1. HOME
  2. 車の維持費
  3. レクサス・RC-Fの維持費紹介-スペック/中古価格/実燃費
車の維持費
Lexus RC F

レクサス・RC-Fの維持費紹介-スペック/中古価格/実燃費

レクサス・RC-Fの維持費紹介!!気になるスペックから中古価格、実燃費情報まで詳しく紹介していきます。これからレクサス・RC-Fを乗りたい、参考にしたい、自分の乗っているクルマが詳しく知りたいという方におすすめの記事です。

レクサス・RC-Fのスペック(主要諸元)

Lexus RC F

Flickrより出典

レクサス・RC-Fのスペック(主要諸元)を紹介していきます。

レクサス・RC-F
グレード名 RC-F Performance
新車価格 14040000円
車両型式 5BA-USC10
駆動方式 FR
変速機 8AT
ドア数 2ドア
定員数 4人
車長×車幅×車高 4710mm×1845mm×1390mm
車重 1720kg
ホイールベース 2730mm
トレッド 前:1555mm

後:1560mm

タイヤ 前:255/35R19

後:275/35R19

ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク

後:ベンチレーテッドディスク

レクサス・RC-Fのスペック(エンジン諸元)

レクサス・RC-Fのスペック(エンジン諸元)を紹介していきます。

原動機型式 2UR-GSE
気筒配列 V型8気筒
排気量 4968cc
最高出力 481ps(354kw)/7100rpm
最大トルク 54.6kgm(535N・m)/4800rpm
圧縮比
吸気方式 NA
使用燃料 ハイオクガソリン
カタログ燃費 8.5km/L

レクサス・RC-Fの新車価格と中古価格

レクサス・RC-Fの新車価格と中古価格を紹介します。

新車価格 1404万円
中古価格 平均504万円

レクサス・RC-Fの実燃費

レクサス・RC-Fの実燃費はどれくらいなのか、実際に乗られている方の実燃費を統計して平均した実燃費を紹介します。

実燃費 8.0km/L

レクサス・RC-Fの維持費紹介

レクサス・RC-Fの気になる維持費を紹介していきます。尚、車検時に必要な重量税、自賠責保険代は一年に換算して計算します。車検代については一年間に平均して必要なコストを換算して紹介です。オイル交換は5,000km毎に交換、タイヤ交換については2年に1回交換すると考え一年に換算したものとします。任意保険料はあくまでも目安として金額としてお考えいただくための参考価格です。ガソリン代は年間に1万km走行すると考え、1Lを150円として計算した金額ですので、今回紹介する維持費あくまでも目安としてご覧いただくようお願います。

年間維持費名 年間維持費額
自動車税 88000円
車検費用 60000円
重量税 16400円
自賠責保険 13920円
ガソリン代 192000円
タイヤ交換 30000円
オイル交換 15000円
任意保険料 110000円
年間維持費合計 525320円

レクサス・RC-Fの年間維持費を月に換算して計算してみると、43776万円ほどになります。ローンで購入するとさらに加算されるので、購入時はできるだけ購入費用を入れるか、一括での購入がおすすめです。

レクサス・RC-Fのグレード別一覧

レクサス・RC-Fのグレード別に購入価格、燃費などを紹介していきます。

グレード名 購入価格 燃費 排気量 駆動方式
TM 馬力
Carbon-Exterior 1030万円 8.2km/L 4968cc FR 8AT 477ps
BaseGrade 1021万円 8.5km/L 4968cc FR 8AT 481ps

レクサス・RC-Fのインプレ紹介

これからレクサス・RC-Fの購入を考えている方、参考にしたい方のために実際に乗られている方のインプレを紹介していきます。

【エクステリア】
一目見てカッコいいと思いました。
2ドアクーペでボディのラインが何とも言えません。
フェンダーが大きく張り出しているものカッコいい要因だと思います。
フェンダーですが、リアは少しですがオーバーフェンダーが追加されています。
これはタイヤによっては同じサイズでもリムがはみ出すタイヤを想定して装着されたそうです。
こういった配慮はいいと思いますし、ツライチにするにはいい装備だと思いました。
(車が車なのでそういじる人はいないかもしれませんが)

試乗した車はブラックでした。
ブラックは小さく見えてしまい、ボディのラインも分かりづらいと思います。
でもまとまっていると思いますし、グリルを目立たせなくない人にはいいかもしれませんね。
個人的にはイメージカラーのブルーがいいと思いました。
レッドやオレンジもキレイでいいと思います。
ラインがキレイに見えるのはシルバーでしょうか?(あくまでも個人的な意見です)

