1. HOME
  2. 国産車
  3. 【2019年最新】国産セダンおすすめ10選-やっぱり車はセダンでしょ!!
国産車

【2019年最新】国産セダンおすすめ10選-やっぱり車はセダンでしょ!!

車の基本的な形といえばセダン。セダンタイプにこだわる車好きも多い、そこでこの記事では2019年最新!!現行で購入できる国産セダンを10選チョイスしていきます。2019年最新国産セダンでおすすめなのはどの車種なのか?紹介です。

セダンとはどんな車のことを言うのか

セダンタイプの車はクルマという形の基本的な形で、昔からあるボディタイプです。3ボックス4ドアタイプの車をセダンと呼び、エンジンルーム、車内、トランクルーム3つが分かれているので3ボックスとなり、ドアが4つあることで4ドア、これがセダンタイプというボディの形状というのを認識しておきます。高級セダン、スポーツセダンなどのカテゴリーがありますが、一般的なセダンをトヨタ・プリウスや日産・ティアナを指し、高級セダンをトヨタ・クラウンやメルセデス・ベンツ、アウディ・A8などを指し、スポーツセダンを日産・スカイライン、スバル・インプレッサなどを指します。セダンという意味が分かったところで、2019年に現行で販売されている国産セダンおすすめを10選チョイスして紹介です。

国産セダンおすすめ①トヨタ・クラウン

日本を代表する高級サルーン、進化をし続ける高級セダン「トヨタ・クラウン」。2018年にフルモデルチェンジされて販売が開始され、エクステリアやインテリアが豪華にスポーティにレベルアップしています。流麗で引き締まったボディ、ハイセンスで品が高い室内、安全性能はフル装備、レクサス・LSとプラットフォームが共通化されいることで走りを向上させているので安定性能も高めです。従来のクラウンよりも実にスポーティ、ロングノーズでFR車らしいデザインで新たなトヨタ・クラウンの時代を予感します。

トヨタ・クラウンのスペック

トヨタ・クラウンのスペックを紹介していきます。

トヨタ・クラウン グレード:ハイブリッドRS
全長×全幅×全高 4910mm×1800mm×1455mm
ホイールベース 2920mm
車重 1770kg
最小回転半径 5,5m
エンジン 直列4気筒DOHC+モーター
排気量 2487cc
最高出力 135kw(184ps)/6000rpm
最大トルク 221N・m(22.5kg-m)/3800~5400rpm

トヨタ・クラウンの購入価格

トヨタ・クラウンの購入価格は、541万~718万円となっています。最高級グレードGエグゼティブになると714万円、諸経費などを合わせると乗り出し740万円くらいにはなるので、おすすめのグレードはS”Cパッケージ”で、乗りだし540万円以内でいけるので現実的に購入しやすい価格帯です。

国産セダンおすすめ②トヨタ・プリウス

Wikipediaより出典

セダンというボディタイプの代表的な存在でエコカーの代表でもあるトヨタ・プリウス。2015年にフルモデルチェンジされ、車作り改革TNGAに基づいて開発されているため、燃費性能や環境性能に関しても磨き上げられています。走る楽しさ、室内の快適性もあり運転もしやすいセダンです。本モデルはプリウス初となる4WDモデルもラインナップされて、走破性もアップしています。基本的なセダンらしいトヨタ・プリウスはこれからの未来でも活躍が期待されるセダンタイプの車です。

トヨタ・プリウスのスペック

トヨタ・プリウスのスペック紹介を紹介していきます。

トヨタ・プリウス グレード:A
全長×全幅×全高 4540mm×1760mm×1470mm
ホイールベース 2700mm
車重 1360kg
最小回転半径 5,1m
エンジン 直列4気筒DOHC+モーター
排気量 1797cc
最高出力 72kw(98ps)/5200rpm
最大トルク 142N・m(14.5kg-m)/3600rpm

トヨタ・プリウスの購入価格

トヨタ・プリウスの購入価格は242万円~339万円となっています。お手頃な価格帯で燃費性能も良く、環境性能にも特化しているのでコストパフォーマンスが非常に良いセダンです。

