1. HOME
  2. 国産車
  3. ダイハツ・タントのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介
国産車

ダイハツ・タントのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介

ダイハツ・タントは軽トールワゴンとして絶大な人気を誇るダイハツを代表する軽自動車です。2003年に販売が開始されてから現在まで軽自動車界のトップに君臨するほどの車であるダイハツ・タントについてこの記事では3代目のモデルをタントについてまとめていきます。

ダイハツ・タントとは

Wikipediaより出典

2013年よりフルモデルチェンジされ3代目となったダイハツ・タント。軽自動車の中でもトップクラスの人気と室内空間の広さと使い勝手の良さは非常に魅力がある軽トールワゴンとなっています。ファミリー向けに設計されているだけあり、ベビーカーが楽々収納可能、子どもの乗り降りのしやすさ、チャイルドシートに乗せるときの楽さは世の女性の味方ともいえる車です。また将来設計もしっかりしており、後部座席をたたむと大空間となり自転車が積載できるほどのスペースを確保することができるので、お子さんが大きくなってからのことも考えらえており良心的な車になります。また、助手席をたたむとテーブル設計になっており、ちょっとしたお出かけ先でのお食事でもしやすいのでとても工夫がされているのでお子さんがいる家庭にも、車中泊好きにももってこいです。運転席周りの収納スペースもしっかりあり、何かと荷物が多い主婦は非常に使い勝手の良い車と言えるダイハツ・タントについてここから詳しく紹介していきます。

ダイハツ・タントのスペック

Wikipediaより出典

グレード X”SAⅢ”
全長×全幅×全高 3395mm×1475mm×1750mm
ホイールベース 2455mm
車両重量 930kg
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 38kW(52ps)/6800rpm
最大トルク 60N・m(6.1kgf-m)/5200rpm
燃費(JC08燃費) 28.0km/L

ダイハツ・タントのグレード一覧

Wikipediaより出典

グレード名 エンジン TM 駆動方式 新車価格(万円)
L  

 

 

0.66ℓ直3DOHC

 

 

 

 

CVT

 

 

 

 

FF

122
L”SAⅢ” 128
X 135
X”SAⅢ” 142
G”SAⅢ” 153
カスタムX 152
カスタムX”SAⅢ” 159
Xターボ”SAⅢ” 0.66ℓ直3DOHCターボ 150
カスタムRS”SAⅢ” 170
カスタムRS”トップエディションSAⅢ” 174

※その他にもグレード設定があります。

ダイハツ・タントの購入見積書

Wikipediaより出典

ダイハツ・タントを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 1,315,000円
車両本体消費税 105,200円
自動車税(年額) 10,800円
自動車取得税 23,600円
自動車重量税 7,500円
自賠責保険料 35,610円
リサイクル料金 9,490円
登録諸費用概算 30,000円
支払合計 1,537,200円

このダイハツ・タントの購入見積書の概算はグレード:X”SAⅢ”のものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

ダイハツ・タントは値引き可能?

ダイハツ・タントの値引きは少額ですが可能となります。ライバル車であるホンダ・Nボックスや日産・デイズルークスなどと価格を競い合わせると非常に値引き交渉が楽に進むのでおすすめです。下取りの車もあるのであれば高く買い取ってもらえるように粘り強く交渉してみると目標額よりも大きく値引きして購入できる可能性があります。ダイハツ・タントの値引き目標額として、5万~14万円くらいを目標に値引きしてくのがおすすめです。

ダイハツ・タントの中古価格

Wikipediaより出典

60万円~245万円がダイハツ・タントの中古価格となっており、新車よりも高い中古価格の理由はカスタム車両ということです。バチバチのカスタム車両の場合新車価格よりも遥かに超えてくるので、ノーマル車が良いのであれば中古価格も新車価格より少し安く手に入れることができます。2013年から2015年ものの車両に関しては非常に距離が伸びているものが多いので、2016年以降のダイハツ・タントを購入すると長く愛車として活躍することができるのでおすすめです。

ダイハツ・タントのカラーバリエーション

Wikipediaより出典

ファイアークォーツレッドメタリック
コットンアイボリー
シルキーブルーパール
ディープブルークリスタルマイカ
ライトローズマイカメタリック
パールホワイトⅢ
ホワイト
ブライトシルバーメタリック
ブラムブラウンクリスタルマイカ
ブラックマイカメタリック

このダイハツ・タントのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

ダイハツ・タントのインプレ

Wikipediaより出典

これからダイハツ・タントを購入しようとお考えの方に向けて、実際に購入されたオーナー様のダイハツ・タントに対するインプレを紹介していきます。

子育て時期に対応する為、このクラスの全車種を試乗、検討して購入しました。
(現在、5000キロ乗車時のレヴュー)

人気は納得で、バランスが良いですし、特に子育てカーとして秀逸な印象です。
X SAにした理由は、フロントのデザインがスッキリしている点でベースにし、
オプションで、両側電動スライドドア等を設置しました。

