1. HOME
  2. 外車
  3. フォード マスタングVSシボレー カマロ-ライバル車を徹底比較
外車

フォード マスタングVSシボレー カマロ-ライバル車を徹底比較

マスタングにカマロどちらもアメリカを代表するマッスルカーであり、販売開始時期も近かったため常にライバル車として競い合ってきたアメ車同士です。マスタングとカマロどちらが優秀な車なのか、走行性能や燃費性能などの比較をしていきます。

フォード マスタングとは?

アメ車 中古 おすすめ

Wikipediaより出典

1964年に発売開始されたアメリカンスポーツの代表ともいえる車、フォード マスタング。

ド迫力な見た目と、インパクトある走行性能を持ちながらも運転のしやすさもあり人気を獲得して現在でもモデルチェンジを続けながら進化をしつづけています。

ポニーカーと呼ばれる由来を作ったのもこのマスタングで、マッスルカーとも言われていて、まさにアメリカを代表するスポーツカーとなっています。

シボレー カマロとは?

Wikipediaより出典

1967年に発売されたシボレー カマロは常にフォード マスタングとライバル関係であり、1969年に開催されたトランスアメリカンチャンピオンシップにてフォード マスタングを破り、優勝を遂げています。

現在でも進化は続いており、最近ではモデルチェンジされ最新技術を取り入れ増々カマロという車が化物染みてきているかがわかります。

マスタングとカマロには切っても切れないライバル関係が常にあり、どちらも譲らずアメリカを代表するマッスルカーです。

マスタングとカマロを比較

マスタングとカマロどちらが優れているのか?デザインは個人差があるのでさておき、走行性能や燃費性能はどちらが優れているのか?スペックや機能を徹底的に比較していきます。

尚、どちらも同じ年式のもので、グレードはどちらも標準グレードのものとします。

マスタングのスペック

 マスタング(2014年式)価格  新車価格440万円 中古相場19万~5,400万円(全年式含む)
 全長×全幅×全高  4,815mm×1,880mm×1,415mm
 ホイールベース  2,720mm
 車重  1,620kg
 排気量  3,721cc
 最高出力  309ps(227kW)/6,500rpm
 最大トルク  38.7kg・m(378N・m)/4,250rpm
 エンジン  水冷V型6気筒DOHC

カマロのスペック

 カマロ(2014年式)価格  新車価格468万円 中古相場30万~1,280万円(全年式含む)
 全長×全幅×全高  4,840mm×1,915mm×1,380mm
 ホイールベース  2,855mm
 車重  1,710kg
 排気量  3,562cc
 最高出力  327ps(241kW)/6,800rpm
 最大トルク  38.4kg・m(377N・m)/4,800rpm
 エンジン  V型6気筒DOHC

マスタングとカマロのスペックを比較してみたも大差のないスペックですが、カマロの方がボディが大きく重量も重いです。

マスタングはボディが少し小さく、重量が軽い分カマロより少しだけ走行性能に有利と言えます。

マスタングの水冷V型6気筒DOHCとカマロのV型6気筒DOHCはどちらが速いか気になるところです。

マスタングとカマロの燃費を比較

フォード マスタングの燃費・・・6,8~8,6km/L

シボレー カマロの燃費・・・6,6~8,0km/L

上記の通り燃費性能はマスタングに勝敗が上がりましたが、マスタングとカマロお互いに大差はない結果になりました。

マスタングとカマロの加速勝負

マスタングとカマロどちらが0-100km/h加速のタイムが速いのかを検証してみました。

・マスタング0-100km/h加速タイム・・・5,8秒

・カマロ0-100km/h加速タイム・・・6,0秒

という結果になりましたので、加速性能はマスタングの方が上ということになりました。

マスタングとカマロは永遠のライバル

マスタングにカマロこれからもお互いに切っても切れないライバル関係を持ちながらも、最高のライバルとしてお互い進化を続けていくのは間違いないですし、永遠のライバル車として競い合っていくことでしょう。

スペックや加速、燃費を比較してもどれも大きな大差はなく、マスタングが加速性能と燃費性能を上回る結果に今回はなっています。

マスタングにカマロとどちらも古き良きアメリカンスポーツを代表する車で、マッスルカーやポニーカーなどと呼ばれこれからもアメリカを代表するスポーツカーとして活躍していくことでしょう。

マスタングとカマロを今度はレースで勝負させたらどういう結果になるのか楽しみです。

おすすめ記事