1. HOME
  2. 国産車
  3. トヨタ・C-HRの新車購入をナビゲート-評価/燃費/値引き情報公開!!
国産車
トヨタ C-HR

トヨタ・C-HRの新車購入をナビゲート-評価/燃費/値引き情報公開!!

TNGAに基づいて制作されたSUV、トヨタ・C-HR。独特なディテールでスタイリッシュな印象をもたらすエクステリア、スポーティな走りが魅力的なコンパクトSUVです。そんなトヨタ・C-HRについて、新車購入時に気になることについて詳しく紹介していきます。

トヨタ・C-HRとは

トヨタ C-HR

Flickrより出典

2016年にトヨタの新型コンパクトSUVとして販売が開始されたトヨタ・C-HR。TNGAに基づいて開発されているため非常に丁寧に作られていおり、大胆で個性あふれる魅力的なエクステリアデザインとスポーティな走りが非常に魅力的なコンパクトSUVです。ハイブリッドモデルもラインナップされており、燃費性能に優れています。

スポーティな乗り味を持ちながら、万人が乗りやすい仕上がりとなっており、運転は初心者でも非常に扱いやすいコンパクトSUVです。乗り心地も良く、コンパクトながらも室内の広さに文句はないという仕上がりになります。そんなトヨタ・C-HRについてここから新車購入時に気になる、スペックや新車購入価格、値引きは可能なのか?評価はどうなのか?詳しく紹介です。

トヨタ・C-HRのスペック

トヨタ C-HR

Flickrより出典

トヨタ・C-HRのスペックを下記の表にて紹介していきます。

グレード G
全長×全幅×全高 4360mm×1795mm×1550mm
ホイールベース 2640mm
最小回転半径 5.2m
車両重量 1440kg
エンジン種類 直列4気筒DOHC+モーター
総排気量 1797cc
最高出力 72kw(98ps)/5200rpm
最大トルク 142N・m(14.5kg-m)/3600rpm
燃費(JC08燃費) 30.2km/L

トヨタ・C-HRのグレード一覧

トヨタ C-HR

Flickrより出典

トヨタ・C-HRのグレードを下記の表にて紹介していきます。

グレード名 エンジン TM 駆動方式 新車価格(万円)
S-T  

1.2ℓ直4DOHCターボ

 

 

CVT

 

FF/4WD

229/248
S-T”LEDパッケージ” 234/254
G-T 260/279
S  

1.8ℓ直4DOHC+モーター

 

FF

261
S”LEDパッケージ” 267
G 292

トヨタ・C-HRの購入見積書

値引き

トヨタ・C-HRを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 2,472,222円
車両本体消費税 197,778円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 11,270円
登録諸費用概算 60,000円
支払合計 2,817,550円

このトヨタ・C-HRの購入見積書の概算はグレード:S”LEDパッケージのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

トヨタ・C-HRは値引き可能?

値引き

トヨタ・C-HRの値引きは少額ですが、販売が開始されてから約2年になるので値引き交渉はそれなりに応じてくれます。ライバル車で同クラスのコンパクトSUVのホンダ・ヴェゼルやマツダ・CX-3などと価格競争をさせて値引き交渉していくと比較的値引き交渉が楽に進んでいくのでおすすめです。値引き目標額として、10万~15万円を引き出すことができれば値引き成功といえます。

トヨタ・C-HRのカラーバリエーション

トヨタ C-HR

Flickrより出典

トヨタ・C-HRのカラーバリエーションを下記の表にて紹介していきます。

ホワイトパールクリスタルサンシャイン
メタルストリームメタリック
ブラックマイカ
センシュアルレッドマイカ
ダークブラウンマイカメタリック
イエロー
ラディアントグリーンメタリック
ネビュラブルーメタリック

このトヨタ・C-HRのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

トヨタ・C-HRの評価は?

トヨタ C-HR

Flickrより出典

トヨタ・C-HRの購入をする際にどうしても気になる評価。事前に評価を知っておくとこで購入の後押しになったり、自分には合っていないかな?そういう判断材料にもなってきます。そこで実際に購入されたオーナー様の評価を紹介です。

【エクステリア】
全体的な造形/シルエットは良いですが、細部には少々ゴチャゴチャして子どもっぽいと感じるところもあります。
リヤ窓が小さいので後席では閉塞感を受けます。
運転席からの左後方の視界は良くないので、市街地の左折では、慎重に慎重を重ねます。
リヤのドアハンドルは、子供と年配の方には使いづらいようです。
ただ、このクルマのエクステリアはデザイン優先ですので、割り切るべきでしょう。

お買い得な特別仕様車を購入したので、色の選択肢は限られました。本当はブラウンが良かったのですが、特別仕様車と同じ装備を付けると20万円以上高くなるため、断念しました。