国産セダンおすすめ③日産・スカイライン

Wikipediaより出典

日産を代表するスポーツセダン、日産・スカイライン。マイナーチェンジが2017年に行われていますが、エクステリアなどに大きな変化はなくスポーティで上質なデザインです。他のセダンタイプより卓越した走行性能が強みで世界最高レベルの安全性能が導入されています。スカイラインGT-RからスカイラインとGT-Rというブランドが分かれてからも、スカイラインというネーミングだけに走りは抜群で、さすがスポーツセダン!!というレベルです。セダンでも走りも存分に楽しみたいという方におすすめのセダンになります。

日産・スカイラインのスペック

日産・スカイラインのスペックを紹介していきます。

日産・スカイライン グレード:350GTハイブリッド
全長×全幅×全高 4815mm×1820mm×1440mm
ホイールベース 2850mm
車重 1780kg
最小回転半径 5,6m
エンジン V型6気筒DOHC+モーター
排気量 3498cc
最高出力 225kw(306ps)/6800rpm
最大トルク 350N・m(35.7kg-m)/5000rpm

日産・スカイラインの購入価格

日産・スカイラインの購入価格は416万~584万円となっており、プレミアムセダンクラスの価格帯となっています。それでも最高グレードにしても、600万強程度で乗り出せるということで、スペックなどを考えると満足のいく価格帯です。

国産セダンおすすめ④日産・ティアナ

Wikipediaより出典

スタンダードなセダンでありながら、クオリティはプレミアムセダンと変わらないほどの日産・ティアナ。日本国内だけに止まらず、アメリカや中国など海外で人気も非常に高いセダンとなっています。モダンチックなスタイリングとプレミアムセダンと引けを取らないほどの室内空間での快適な乗り心地で、上質な空間を感じられる仕上がりです。大容量のトランクルームは非常に利便性があり、実用性も高いセダンタイプとなっています。日産・ティアナは車体自体が大きいため存在感は抜群で、ゆとりある室内でのんびりとしたドライブを楽しむことができるのでおすすめのセダンです。

日産・ティアナのスペック

日産・ティアナのスペックを紹介していきます。

日産・ティアナ グレード:XV ナビAVMパッケージ
全長×全幅×全高 4880mm×1830mm×1470mm
ホイールベース 2775mm
車重 1480kg
最小回転半径 5,7m
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量 2488cc
最高出力 127kw(173ps)/6000rpm
最大トルク 234N・m(23,9kg-m)/4000rpm

日産・ティアナの購入価格

日産・ティアナの購入価格は、256万~351万円となっており非常にお買い求めやすい価格帯となっています。2,5ℓエンジンなので、維持費にかかる税金コストも抑えられておすすめのセダンタイプの車種です。

国産セダンおすすめ⑤ホンダ・シビックセダン

Wikipediaより出典

ミドルサイズのセダンとして2017年に販売が開始されたホンダ・シビックセダン。流麗で新しいセダンという形のデザインで、走行性能はシビックというネーミングを背負っているだけにダイナミックな走りを期待できます。スポーツセダンとしてエンジンはVTECターボが搭載されており、走行は力強く、加速はスムーズに、操縦する喜びを体感させてくれるセダンです。ミドルサイズセダンとしてはトップクラスの居住性があり、室内のインテリアはスポーティでドライバーの満足度は高くなっています。

ホンダ・シビックセダンのスペック

ホンダ・シビックセダンのスペックを紹介していきます。

ホンダ・シビックセダン グレード:シビックセダン
全長×全幅×全高 4650mm×1800mm×1415mm
ホイールベース 2700mm
車重 1300kg
最小回転半径 5,3m
エンジン 直列4気筒DOHCターボ
排気量 1496cc
最高出力 127kw(173ps)/5500rpm
最大トルク 220N・m(22,4kg-m)/1700~5500rpm

