1. HOME
  2. エンタメ情報
  3. 【感想】ワイルドスピードのシリーズ初作品を見た個人的な感想「いい意味で独特な世界観」
エンタメ情報

【感想】ワイルドスピードのシリーズ初作品を見た個人的な感想「いい意味で独特な世界観」

今回この記事では、ワイルドスピードシリーズ第一作目となるワイルドスピードについての個人的な感想を紹介しましょう。現在のような世界を救う、みたいな壮大なスケールで描かれていたわけではなく、初期作品はどちらかといえばB級映画です。いやでも、いい意味で独特な世界観ありますよ。

ワイルドスピードのあらすじ


ワイルドスピードのあらすじは説明なんてしなくていいからっという感じでしょうが、一応説明させてください。

ロサンゼルスでストリートレースを夜な夜なしているドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)は一度のレースで1万ドルも稼いでしまうほどの大物ストリートレーサー、そしてドミニク・トレットに挑戦する謎めいたイケメン男子ブライアン・スピルナー(ポール・ウォーカー)はストリートレースで負けてしまう。だが、その後ドミニクたちと仲良くなっていくのだが、実はブライアンは連続トラックハイジャック事件を追う潜入捜査官であり、ドミニクたちファミリーをにらんで潜入しているのであったが、ドミニクに恩義、義理人情を感じ始め、さらにはドミニクの妹ミアと恋に落ちてしまい、警察よりではなくドミニクたちよりに肩を持ち始める。その後、の内容はしっかりと本編を見てもらうことにしましょう。

ここからはワイルドスピードを実際に見た感想を個人的主観で語っていきます。

ワイルドスピードを見た感想

ワイルドスピードを見た個人的な感想をまとめていくとしようか。まず始まりのトラックをハイジャックするシーンでのホンダ シビックが非常にかっこいい(笑)という始まりの印象深さ、そしてその次にシーンがかわりブライアンが乗る三菱 エクリプスのド派手カラーにおっ!!っと思わされました。関係ないですが、コンバース履いてるブライアンが個人的に大好きです!!

そして、ドミニクのお店でミアのまずいと言われているツナサンドを私も食べてみたいと思っています。ここから来る奴らの中に自分の好みのR32型のイエローはなぜ話題にならないのでしょうか(笑)

でもね、やっぱり印象的だったのはブライアンが異常に運転がへたくそだということ、これはあまり納得いかんな。車の窃盗なんかをしていたという設定になっているのになぜスタート位置にもピッタリ止めれないくらいのへたくそを演じたのでしょうかというところ。多少はここで普通に運転できるブライアンであってほしかったかもね。ドミニクのFDはめちゃかっこいい、このレッドカラーはたまらんです。

やめろぉって思ったシーンはね、ブライアンのエクリプスがマシンガンで撃たれて「あぁー!!」って感じ、そしてブライアン「いったいぜんたいどういうことなんだ?」ドミニク「話せば長くなる」、そして話した内容がすっごい短く済む内容でちょっと笑いましたね。

そんなこんなで、ブライアンはしっかりとドミニクにがっつり近づくことができました。というベタな物語の展開ですが、ここでこういう展開時に必須キャラである疑う、そして嫌うというやつもいるんです。そうです、ヴィンスがそうですね。

そして、物語の中盤でようやくブライアンが潜入捜査官だということが明かされました。このときは「マジかっ!!」っとは思いませんでした(笑)、知っていたということもありますがストーリーの進行的にそんな感じだろうと大体の予想がこういう洋画が好きなかたなら勘づくでしょう。

ここから、一気にドミニクたちに近づくブライアン、ドミニクの工場にボロッボロのスープラをゼロヨンカーの代わりに持っていきます、馬鹿にするもののエンジンルームを開けた途端、ガラッと変わり、1万5000ドルをつぎ込めば無敵の必殺マシンになるということです。そして完成するのがオレンジスープラ。これ非常に有名なスープラで、カスタマイズを真似するかたは今でも非常に多いんですよ。

そして手掛かりがなかなかつかめないブライアンにこっちもひやひや、もっともっと激しい展開に期待していたので、ちょっと残念、ドミニクたちに近づきすぎたのかな。ミアといい関係になりすぎたのか、ブライアンの人情が強いということがひしひしと伝わってきます。

レースウォーでいろいろあり、そしてあまりの展開ですが、レースウォーの夜、ドミニクたちは大きな仕事に出かけることになり、今までで一番のトラックジャックになるということなのですが、ここで大事件、ヴィンスが腕がR18指定くらいの激しいケガを負い、そして助けるためにブライアンは自らドミニクに警察だということをバラすことになります。ここはブライアンの心意気をドミニクたちは感じてあげてほしいです。

その後はあのエクリプスをマシンガンでぶっ壊したやつらがジェシーを撃ち、それに怒るドミニク、ブライアン、ともにそいつらをやっつけて、なぜかゼロヨンレースをして、ブライアンはドミニクを逃がして物語は終わり。最終的な感想として、ブライアン、警察になった意味ある!?普通にドミニク側な人間な気がするし、正義感よりも義理人情で動いちゃうタイプっぽいからな(笑)

とりあえず、おもしろいか、おもしろくないかでいえば、普通に面白いし楽しく見える映画。これからワイルドスピードを見るという方でも楽しめますし、ワイルドスピード作品は全部見ているという方でももう一度よくワイルドスピードを見てほしいです。やっぱりこっちのB級作品という形も最高に面白い、出てくる車も日本車ばっかりでめっちゃ楽しめる作品となっています。ワイルドスピードおすすめ!!

Ucar査定

おすすめ記事