着してピストンしているのではなく少しの隙間を設けています。この隙間に入り込んでシリンダーとピストンを潤滑させ気密性を保護するのもエンジンオイルの重要な役割です。

洗浄分散

エンジンを動かすと、必ず汚れというものがでてきます。汚れはエンジンの故障になったり、寿命自体を短くしたりするのでエンジンオイルでエンジン内の汚れを分散させたり、酸性化を中和させる役割があります。

防錆防食

ガソリンの燃焼によって水分を生じ、エンジン内外の気温差により結露によってエンジン内部に水分が発生する可能性があります。水分は部品等の天敵ともいえる存在で、錆や腐食の原因ともなります。この錆や腐食を防ぐ役割をエンジンオイルはもっています。

エンジンオイルの役割は重要

ここまで知っている方は少ないはずです。エンジンオイルは交換しないといけないと思っていても、なかなか車検の時までしないという方でもエンジンオイルの重要な役割を知ってしまえば、交換しようを思えるはずです。

せっかくの愛車ですのでエンジンオイルのメンテナンスもしっかり行ってあげることをおすすめします。

では、ここから本題のオイル交換目安時期や、オイル交換にかかる費用などの紹介をしていきます。

オイル交換の適切な交換目安

ターボ付きとターボ付きでないのとではオイル交換の目安が異なります。ターボ付きですとエンジンオイルの消耗などが早くなるので、なるべく早めの交換がエンジンを長持ちさせ最高のパフォーマンスをさせるようにしておくことが愛車を長持ちさせるポイントでもあります。

軽自動車と普通車とでも異なります。軽自動車はエンジンが小さい分早めに交換しておいた方が良いです。

ディーゼル車であれば5,000km~10,000kmが目安となっています。

シビヤな方であればこの交換目安よりも早く、1~2ヵ月で交換される方もいるくらいです。

オイル交換のサイン

ついつい忘れがちで、いつオイル交換したのかわからないからまた今度で……そんなことが無いようにオイル交換をした時は、日付を車のエンジンなどにシールで記載しておくことも大事です。

カーショップやディーラー、最寄りの修理工場などに頼んでいる場合は必ず車内部に記載されている場合が多いです。ドアを開けたところに貼ってある、エンジンオイル周辺に貼ってある場合がほとんどですので、確認してみましょう。

エンジンオイルランプがメーターについた場合では手遅れな場合がほとんどですので、普段からエンジンオイルの確認はしてみるのもいいです。確認するくらいなら家庭でもできる作業ですので、ぜひチャレンジすることをおすすめします。

オイル交換を早めなければならない場合

・そこまでしか行かないという距離ばかりでの走行がたびたびある

・高速道路での走行が多い

・坂道が多い

・悪路を走行することが多く、砂埃が多い

・高温や低温、湿度の高いところで住んでいる

このような場合は少しオイル交換を早めた方が良いです。このような場合は間違いなくエンジンオイルの寿命が短くなり、汚れの原因や劣化を起こす場合がほとんどです。

車をほとんど乗らない場合でもオイル交換する?

普段車を使わないからエンジンオイルなんて交換必要ないのでは?そう思われる方も多いと思います。でもエンジンオイルは乗らなくても劣化していくものです。経年劣化は避けられないことですし、先ほど記載した交換目安時期になればオイル交換は必ず行った方が良いです。

乗る機会が少なくても1年に1回はオイル交換することをおすすめします。

ハイブリッド車でもオイル交換必要?

自動車

モーターで走行するハイブリッド車。モーターで走るからエンジン車のようにオイル交換しなくていいのでは?そう思われる方の多いハイブリッド車。

ハイブリッド車でもガソリン車と同じくガソリンエンジンを搭載されています。なので、エンジン車と同じくオイル交換は必要ですし、交換目安も変わりません。

オイルの種類自体もエンジン車にものと同じ種類のエンジンオイルを使用するので、ハイブリッド車だからと言って扱い方はエンジン車と同じです。

オイル交換にかかる費用

 軽自動車オイル交換費用
 オイル代2,500円~5,000円:工賃1,000~2,000円 総額4,000~7,000円

軽自動車の場合ですと総額4,000~7,000円ほどがオイル交換にかかるおおよその目安です。価格幅があるのはオイルのメーカーにより価格は異なりますし、工賃もカーショップやディーラーなど金額に差があるので様々です。

 普通車オイル交換費用
 オイル代4,500~7,000円:1,000~2,500円  総額6,000~9,500円

オイル交換に関してオイル1Lあたりの計算でオイル代は決まってきます。なので乗用車は軽自動車に比べてオイル容量が大きく、オイル代が軽自動車よりも高くなってきています。

エレメントを交換しても1万円くらいで抑えれますので、6ヵ月に1回はオイル交換を行い、愛車と長く過ごすためにオイル交換マメに行うほうがいいです。

オイル交換費用に関してはあくまでも目安ですのでご参考までにお願いします。ポルシェなどのスポーツカーになるとオイル交換代は今回紹介した金額よりも上がりますので、ご注意して下さい。

オイル交換をして愛車と長く付き合う

オイル交換がどれほど車にとって重要かわかっていただけたと思います。

エンジンは車にとって人間でいう心臓みたいなものです。その心臓であるエンジンの寿命を長くしてあげるにはメンテナンスの必要やオイル交換が大事です。

オイルチェックやオイル交換は比較的家庭でもできる簡単な作業です。ディーラーに頼んでも1万円以内もしくは1万円ほどでオイル交換をしてくれます。

長く付き合っていく車だからこそ日頃のメンテナンス、定期的なオイル交換は必ずしてあげましょう。大事にすることで愛車と長く、そして楽しいカーライフを送っていけます。

おすすめ記事