1. HOME
  2. 車、バイクのエンタメ情報
  3. 車中泊におすすめの車5選-快適に過ごす方法や便利グッズ紹介
車、バイクのエンタメ情報

車中泊におすすめの車5選-快適に過ごす方法や便利グッズ紹介

車中泊のイメージ的に快適に寝れないのでは?体がだるくない?など思われる方も多いと思います。ですが、車中泊のメリットとして出先でホテルに困らない、時間に制約がなく経済的です。そんなメリットの多い車中泊を快適に過ごす方法をこの記事で紹介していきます。

車中泊とは?

車中泊とは、車での楽しみ方の一つとして近年では流行し、様々なグッズも販売されています。

ホテルなどに泊まるよりも経済的で、ホテルなどのチェックインによる時間の制約もなく自由に寝泊まりできることが車中泊の大きな特徴です。

車中泊のイメージとしてはしたことがない方からすれば、寝れるの?快適に過ごせるの?と思われがちですが、工夫次第で快適で最高の空間を作ることが可能です。

そんな車中泊の快適に過ごす方法を詳しく紹介していきます。

車中泊におすすめの車は?

自動車

車中泊をする際に大事なのは車です。そこで、車中泊におすすめの車を5台選抜しましたのでご参考までにご紹介します。

軽自動車でも乗用車並みの広さ【ダイハツ ウェイク】

スーパーハイトワゴン ウェイク

Wikipediaより出典

軽自動車の中で室内広さナンバーワンであるダイハツウェイクは車中泊に超最適な軽自動車です。

ウェイクのシートはフルフラットになるだけでなく、大人が寝転んでも楽々なスペースがあります。軽自動車とは思えない広さで車中泊を楽しませてくれること間違いなしの車です。

高級ミニバンでの最高の車中泊【トヨタ アルファード/ヴェルファイア】

Wikipediaより出典

国内ミニバンでも絶大な人気と重厚で最高の高級感があるアルファード&ヴェルファイアは、室内の高級感と広々とした車内で車中泊を最高の空間にしてくれます。

高級な空間で最高の車中泊を楽しめます。

トヨタ ヴェルファイア 30系

Wikipediaより出典

乗り降り楽々ミニバン【ホンダ ステップワゴン】

Wikipediaより出典

低床設計で乗り降り楽々、ファミリーにピッタリの車中泊スタイルをすることができます。

トランクルームの開閉も縦横に可能で使い勝手も良く車中泊にもキャンプなどにも役立つこと間違いなしです。

キャンプなどにもおすすめ【日産 エクストレイル】

Wikipediaより出典

アウトドアシーンで大活躍するSUVでも、エクストレイルは荷室の広さもあり、シートもフルフラットになるので車中泊をするのにおすすめのSUV車です。

オフロードにも対応しているので、いろいろなシーンの車中泊に活躍してくれます。

車中泊で絶大な人気を誇る【トヨタ ハイエースバン】

Wikipediaより出典

車中泊にもピッタリなハイエース。カスタム車両も非常に多く、車中泊専用のカスタムパーツまで用意されており純正のパーツでも用意されています。

室内の広さも申し分なく、全車種の中で1番車中泊に向いている車種ですが、カスタム前提なので車中泊をするまでに多少のコストがかかることは仕方ないですが、カスタム次第では最高の車中泊空間を作ることが可能です。

車中泊を快適に過ごすにはプライバシーを守る

車中泊を快適に過ごすには必ずしておきたいのはプライバシーの保護です。

睡眠時に誰かに見られていると思うことはストレスになりますし、睡眠の妨げにもなります。そこで車中泊を快適に過ごすためにするプライバシー保護の方法を紹介していきます。

カーテンをつける

Amazonからの出典
Amazonからの出典

車中泊を快適に過ごすためにプライバシー保護は絶対です。簡単に出来る作業の一つがカーテンを取り付けることです。

一度取り付けてしまえば簡単に開閉することが可能ですし、必要な時にカーテンを閉め、また走行するときには開けておけば良いだけですので面倒な手間はなくおすすめです。

取り付けもとても簡単なので誰でもできる作業で、女性や子供にでもできる作業です。

サンシェードを取り付ける

Amazonからの出典
Amazonからの出典

車にカーテンを取り付けたくない方にはおすすめのサンシェード。車を停車したときに窓に貼り付けておくだけで、外と中の空間を完全にシャットダウンしてくれるのでプライバシー保護は抜群です。

