1. HOME
  2. 国産車
  3. スバル・BRZのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介
国産車

スバル・BRZのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介

水平対向エンジン搭載のFRスポーツ「スバル・BRZ」。低重心にすることにより、優れたハンドリングで思いのままに操縦することが可能となっています。そんなスバル・BRZについて購入時に気になることやスペック、インプレなどを詳しく紹介です。

スバル・BRZとは

Wikipediaより出典

2012年に販売が開始されたスバル・BRZ。トヨタ・86とともに共同開発されたモデルで、水平対向エンジン搭載により低重心で軽量化という恩恵を受けパフォーマンスを最大限にアップさせています。ドライバーが思いのままに操縦できるスポーツクーペで、車を運転する楽しさを存分に味わうことができる車です。ハイレベルなパフォーマンスでありながら、実用性もありオーナー様の満足度も非常に高くなっています。室内の質感も高いのでコックピットに乗車する際にワクワクとドキドキという感動を覚えさせてくれるのは最大のポイントです。水平対向と後輪駆動による楽しさは一度乗ってみると病みつきになります。そんなスバル・BRZについてここから購入時に気になることなどを詳しく紹介です。

スバル・BRZのスペック

Wikipediaより出典

スバル・BRZのスペックを下記の表にて紹介していきます。

グレード GT
全長×全幅×全高 4240mm×1775mm×1320mm
ホイールベース 2570mm
車両重量 1250kg
エンジン種類 水平対向4気筒DOHC
総排気量 1998cc
最高出力 152kw(207ps)/7000rpm
最大トルク 212N・m(21.6kg-m)/6400~6800rpm
燃費(JC08燃費) 12.4km/L

スバル・BRZのグレード一覧

Wikipediaより出典

スバル・BRZのグレードを下記の表にて紹介していきます。

グレード名 エンジン TM 駆動方式 新車価格(万円)
Rカスタマイズパッケージ  

 

2ℓ水平対向4DOHC

6速MT  

 

FR

243
R  

6速MT/6速AT

267/273
S 297/302
GT 331/337
STIスポーツ 353/359
RAレーシング 6速MT 310

スバル・BRZの購入見積書

スバル・BRZを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 3,070,000円
車両本体消費税 245,600円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税 82,800円
自動車重量税 36,900円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 10,470円
登録諸費用概算 60,000円
支払合計 3,582,050円

このスバル・BRZの購入見積書の概算はグレード:GTのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

スバル・BRZは値引き可能?

スバル・BRZの値引きは拡大中であり、兄弟車であるトヨタ・86と購入価格を競い合わせて値引き交渉していくとそこそこの値引き額を引き出すことができます。値引き目標額として10万~20万円は値引きして購入できれば◎です。

スバル・BRZの中古価格

Flickrより出典

スバル・BRZの中古価格は140万~400万円となっています。走行距離が伸びている車両でも中古価格はそれなりの価格がついていますので、購入の検討は状態の良い中古又は新車での購入が良いです。

スバル・BRZのカラーバリエーション

Wikipediaより出典

スバル・BRZのカラーバリエーション表を下記の表にて紹介していきます。

クリスタルホワイト・パール
アイスシルバー・メタリック
ダークグレー・メタリック
クリスタルブラック・シリカ
ラピスブルー・パール
WRブルー・パール
ピュアレッド

このスバル・BRZのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

スバル・BRZのインプレ

Flickrより出典

スバル・BRZの購入に向けて、実際にBRZを購入されたオーナー様のインプレを紹介していきます。

【エクステリア】
サイズ、パッケージングが◎。大きすぎず、ロー&ワイドなフォルムにまとめられており、運転しやすい。シルエット、ボディラインも秀麗、家内のGOサインの最後の決め手。この時代に専用シャーシを設計する勇気と努力は五つ星。

【インテリア】
着座姿勢が低く安定感抜群。ハンドルとシートの軸が揃っており、視界の見切りも良い。
クラッチのミートポイントがもう少し奥だと、ブレーキ・アクセルのストロークとより調和するように思う。

【エンジン性能】
公道で運転を愉しむために、よく考えられたエンジン。きちんとギアを選択すれば、カーブの立ち上がりも、高速の合流や追い越しも、NAらしく右足の感覚にあった心地良い加速。また、1・2速のアイドリングでクリープのようにジワリと進む粘りがあり、渋滞でも楽をさせてもらっています。

【走行性能】
止まる、曲がる、加速する。一連の基本動作が心地よい。荷重がどこにあるのか、どの方向に進みたいのか、車体がうまく伝えてくれる、素性の良さを感じます。そのため、峠道はもちろん、いつもの交差点も軽快に走り抜けることができ「運転する心地よさ」を感じます。

