1. HOME
  2. 国産車
  3. スズキ・スペーシアのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介
国産車

スズキ・スペーシアのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介

低燃費でミニバンの機能をもった軽トールワゴンとして人気の高いスズキ・スペーシア。全車ハイブリッド化としてエコカーとしての地位も獲得し、燃費性能も抜群!!そんなスペーシアの2代目のモデルについて新車価格や中古価格、燃費情報まで紹介していきます。

スズキ・スペーシアとは

2017年12月にフルモデルチェンジされ2代目となったスズキ・スペーシア。マイルドハイブリッドシステム搭載により全グレードにハイブリッドシステムが導入されており、さらには安全装備にしても抜群で軽自動車初の試みとなる徐行しながらのバック時に作動する緊急自動ブレーキも搭載されています。ボディの大きさの割に重量自体は軽く、燃費性能は言うことなしにかなりの低燃費を実現です。居住性に優れており、運転席、助手席だけでなく後部座席の方にも心地良く乗れるような居住空間があり快適なドライブができる軽自動車になります。また、後部座席をたたむと自転車が楽々積める広々空間があり、ファミリーカーとしてもかなりの活躍を見せつけてくれる軽自動車です。そんな2代目スズキ・スペーシアについてここから詳しく紹介していきます。

スズキ・スペーシアのスペック

Wikipediaより出典

グレード ハイブリッドX
全長×全幅×全高 3395mm×1475mm×1785mm
ホイールベース 2460mm
車両重量 870kg
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 38kW(52ps)/6500rpm
最大トルク 60N・m(6.1kgf-m)4000rpm
燃費(JC08燃費) 28.2km/L

スズキ・スペーシアのグレード一覧

Wikipediaより出典

グレード名 エンジン TM 駆動方式 購入価格(万円)
ハイブリッドG  

 

 

0.66ℓ直3DOHC

 

 

 

CVT

FF 133
ハイブリッドG 4WD 145
ハイブリッドX FF 146
ハイブリッドX 4WD 158
カスタムハイブリッドGS FF 157
カスタムハイブリッドGS 4WD 169
カスタムハイブリッドXS FF 169
カスタムハイブリッドXS 4WD 181
カスタムハイブリッドXSターボ 0.66ℓ直3DOHCターボ FF 178

スズキ・スペーシアの購入見積書

スズキ・スペーシアを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 1,360,000円
車両本体消費税 108,800円
自動車税(年額) 10,800円
自動車取得税 14,400円
自動車重量税 7,500円
自賠責保険料 35,610円
リサイクル料金 9,600円
登録諸費用概算 30,000円
支払合計 1,576,710円

このスズキ・スペーシアの購入見積書の概算はグレード:ハイブリッドXのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

スズキ・スペーシアは値引き可能?

スズキ・スペーシアの値引きはまだまだ新型車という部類のため値引きは非常に少なめになります。ライバル車に値するホンダ・Nボックスやダイハツ・タント、日産・デイズルークスと価格を競い合わせると値引きが可能です。値引き目標額として2万円~7万円を目標に値引きしていきます。

スズキ・スペーシアの中古価格

Wikipediaより出典

スズキ・スペーシアの中古価格は118万円~235万円となっており、今回紹介している2代目スズキ・スペーシアの中古価格はまだまだ値が下がっていないので新車での購入が望ましい価格帯です。新車価格よりも高い中古価格の車両のものについては、コンプリートカーやカスタム車両などは新車価格よりも高い設定で中古で売り出されています。

スズキ・スペーシアのカラーバリエーション

ツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3
フェニックスレッドパール
シフォンアイボリーメタリック
シルキーシルバーメタリック
アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック

このスズキ・スペーシアのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

スズキ・スペーシアのインプレ

Wikipediaより出典

これからスズキ・スペーシアの購入を考えている方に向けて、実際にスズキ・スペーシアのオーナー様のインプレを紹介していきます。

2.0Lのガソリン車から思い切っての軽購入です
NBOXと悩んだ末にスペーシアにしました
なのでNBOXとの比較が多くなります

【エクステリア】
デザインは個人の主観なんで・・・
個人的には外観は温かみがあり可愛くて好きです

【インテリア】
質感など軽にしては頑張ってると思います
最初NBOXの方が高級感あると思いましたが
3度ほど試乗したらNBOXも結構安っぽいとこが目につき
スペーシアとさほど差があるとは思えなくなってました
でも、メーター周りはNBOXの方が質感良かったです
シートはNBOXの方が厚みを感じましたが沈み込みが少なく
スペーシアの方が私には楽でした

【エンジン性能】
まぁ軽だしこんなもんかなと思います
普通に車の流れに乗ってれば特にストレスは感じません
パワー的にはNBOXとほとんど同じでした
最初候補の1つだったタントは遅くて脱落しました・・・

買う前の試乗時は坂とか回転が上がると
エンジン音が気になりました(NBOXも同じ)
けど、納車し音楽をかけてるとそんなに気になりません

【走行性能】
ハイトなんで下り坂のコーナーとかは減速しないと
ちょっと怖い感じがしますが車自体は難なく曲がってくれます
ハンドルはちょっと軽いですNBOXの方が好みでした
でも低速での駐車とかは助かります
NBOXとはハンドル感覚のベクトルが異なります
でもまぁ直ぐに慣れましたけど

あと意外なところでは直進安定性はスペーシアの方が良かったです
見た目や先入観でNBOXの方が良さげに思ってましたが
実際乗るとNBOXは結構フラフラしましたサスが柔らかいせいかも?です