ホンダ・シビックセダンの購入価格

ホンダ・シビックセダンの購入価格は265万円の一択グレードとなっています。性能の割にコストパフォーマンスは非常に高いという印象を受けるセダンです。

国産セダンおすすめ⑥ホンダ・レジェンド

ホンダ最上級セダン、ホンダ・レジェンド。マイナーチェンジされた2018年には画期的な3モーターハイブリッドシステムを導入されており、先進セダンとしてホンダのフラッグシップモデルともなっています。ロングドライブでも快適で楽な室内はさすが高級セダンと思わせる仕上がりです。パワフルさを感じさせる3.5ℓのエンジンでありながらハイブリッドということで燃費性能にも優れています。操縦性も高く、前後にモーターを搭載している4WDということもあり、非常に安定性が優れているのでドライバーの満足度が高いプレミアムセダンです。

ホンダ・レジェンドのスペック

ホンダ・レジェンドのスペックを紹介していきます。

ホンダ・レジェンド グレード:ハイブリッドEX
全長×全幅×全高 5030mm×1890mm×1480mm
ホイールベース 2850mm
車重 1990kg
最小回転半径 6,0m
エンジン V型6気筒SOHC+モーター
排気量 3471cc
最高出力 231kw(314ps)/6500rpm
最大トルク 371N・m(37.8kg-m)/4700rpm

ホンダ・レジェンドの購入価格

ホンダ・レジェンドの購入価格はグレードが一択のため707万円のみとなっています。オプションなどを追加していくとかなりの高額車両となってきますが、ホンダ独自の運転感覚と上質な作りは他のセダンを圧倒してしまうほどです。

国産セダンおすすめ⑦マツダ・アテンザセダン

Wikipediaより出典

マツダのフラッグシップモデルとなっているセダン、マツダ・アテンザセダン。スポーティでシンプルなデザインで飽きがこないエクステリア、インテリア空間も実にスポーティで上質な空間となっています。シンプルながらもそれが存在感を放ち美しささえも感じさせてくれるほどのセダンです。ガソリンモデルもラインナップされていますが、燃費性能や動力性能を考えるとディーゼルターボモデルをチョイスするのがおすすめできます。

マツダ・アテンザのスペック

マツダ・アテンザのスペックを紹介していきます。

マツダ・アテンザ グレード:XD
全長×全幅×全高 4865mm×1840mm×1450mm
ホイールベース 2830mm
車重 1610kg
最小回転半径 5,6m
エンジン 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
排気量 2188cc
最高出力 140kw(190ps)/4500rpm
最大トルク 450N・m(45.9kg-m)/2000rpm

マツダ・アテンザの購入価格

マツダ・アテンザの購入価格は282万~419万円となっています。燃費性能や動力性能なども含め維持費等を考えていくとディーゼルターボエンジンのモデルを購入するのがおすすめなので、360万円程度用意しておけば乗り出し可能です。

国産セダンおすすめ⑧スバル・WRX S4

Wikipediaより出典

ハイパフォーマンスセダンとして高い評価があるスバル・WRX S4。2014年に販売開始後、2018年にマイナーチェンジ、そのマイナーチェンジ後STI スポーツ アイサイトという性能を従来のものよりも極めるに極めた最上級グレードを追加されています。スポーツカー並みの馬力と操縦性はまさにハイパフォーマンスと言われる理由です。スポーツ性能は抜群でありながら、4ドアという特徴を活かした居住性と実用性で走行性能以外のところでも満足いく仕上がりになっています。国産スポーツセダンではスバル・WRX S4が最も高い性能をもっており、走りにこだわる方にも満足しますと断言できます。4ℓエンジンくらいのパワーを発揮するスバル・WRX S4は実用を求めながらも走行性能も諦められないという方におすすめのスポーツセダンです。

スバル・WRX S4のスペック

スバル・WRX S4のスペックを紹介していきます。

スバル・WRX S4 グレード:2.0GT アイサイト
全長×全幅×全高 4595mm×1795mm×1475mm
ホイールベース 2650mm
車重 1540kg
最小回転半径 5,5m
エンジン 水平対向4気筒DOHCターボ
排気量 1998cc
最高出力 221kw(300ps)/5600rpm
最大トルク 400N・m(40.8kg-m)/2000~4800rpm

