1. HOME
  2. 外車
  3. 憧れのプレミアムSUVランキングTOP8-大激戦のプレミアムSUV市場
外車

憧れのプレミアムSUVランキングTOP8-大激戦のプレミアムSUV市場

近年SUVブームということもあり、世界の有名な自動車メーカーも参入するほどとなっています。ワンランク上のプレミアムSUVと呼ばれ憧れる方は非常に多いです。そこでこの記事では憧れのプレミアムSUVをランキング形式にて紹介していきます。

憧れのプレミアムSUVランキング第8位:ランドローバー レンジローバー

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第8位は、ランドローバー レンジローバーになります。2013年にデビューしてからマイナーチェンジが2018年に行われており、軽量化により抜群の走りにSUVらしい走破性に加え、実用性にも優れているPHEVが非常に魅力的です。

街中での走行性能であれば間違いない走り、ランドローバー レンジローバーのすごいところは砂漠を走れるほどの走破性があり荒れ果てた道すべてに対応できるほど至高の最上級オールラウンダープレミアムSUVになります。

内装のインパネ類は非常に豪華でモダンに仕上げられた空間にドライバー自身、高揚感で抑えきれない鼓動に初乗りでは衝撃が走り、同乗者はなんともエレガンスな乗り心地はまさにプレミアムSUVです。

ランドローバー レンジローバーのスペック

flickerより出典

ランドローバー レンジローバー(オートバイオグラフィ)
全長×全幅×全高 5005mm×1985mm×1865mm
ホイールベース 2920mm
トレッド 前:1695mm

後:1690mm

最低地上高 220mm
車両重量 2430kg
エンジン V型6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 2992cc
最高出力 190kw[258ps]/3750rpm
最大トルク 600Nm[61.2kgm]/2000-2500rpm
燃料タンク容量 86ℓ 軽油
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:275/45R21

後:275/45R21

最小回転半径 6.1m
JC08モード燃費 12.4km/ℓ
車両本体価格 1757万円

憧れのプレミアムSUVランキング第7位:ポルシェ カイエン

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第7位は、ポルシェ カイエンになります。ポルシェのSUVということもあり走行性能はもちろん抜群、デビュー当時からスポーツSUVというカテゴリーを牽引してきたモデルでブームを作ったのがこのポルシェ カイエンです。

SUVというよりスポーツカーと呼んだほうがふさわしい圧倒的なスポーティなスペック。2017年に販売が開始された3代目となるモデルではダイナミックでポルシェのシンボルともいえる911を基本としてたデザイン、フロントフードよりも高く位置するヘッドライトになだらかに後傾したルーフラインはまさにコンセプトにされています。

SUVながら550馬力という並みのスポーツカーでは勝てないほどのスペックをポルシェ カイエンにはあり、これはまさにプレミアムSUVというネーミングよりはスポーツSUVといったほうが失礼のない言葉かもしてないです。

ポルシェ カイエンのスペック

flickerより出典

ポルシェ カイエン(カイエンS)
全長×全幅×全高 4918mm×1983mm×1696mm
ホイールベース 2895mm
トレッド 前:-mm

後:-mm

最低地上高 210mm
車両重量 2020kg
エンジン V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量 2894cc
最高出力 324kw[440ps]/5700-6600rpm
最大トルク 550Nm[56.0kgm]/1800-5500rpm
燃料タンク容量 75ℓ プレミアム
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:255/55ZR19

後:275/50ZR19

最小回転半径 5.67m
JC08モード燃費 -km/ℓ
車両本体価格 1330万円

憧れのプレミアムSUVランキング第6位:BMW X7

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第6位はBMW X7になります。BMW X7はXシリーズの最新作でありXシリーズのフラッグシップモデルとなっています。もちろんフラッグシップとなるだけあり中身はXシリーズでもフラッグシップらしい最高級のスペックです。

エクステリアデザインからインテリアデザインまで風格を感じるインパクトあるデザインながら、BMWとわかるデザインとなっています。それだけでなくBMW X7は頭に焼き付けさせるようなインパクトはさすがフラッグシップモデルとなったX7です。