【乗り心地】
個人的にはスペーシアの方がちょい固めでしっかり感じて好きです
NBOXは乗り心地良いんですけど柔らか過ぎて
妻の運転でNBOXを試乗し後席に乗った時ちょっと酔いそうでした
車酔いし易いお子さんが後席に乗るならチェックした方がいいですよ

雑誌の試乗記とかでNBOXは乗り心地良くてスペーシアは
NBOXに比べ固く路面の凹凸を拾う・・・とか書いてますが
決してスペーシアの乗り心地が悪いわけではないので
何度か試乗して比べてみる事をお勧めします

【燃費】
まだ1ヶ月なんで良かったり悪かったりよくわかりませんが
普通に運転してたら(エアコンON)だいたい17~22km/Lくらい
チョイ乗りのお買い物だけで乗ったらもっと悪いと思います
個人的には18km/L以上行けば上々と思ってたんで
満足はしております(前車が8~9km/Lだったんで・・・)

【価格】
ペットのワンコと乗る機会が多いので手動スライド一択です(安いし・・・)
なのでスペーシア/G、NBOX/G(どちらも衝突安全装備付き)で
見積もりしましたオプションはナビ、マット、バイザー
あとスペーシアはバックカメラも付けました(NBOXは標準装備)

値引きとサービスなどで19万円スペーシアが安かったです
その代わりNBOXにはLEDヘッドライトとETCが付いてます
自分的にはスペーシアのヘッドライトでも十分明るかったし
気になれば市販のH4用LEDバルブも安く売ってるし
ETCは1万円くらいでオートバックスで付けれるんでどっちでも・・・
と考えておりました

ちなみに総額は↓
NBOX/G約160万円、スペーシア/G約141万円+5年メンテパック無料

【総評】
最初はN-WGNとワゴンR、ムーブで考えてましたが
手動スライドだとハイト系も安かったんでどうせならとハイトにしました

で、雑誌やネットで大評判のNBOXにするつもりでしたが
実際に自分が買う気で何度か試乗すると・・・そんなに差が無いぞと
で、乗り心地や収納、黒内装が自分好みのスペーシアにしました
特に収納はいっぱいあって現在大活躍中です

最初はNBOX値引きの為にスペーシアの見積もりに行ったんですが
いやはや試乗してみたら結構良くて本当に買ってしまいました

でもねNBOXも良くてほんと最後まで悩みましたよ
頻繁に高速道路を使う方は追随クルコンや
車線逸脱アシスト機能があるNBOXでいいと思います

街乗りメインで便利にお買い物とかで使いたい方や
車庫入れや駐車が苦手な方はスペーシアがお勧め
バックソナーで障害物があったらブレーキ掛かります
(ちなみにNBOXはアクセル抜くだけで止まりません

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】好みの問題とは思いますが、箱型なのに丸みがあって飽きのこないデザインだと思います。リアビューは少し物足りなさも感じますがどっちかと言うと可愛い印象です。
両側電動スライドは非常に便利です。3Dビューは4台のカメラとセンサーで安全確認ができて重宝しています。
リアシートはワンタッチで収納できるので便利ですよ!

【インテリア】ごてごてしていなくて、すっきりしています。視界良好です。ヘッドアップディスプレーは特筆ものですよ!燃費計、タコメーター他に切り替えられるし、エンジン止めたらエコスコアが表示されます。シートもしっかりしています。静粛性もあり満足しています。もちろん収納もたくさんあって問題ありません。高級感は軽自動車なので求めるものが違うと思いますが、軽自動車としては良くできている方だと思います。

【走行性能】エンジン自体は、車重に対して少し非力な感じがしますが、マイルドハイブリットのおかげで非力さを感じません。時々モーターがアシストしてくれます。パワーモードもありますが、燃費が悪くなりそうなので今のところ殆ど使っていません。通勤、買い物用ですから使う場面がありません。坂道や高速とかで乗り入れる際は重宝するかもです。
アイドリングストップからの再スタートはセルが回らないので静かでスムースです。

【乗り心地】まだ1000km走っていないので少し硬めですが、乗り心地は良いです。静粛性もあって乗り換え前のワゴンRとは比較になりません。シャーシの変更に伴い車体の剛性が増しています。乗り心地にも貢献しているようです。

【燃費】一回目の給油では20km/Lでした。(走らないでエンジンかけてCDを録音していたため)、まだ2回目の給油はしていませんが、燃費計では24.6km/Lになっています。燃費も期待できそうです。

【価格】3Dビュー(P社製カーナビセット含む)、LEDヘッドライト(アルミホイール他セット含む)、フォグランプ、リアスピーカ、保証がのびた他を着けたので200万超えました。軽自動車で200万はちょっと痛いですが、その価値は十分あると納得して購入しました。
高くつきましたが満足しています。ちなみに最初の予算は150万円でした~~試乗して欲しくなって買ったので後悔していません。

【満足度】最良の軽自動車に巡り合ったと思っています。シャーシの剛性の高さ、走行安定性、静粛性、安全装備などなど良いところは数え切れません。休みの日に出かける時は自分のマツダMPVは使用せずスペーシアに乗っています。運転していて楽しいから!

出典元:価格.com より出典

スズキ・スペーシアのまとめ

Wikipediaより出典

スズキ・スペーシアをまとめていくと、ミニバン的な扱いができる軽トールワゴンで、さらにはかなりの低燃費化を実現しているスズキ・スペーシア。愛らしいデザインからは想像できないほどのパワフルな利便性で実用は抜群です。ファミリーカーとしてももちろん!!子どもの送り迎えやちょっとした買い物など我が家の主役になれる軽自動車になります。セカンドカーとしてももちろん!!主役級の活躍を見せつけてくれるスズキ・スペーシアめちゃくちゃおすすめできる最高の軽トールワゴンです。

Wikipediaより出典

おすすめ記事