【インテリア】
スッキリまとめられています。色づかいも良いです。T-Connectナビ9インチモデルは見やすく便利です。
内装のピアノブロックは埃が溜りやすく、布巾等で拭くと水跡がついて目立ちます。
室内スペースは、車体サイズからするほど広くはありませんが、狭くもありません。
収納スペースは少ないですね。ラゲージ容量も小さめで、通常サイズのベビーカーを乗せられなかったのは予想外でした。

【エンジン性能】
パワフルではありませんが必要十分なパワーです。高速道路の上り坂での追い越しには、少し物足りなさを感じるときもあります。
ハイブリッドシステムがこまめに制御されているのが、モニターを通じて楽しめます。

【走行性能】
高速主体の印象となりますが、十分安定しています。郊外の道を走ることもありますが、思い通りにコーナーを走ってくれます。
レーン逸脱防止、追従機能付のクルーズコントロールは大変便利です。このおかげで、高速道路の長時間運転でもほとんど疲労はありません。
ブレーキ容量も十分だと思います。ハイブリッド車の定めか、低速でのブレーキ操作には気を遣いますね。

【乗り心地】
縦・横の揺れが少なく乗り心地は良好。硬いとか柔らかいとかではなく、しっかりした感じで、SUVとしてはいいと思います。シートも良いと思います。

【燃費】
平均して19km半ば/リットルで、期待していたほどではありません。高速道路主体であることが理由でしょう。市街地では燃費が伸びます。

【価格】
このクルマに限らず、10年前と比較するとクルマの価格は全体的に上がっていると感じます。

【総評】
さまざまな装備や走行性能などを考えると、総合的によくできていると思います。
スタイルに好き嫌いがありますが、私は良いと思いますし、大家族ではありませんので、長く乗り続けると思います。
そして、これからクルマがどのように進化していくのか、楽しみです。

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
サイドビュー&立体感のあるリヤが好きです。
夜間ロック解除時のウェルカムランプは納車後に知り、感動しました。
デイランプが正面から見ると直線的なので、もう少し角度があればスタイリッシュかな?と個人的に思いました。

【インテリア】
ブルーLEDやピアノブラック調が多く、特にセンターコンソール付近は高級感があります。
ダイヤ調モチーフのインテリアですが、そこは造形ではなく質で勝負してほしかったです。
またハンドルスイッチもダイヤ型なので、カド部を不意に押してしまうこともあります。

収納は小さく少なく、グローブBOXには車検証くらいしか入りません(取説は、後トランク下に収納してます。)
グローバルモデルということもあり、国内専用ユーティリティーは少ないので、アフターパーツ等で工夫。
自分色に染めやすいといえば染めやすい。

【エンジン性能】
ハイブリッドの進化を感じました。
必要最低限のエンジン始動でアイドリングも静か。走り出しもハイブリッドらしい力強さです。

【走行性能】
純正にしては、足回りがほどよく硬くある程度の速度でも停まる・曲がるが素直です。
またトヨタセーフティセンスがあるため、うっかりを防止してくれるのも安心です。
(あくまでサポートですが)

【乗り心地】
良いです(この価格帯で乗り心地が悪かったら売れないです)

【燃費】
平均20km/Lくらい。乗り方が悪い?

【価格】
他メーカー同車格と比べたら
装備(安全装置レベル含め)や品質を考慮するとこれくらいかな?&トヨタ価格ですね。

【総評】
家族構成としては3人(子供は小学低学年)。
たまに自分の親等で最大5名乗車です。

5人乗るとさすがに狭いです。

もともとミニバンだったため、
またミニバンにするか?ハリアークラス、CX-8クラスのSUVにするか?
迷いました。

平日は嫁のみ
週末に家族3人で近場ショッピングがメインのため
維持費も考え、コンパクトSUVに。

6か月の間に1泊2日の旅行も行きましたが、特段問題もなかったです。
(ラゲッジカバーを外す等はやりました)

家族そろっての長距離移動が多いファミリーには不向きです。。。(わかると思いますが)

大きい車は子供がある程度大きくなってからでも買える!
普段使いのコンパクトカーと、たまの旅行等で便利な大型車を天秤にかけました。
ってことで走りも含め、必要十分のC-HRに行きつきました。

人気車種だけあってアフターパーツも多く、カーライフが楽しいです。

出典元:価格.com より出典

トヨタ・C-HRのまとめ

トヨタ C-HR

Flickrより出典

トヨタ・C-HRについてまとめていくと、独特なデザインが魅力的でスポーティで軽快な走りが非常に魅力的なコンパクトSUVとなっています。燃費性能も抜群で、経済的でお財布にも優しいですし新車価格もそこまで高すぎないというのも魅力です。

誰にでも受け入れやすく乗りやすいので、家族兼用で乗られる方などにもおすすめできるコンパクトSUVとなっています。値引き額も上昇中で、今が新車で買い!?非常におすすめの一台です。独創的なコンセプトはハマると最高の相棒になってくれます。気になっている方はぜひ一度トヨタ・C-HRの試乗をしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事