これほどまでにも頑丈そうで強固なSUVらしい見た目ながらも滑らかで乗り心地抜群、さすがプレミアムSUVとなっています。

BMW X7のスペック

flickerより出典

BMW X7
全長×全幅×全高 5165mm×2000mm×1835mm
ホイールベース 3105mm
トレッド 前:-mm

後:-mm

最低地上高 220mm
車両重量 -kg
エンジン 直列6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 2992cc
最高出力 195kw[265ps]/4000rpm
最大トルク 620Nm[63.2kgm]/2000-2500rpm
燃料タンク容量 -ℓ
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式
タイヤサイズ 前:285/45R21

後:285/45R21

最小回転半径 -m
JC08モード燃費 -km/ℓ
車両本体価格 1241万円

憧れのプレミアムSUVランキング第5位:アウディ Q8

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第5位はアウディ Q8になります。アウディ Qシリーズの新たるフラッグシップであり、そしてフラッグシップモデルとなったQ8は斬新的なエクステリアにラグジュアリーなクーペを意識させるデザインです。中身も魅了的で、さすがフラッグシップモデルといったところで、プレミアムSUVらしいラグジュアリーな乗り心地と安定した走りに抜群のハンドリングでアウディ Q8の完成度は圧倒的な仕上がりといってもいいほどになります。

インテリアも実に豪華、これほどまでにスペシャリティ溢れるブラックが基調となった高級感ある空間です。ドライバーだけでなく同乗者を特別な時間へいざなってくれる極上のプレミアムSUVです。

アウディ Q8のスペック

flickerより出典

アウディ Q8
全長×全幅×全高 4995mm×1995mm×1705mm
ホイールベース 2995mm
トレッド 前:-mm

後:-mm

最低地上高 210mm
車両重量 2140kg
エンジン V型6気筒DOHCターボ
総排気量 2994cc
最高出力 250kw[340ps]/5200-6400rpm
最大トルク 500Nm[51.0kgm]/1370-4500rpm
燃料タンク容量 -ℓ
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式
タイヤサイズ 前:275/50R20

後:275/50R20

最小回転半径 -m
JC08モード燃費 -km/ℓ
車両本体価格 992万円

憧れのプレミアムSUVランキング第4位:メルセデスベンツ GLS

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第4位は、メルセデスベンツ GLSになります。メルセデスベンツがラインナップするSUVは全部で7種類あり、その中でも頂点に君臨するメルセデスベンツ GLSはフラッグシップモデルです。

さすがメルセデスベンツのフラッグシップモデルのSUVだけあり重厚で高級溢れる乗り心地と走り心地は最高級、広大な室内空間は家族持ちでも大満足な空間となっています。ゴルフバッグも楽々積むことができるので、ゴルフ好きの富裕層にも非常に人気が高いです。

この大柄なSUV、258馬力もあるのでスムーズな走りとなっておりドライバーも運転がストレスフリーになります。安定感にも優れているので同乗者もストレスフリーでドライブを楽しむことができるさすがメルセデスベンツといったところです。

メルセデスベンツ GLSのスペック

flickerより出典

メルセデスベンツ GLS(GLS 350 d 4MATICスポーツ)
全長×全幅×全高 5140mm×1980mm×1850mm
ホイールベース 3075mm
トレッド 前:1675mm

後:1695mm

最低地上高 200mm
車両重量 2580kg
エンジン V型6気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量 2986cc
最高出力 190kw[258ps]/3400rpm
最大トルク 620Nm[63.2kgm]/1600-2400rpm
燃料タンク容量 100ℓ 軽油
トランスミッション形式 9速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:295/40R21

後:295/40R21

最小回転半径 5.7m
JC08モード燃費 11.3km/ℓ
車両本体価格 1238万円

憧れのプレミアムSUVランキング第3位:マセラティ レヴァンテ

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第3位は、マセラティ レヴァンテになります。V8エンジンという圧倒的な走りを見せつけてくれる圧巻さ、きびきびとした卓越されたハンドリング性能は非常に魅力的です。強烈な印象を与えるドライブフィーリング、それこそマセラティ レヴァンテの真骨頂ともいえます。

マセラティともいえる大人の色気はインテリア空間にこそ発揮される、赤と黒を基調としたインパネデザインでラグジュアリーで圧倒的なセンスを誇り滲み出るセクシーさは半端ではない仕上がりとなっています。

flickerより出典

flickerより出典

マセラティ レヴァンテのスペック

flickerより出典

マセラティ レヴァンテ(Levante TROFEO)
全長×全幅×全高 5020mm×1985mm×1700mm
ホイールベース 3005mm
トレッド 前:1645mm