【エクステリア】
このクラスの中では、キレイにまとまったデザインだと思います。特にXSAのフロントのメタル部分がスッキリして好印象。
比較するとスペーシアは、少し奥様的で、NBOXは、若者というか、いろいろついている印象だったので。

【インテリア】
大きいメーターが気に入りました。見やすく個性的。同クラスと比較して内部もバランス良くまとまっていると思います。
搭乗席が前に倒れるのも、良いですし、子育てでは特にサンシェードが役にたっています。ピラ-レスが、子どもの乗り降りを快適にさせています。

【エンジン性能】【走行性能】【乗り心地】
CMのように、他者に比べて、一番静かでした。パワーは、街乗りなので、これで十分で不都合は感じた事はないです。
たぶん、同クラスでは、NBOXが一番パワ-があると思いましたが、そこまでの必要性はなく、静かなタントにしました。

【燃費】
エアコン有で、15,16キロ程度、エアコン無で、17,18キロ程度です。

【価格】
同クラスとしては、比較的お求めやすい価格でした。
よって、コストパフォーマンス的にも良い。

【総評】
所謂、いろいろな装備が高い軽自動車の部類ですが、子育て時期には、
ミニバンまで必要でない方にはほんとに助かります。
デザイン、軽レベルでのエンジンの静かさ。コストバランス。
とても良い車だと思います。
*購入月の2014年3月の印象としては(試乗し、性能、コスパを考慮して)、
1番タント、2番NBOX、3番スペーシア、4番ルークス、ekスペース
のような印象でした。

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
Gグレードは街中でも余り見かけないが、フロントグリル、アルミホイール、ドアミラーウインカーが標準で、カスタム程の押し出し感はないが、見映えがいいと思う。

【インテリア】
ベージュ基調の内装は明るく、家族や乗車した人から好評で、広さも軽自動車とは思えないとびっくりされる。
センターメーターも慣れればとても見やすい。
一番便利なのはやはりミラクルオープンドアで、大きな荷物を載せる時は、スライドドアを開けて助手席後ろのレバーでシートを前に出せば、ピラーがない為、母親が使用するカートなど荷物の出し入れが本当に楽で、高齢者の乗り降りもピラーの張り出しがない分、ステップが広く乗り降りしやすい。
小さなお子さんがいなくても、ミラクルオープンドアは便利に使えます。

【エンジン性能】
Gグレードはターボではないエンジンですが、アクセルを踏み込むと気持ち良く回り、高速道路でも追い越しが普通に出来て、街中の信号での発進も他の車をリードすることが十分できる。
ターボは確かにパワー、トルクがあるが、エンジンオイルで冷却と潤滑させる為、オイルをこまめに交換する必要があり、長時間運転した後はエンジンをいきなりストップさせると、タービンの軸受が焼き付く恐れがあるのでしばらくアイドリングさせてからエンジンを切らないといけないなどのデメリットがあるので、ターボなしのエンジンの方が気を使わなくていいので好きだ。

【走行性能】
背の高い軽自動車なのに、コーナーでロールが少なく、雨の高速道路でも追い越し車線を安心して走れる足回りです。
1年乗って一番感心したポイントです。

【乗り心地】
路面のいい道路では、静かで乗り心地が良く、普通車に乗っているよう。
特に高速道路を制限速度で走っていると、本当に静かで軽自動車とは思えない程。
ただ荒れた路面は、燃費優先のタイヤの影響で振動をかなり感じる。

【燃費】
市街地  13~15
一般道路 20~26
高速道路 20~24
信号の少ない一般道路が一番燃費が伸びる。

【価格】
これだけ快適な車なので妥当だと思う。
マイナーチェンジ後はさらに快適な装備が充実してお買い得だと思う。

【総評】
本当に良く出来た軽自動車で、特にミラクルオープンドアは他のメーカーに今だ装備されていない高い技術力の結晶だと思う。
今後は乗り心地の良いタイヤを装着出来るようにして欲しいのと、雨の日もスマアシが作動出来る改良をして欲しいと思う。
ドレスアップした写真を添付します。
特にIPF製のLEDライトはハイビームにもなるので、夜間走行時は安心です。
タントは本当に素晴らしい車なので、ずっと乗り続けていきたいです。

出典元:価格.com より出典

ダイハツ・タントのまとめ

Wikipediaより出典

ファミリーカーとしての活躍を見せつけてくれるほどの室内空間を誇るダイハツ・タント。広々空間で子育て中の主婦にぴったりな軽トールワゴンで、運転もしやすくミニバンほどの大きな車は苦手という方にも非常におすすめできます。安全装備も充実しており運転のサポートも抜群ですし、燃費性能に関しても文句はなし!!この広さで街乗り1ℓあたり15km/Lほど走行できるのはまさに脱帽ものです。シートアレンジも多彩に変更でき用途によって変更できるという点も使い勝手の良さを感じさせてくれます。軽トールワゴンでダイハツ・タントの購入に迷っている方は一度試乗してみると一発でこれだ!!っと思えるそんな車です。

Ucar査定

おすすめ記事