車中泊を快適に過ごすにはベッドを作る

車中泊を快適に過ごすためには、自宅で寝ているようにストレスなく寝るという状態を作ることが重要になります。

フルフラットな状態を作ることが重要になりますので、専用のマットや汎用できるマットを車のシートを敷きより快適なベッドをつくることが重要になってきます。

ベッドを作る方法をいくつか紹介していきます。

車種別専用マット

Amazonからの出典
Amazonからの出典

車種別設計だからこその安心感とピッタリフィットするのでデザイン性もあり、車中泊もカッコよく決まります。

完全フルフラットになるので、ストレスなく寝ることもできますし、さらに汎用マットなどを敷くことでさらに快適に車中泊を過ごすことができます。

汎用マットレス【エアーマット】

Amazonからの出典
Amazonからの出典

汎用マットレスの中でもおすすめなのが、エアーマットレスです。エアーマットレスは非常に便利なマットレスで、車中泊するときだけ空気を入れマットレスにし、使い終われば空気を抜くだけでコンパクトに収納可能なので荷物を積むスペースを最小限にすることができます。

普通のマットレスよりもクッション性は落ちますが、快適に過ごすことは可能ですしコンパクトに収納可能ということがエアーマットレスの良いところです。

寝袋もおすすめ

Amazonからの出典
Amazonからの出典

アウトドアやキャンプなどに使われることの多い寝袋も車中泊におすすめです。

快適に過ごせますし、アウトドアやキャンプ気分を味わえ車中泊というものを最大限に楽しむことができます。日常にはない体験ですので、寝袋もありです。

自作ベッドを作る

Amazonからの出典
Amazonからの出典

ベッドキットという車種別に設計されたキットがあります。完全にベッドを作る作業になり手間がかかる作業ですが、自作で制作するだけあって車中泊というものを楽しめることもでき、カスタムも楽しめますので、カスタム好きには最高です。

また、ベッドキットではなく完全に自作でベッドを作られている方もたくさんいます。参考までに下記にて紹介しておきます。

yamani

やんやんファミリーのブログ

まさにプロレベルの製作をされていますのでかなり参考になられるかと思います。

車中泊を快適にしてくれる便利グッズ

これがあれば車中泊はかなり快適になるという便利グッズを紹介していきます。

意外に重要な照明

Amazonからの出典
Amazonからの出典

車中泊に意外にも欠かせないのが証明グッズです。車内での探し物などする場合に必須になってきますし、いざというときのための防災グッズにもなります。

LEDで寿命も長く、長時間使えるのでとても重宝します。

車内での食事に欠かせないテーブル

Amazonからの出典
Amazonからの出典

テーブルなんて必要?なんて思われるかもしれないですが、あったら便利ですしなければ意外にも不便に感じるものです。

もし車内で食事をする場合などはテーブルがあると非常に便利です。

飲み物や食べ物を保存するためのクーラーボックス

Amazonからの出典
Amazonからの出典

せっかく購入した飲み物、食べ物などを保存しておくのに便利なクーラーボックスは車中泊時にあると非常に便利です。

真夏でも真冬にもオールシーズン役立ち便利グッズになります。

車中泊を快適に過ごすために場所を選ぶ

車中泊を快適に過ごすために大事なのはどこで車中泊をするかです。

おすすめなのは、サービスエリアや道の駅の近くでトイレや温泉などが設備されているところがおすすめです。

食事もできますし、飲み物もすぐに手に入りますのでおすすめです。

車中泊を快適にし、存分に楽しむ

車中泊を快適な空間にすると、車中泊をグッと楽しさレベルを引き上げてくれます。

車中泊を楽しむことで、さらに快適さを求めるようになりドンドン車中泊の虜になることでしょう。旅行や急な遠出の際にホテル代を浮かせることもでき経済的でもありますし、日常にない非日常的な空間を楽しむこともできます。

一度車中泊を快適に過ごしてみれば車中泊の楽しさに夢中になることは間違いなしです。

おすすめ記事