後:1670mm

最低地上高 -mm
車両重量 2340kg
エンジン V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量 3798cc
最高出力 434kw[590ps]/6250rpm
最大トルク 734Nm[74.8kgm]/2500rpm
燃料タンク容量 80ℓ プレミアム
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:265/40R21

後:295/35R21

最小回転半径 5.85m
JC08モード燃費 -km/ℓ
車両本体価格 1990万円

憧れのプレミアムSUVランキング第2位:ベントレー ベンテイガ

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第2位は、ベントレー  ベンテイガになります。世界最高峰といってもいいほどのプレミアムSUVという仕上がりになっており、あらゆる道に対する走破性をもっておりプレミアムSUVの王者とも呼べる存在です。

走破性だけではなく、あまりにも豪華なインテリア空間は豊富な選択肢を与えたまさにゴージャスさはさすが世界最高峰のプレミアムSUVです。このインテリアの豪華さでありながら世界最速のSUV、価格もそれだけのプレミアム価格となっています。しかし、この価格帯だけのことはあると思わせてくれるプレミアムの中のプレミアムSUVです。

flickerより出典

ベントレー ベンテイガのスペック

flickerより出典

ベントレー ベンテイガ(ベンテイガ)
全長×全幅×全高 5150mm×1995mm×1755mm
ホイールベース 2995mm
トレッド 前:1689mm

後:1693mm

最低地上高 195mm
車両重量 2530kg
エンジン W12気筒DOHCツインターボ
総排気量 5945cc
最高出力 447kw[608ps]/6000rpm
最大トルク 900Nm[91.7kgm]/1350-4500rpm
燃料タンク容量 85ℓ プレミアム
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:285/40R22

後:285/40R22

最小回転半径 -m
JC08モード燃費 -km/ℓ
車両本体価格 2799万円

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第1位:ランボルギーニ ウルス

flickerより出典

憧れのプレミアムSUVランキング第1位は、スーパーカーブランドであるランボルギーニが創出した史上最強のスーパーSUV、ランボルギーニ ウルスになります。ランボルギーニ独自のデザインセンスに上質な仕上がりに、究極の走破性にインパクトが忘れられないほどの印象を与えられる造りです。

洗練された究極のつくりはランボルギーニらしい圧倒的なもの、650馬力のスーパーSUVでモンスター級の走りがありながらインテリアは強烈な印象を与えるエレガンスな仕上がりとなっています。レッド&ブラックを基調としたスポーティなカラーでまとまっておりスーパーカーブランドらしい仕上がりです。

財力が伴い、このランボルギーニ ウルスが好きというのであれば間違いなく購入をしておいて間違いない最高で至高プレミアムSUV、いやスーパーSUVと呼んだほうがふさわしいのかもしれないでしょう。

flickerより出典

ランボルギーニ ウルスのスペック

flickerより出典

ランボルギーニ ウルス(ウルス)
全長×全幅×全高 5112mm×2016mm×1638mm
ホイールベース 3003mm
トレッド 前:1695mm

後:1710mm

最低地上高 158~248mm
車両重量 2360kg
エンジン V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量 3996cc
最高出力 478kw[650ps]/6000rpm
最大トルク 850Nm[86.7kgm]/2250-4500rpm
燃料タンク容量 85ℓ プレミアム
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 4WD
タイヤサイズ 前:285/40ZR22

後:325/35ZR22

最小回転半径 -m
JC08モード燃費 8.1km/ℓ
車両本体価格 2816万円

憧れのプレミアムSUVはやはり圧倒的にすごい

憧れのSUVをこの記事で紹介してきましたが、やはりどのプレミアムSUVもさすがのスペックにプレミアムなデザインです。一般的なSUVよりも圧倒的な走りにエレガンスなインテリア、そして最高にプレミアムな価格帯は財力に余裕がないと確実に購入できないほどですが、一度今回紹介したプレミアムSUVを体感すると後には戻れないほどどれもすごいプレミアムSUVになります。

財力に余裕があるのであれば確実に乗っていただきたいものです。

マイメロ



おすすめ記事