【インテリア】
まずシートがいいです。
値段が値段なので当たり前かもしれませんが、ホールド性も十分で座っていて落ち着きます。
このシートならサーキットでもレースでなければ問題ないと思います。
長距離を運転しても疲れない素晴らしいシートだと思いました。
メーターはタコメータが中心でインフォメーション表示等収まっていました。
メータですが、ドライブモードで表示が変わってくるのもよかったです。
スピードメータは小さめですが、340km/hまで表示されています。
ちなみに国内は190km/hでリミッターが作動するらしいです。
後部座席もありますが、常時人が乗るのは少しキツイと思います。
でもドリンクホルダーもあり、子供や身長があまり大きくない人なら大丈夫かもしれません。

試乗車はブラック&アクセントオレンジでしたが、オレンジがいい感じで名前の通りアクセントになっていました。
ボディカラーがブラックだったので余計にそう思うのかもしれませんが。
ブラック&アクセントオレンジ以外にもブラック、フレアレッド、ホワイトも選べるのでボディカラーに合わせて選ぶ楽しみがあっていいと思いました。

【エンジン性能】
V8の5Lで477馬力あるエンジンはパワーも申し分なく、キレイに回って気持ちがいいです。
特に高回転の音はよかったです。
低回転でもギクシャクした感じはなく扱いやすいと思います。
でもドライブモードをスポーツモードS+で市街地を走ると少しエンジンがうなり気味で「もっと踏ん」でと言われているような感じになりました。
市街地はノーマルかいいと思います。

【走行性能】
低速から高速まで終始安定していて運転しやすかったです。
特に高速の安定性は抜群だと思いました。
運転が上手くなったような感覚になりますが、車の制御のおかげです(笑)
でも制御は邪魔にはならないで自然な制御で違和感がありませんでした。
ブレーキがスリット入りのローターで若干音が出ていますが、不快になるようなものではなかったです。

【乗り心地】
19インチの35扁平というタイヤを履いているので路面の凹凸は拾いますが、ボディーの剛性が高いことと、足回りのよさで乗り心地は悪くなかったです。
高速道路では快適でした。

【燃費】
ハイブリッドやクリーンディーゼルではないので燃費はお世辞にもいいとは言えませんが、5Lという排気量を考えると悪くはないと思います。
そもそも燃費を気にして乗る車ではないので、運転する楽しさとトレードオフですね。

【価格】
誰もが気軽に購入できる価格ではないので絶対的な価格は高いのでしょうね。
ですが、車の性質や能等考えると妥当なのでしょうね。

【総評】
題名にもありますが、誰もが気軽に運転できる高性能なスポーツカーだと思います。
でも値段だけは気軽にというワケにはいきませんが…。
レクサスのスポーツカーにはLFAがありますが、限定車なのでこのRCFがイメージリーダとなる車になると思います。
買う買わないは別にしてもやはり華がある車がラインナップにあるといいですよね。

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
曲線が美しい。
最近のレクサスはスピングリル?を良くも悪くも言われるが、それよりも車体の曲線が素晴らしい。もう少し車高は低ければよかった。
【インテリア】
装備などはあまり気にしないがマクレビサウンドは満足度はたかい。
【エンジン性能】
トルク・パワー満足、v8サウンドはハマる。低速ではMモードでシフトチェンジがややもっさり感あり、その他のレスポンスはほぼ満足しているがこのシフトチェンジは不満ある。
【走行性能】
安定している。あまり走りはこだわらないので充分。
【乗り心地】
不思議と街乗りでは快適性がある
【燃費】
6-7
【価格】
やや高いかな
【総評】
当方の車歴から学んだことは、車に100点を求めてはいけない、どこかしら不満点などあるもの。あとは人それぞれの予算や特に何を求めているかで購入対象となるもの。当方は特に音にこだわりがある。カーステレオサウンドやエンジンサウンドを重視している。予算内でその両方をより満たした車がこれであった。 

出典元:価格.com より出典

レクサス・RC-Fのまとめ

Lexus RC F

Flickrより出典

ハイパワースペックでさすがの仕上がりであるレクサス・RC-F。スペックも高いが価格も高い、だがそれだけの魅力が詰まっている最高のスポーツカーとなっています。維持費にかかるコストも高く、維持をしていくにはそれなりの覚悟が必要です。平均年収くらいのサラリーマンでは少し厳しい維持費コストがかかってくるので、収入を増やしてから購入することでレクサス・RC-Fの維持をしていくことが可能になります。

デザイン、スペックともレクサスらしい最高の仕上がりでオーナー様を満足させられる至高の一台となっています。

マイメロ



おすすめ記事