国産セダンおすすめ⑨スバル・レガシィB4

Wikipediaより出典

スバル車らしい上質な走りを楽しむことができるスバル・レガシィB4。走行性能は評価が高いところですが、安全性能にも特化しており安全性はトップレベルとなります。それに加え、ワゴン車にも匹敵する大容量トランクで実用性のは非常に高いセダンです。くつろぎやすい車内の上質な空間はドライブを快適にしてくれ、ロングドライブでも快適に過ごせることができます。アイサイトによる運転支援に3つの走行モードを選択できるSI-DRIVEモードなど先進技術はしっかりと導入されているのでおすすめです。

スバル・レガシィB4のスペック

スバル・レガシィB4のスペックを紹介していきます。

スバル・レガシィB4 グレード:B4
全長×全幅×全高 4800mm×1840mm×1500mm
ホイールベース 2750mm
車重 1540kg
最小回転半径 5,6m
エンジン 水平対向4気筒DOHC
排気量 2498cc
最高出力 129kw(175ps)/5800rpm
最大トルク 235N・m(24.0kg-m)/4000rpm

スバル・レガシィB4の購入価格

スバル・レガシィB4の購入価格は302万~324万円となっており、スペックや使い勝手などの実用性を考えると非常にコストパフォーマンスの高いセダンとなっています。

国産セダンおすすめ⑩レクサス・LS

Wikipediaより出典

超高級セダン、レクサス・LS。2017年にフルモデルチェンジされ、特徴的なクーペシルエットとなりスポーティでゴージャスなエクステリアとなっています。スポーティなデザインに見合った走行性能もあり、299馬力のエンジンスペックは最高レベルの走りを体感することができる仕上がりです。それでありながらさすが高級セダンというくらいの静粛性で乗り心地も快適、ロングドライブも快適に過ごせ後部座席ではとてもリラックスできる優雅なスペースとなっています。インテリア空間は匠の技が光るハイセンスなデザインとなっており、乗った方を魅了させてしまう仕上がりです。価格帯は実にリッチですが、それに見合った性能と最新鋭の機能や装備などが備わっているため満足度は非常に高い高級セダンとなっています。

レクサス・LSのスペック

レクサス・LSのスペックを紹介していきます。

レクサス・LS グレード:500h
全長×全幅×全高 5235mm×1900mm×1450mm
ホイールベース 3125mm
車重 2210kg
最小回転半径 5,6m
エンジン V型6気筒DOHC+モーター
排気量 3456cc
最高出力 220kw(299ps)/6600rpm
最大トルク 356N・m(36.3kg-m)/5100rpm

レクサス・LSの購入価格

レクサス・LSの購入価格帯は981万~1680万円となっており、高級セダンというプレミアムな価格となっています。最上級グレードともなると乗り出し1700万円越えとインパクトがある価格となっていますが、それだけ価値がある車だということ、世界の高級サルーンを比較しても負けないくらいの品格がある高級セダンということは間違いなしです。

国産セダンおすすめ10選以外にもセダンはまだまだたくさんある

今回この記事で紹介してきた国産セダン以外にもまだまだたくさん国産セダンはあります。もちろん今回紹介したおすすめ10選ですが、紹介していないセダンも最高の車たちです。近年、SUVやミニバンなどのボディタイプに人気を持っていかれているセダンタイプですが、やはり車の基本はセダン!!好きな車の形という概念はこの先も変わらないのはセダンとなります。結婚や実用性が高くなくてはという理由からセダン離れされていますが、一度セダンに振り返ってみましょう。きっと実用性だって悪くないセダンに気づくはず!!やっぱり車はセダンでしょ!!そういう世代が増えると自動車業界もまたさらにセダンタイプの車をたくさん開発してくれるでしょう。

Ucar査定

おすすめ記事