【乗り心地】
車体が堅くて、かつ軽快。タイヤやホイールをもう一段軽くすると、キビキビ感は更に改善。路面のフィードバックは適宜にありますが、私には許容範囲でした。

【燃費】
13千キロ走ったところで、平均燃費は13.5Km/L。最後のハイオクガソリン車になるかも、、と覚悟して買ったのですが、予想外に燃費がよく、ドライブの機会が増えました。嬉しい誤算です。

【価格】
新車ですと乗り出し3-400万ですから、ちょっと努力が必要な価格。そろそろ、程度の良い中古車も出始めているようで、うまく走行距離の少ない、エンジン類も好調な車体を見つけていただけました。スバルさんありがとうございます。

【総評】
リアには中型の旅行トランクが丁度2個収まり、家内と二人の小旅行を本当に楽しんでいます。久しぶりのマニュアル、とても走りやすく、燃費も良好。趣味性の高いカテゴリーですが、程よいユーティリティを併せ持ち、なにより車体の素性が良いので「運転を愉しめる車」としてお勧めです。

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
やはりクーペの格好良さみたいなものが全面に出ていると思います。ホイールもSTIのブラックになっていますし、標準でついているフロントアンダースポイラーとオプションで付けたサイド・リア・トランクスポイラーも地味に良い味を出しています。これらパーツの黒色と車体の黄色がとてもあっているなと見る度に感じます。

【インテリア】
内装もtS独自のパーツが多々ありますが、一番良かったのはレカロシートです。高速を使って往復800km位走りましたが、走行時の疲労感はかなり軽く感じました。また、急カーブなどでの体のホールド性も素晴らしいです。今の時期乗っているファミリーカーでは体がかなり動きますが、それがまったく無いですからね。内装の各所にも施されているレッドステッチも良い感じです。

【エンジン性能】
以前乗っていた車が軽やちょっと変わった車だったので、私的にはかなり満足しています。ならし運転が終わった後に農道で7000回転近くまで回してみましたが、十分な加速性能だと思います。ネットの書き込みなどを見ると馬力が足りないとか『トルクの谷』が気になるなどありますが、一般道を気持ちよく走るには丁度良いのではないでしょうか。家族からBOXERっぽくないエンジン音と言われましたが、ドアなどに専用インシュレーターが入っているので低回転では静かに、高回転ではサウンドクリエーターでエンジン音が聴けて個人的には好感が持てます。

【走行性能】
曲がることがこんなに楽しいと感じたのは人生初めてです。フレキシブルVバーの効果でもあると思うのですが、車の頭からコーナーにスッと入っていくような感じで、ハンドル操作も自分の思い通りに反応してくれて高速のレーンチェンジなどが気持ち良かったです。ブレーキもSTI製bremboに変わっているのでかなり良く効きます。ただ、たまにキィーと鳴くのと、ブレーキダストが結構出るのが難点ですかね。

【乗り心地】
雑誌などにも多々書いてありましたが、やはりSTI製ビルシュタインダンパーはちょっと硬い気がします。もう少し走行すれば変わってくるのかもしれませんが、これはこれで嫌な感じはしません。それより気になったのは荒い路面走った時のロードノイズです。車体に資金を注ぎ込んだ結果、ナビもオーディオも付けないままでロングドライブをしたのですが、高速の路面が荒れた区間を走ると凄い音が聞こえてきました。ただ、綺麗な区間はかなり快適に走ることができて気持ち良かったです。タイヤが18インチになっているので、これは仕方ないのかもしれません。あと、後ろの背もたれを倒してトランクスルーにすれば車中泊可能です。ただ、後部席の足を置くスペースを何かで埋めないと、身長170cm・体重63kg位の私でもかなりキツイ体勢になりました。おかげで初回は3時間位しか眠れませんでした。

【燃費】
走行距離800kmでその内高速道路に約600km位乗っていて、帰宅時が確か12.3km/Lだったと思います。タイヤも大きいのを履いてますし、たまに高回転まで回したりすると思うので、街乗りだと10km/L行かないかもしれないですね。

【価格】
確かに通常よりも100万以上高額にはなりましたが、ついている装備や限定色という事を考えれば決して悪い値段ではなかったと思います。ただ、最初から改造車扱いになるので任意保険料が高くなるのは想定外でした。

【総評】
今年は結構暖かいので私の住む地域でもあと一ヶ月位で雪が消えてくれるかもしれません。本当に楽しい車だと思うので、事故を気を付けて傷つけず大事に乗って行きたいと思います。もし20年後まで残っていたら、二十歳になった甥っ子にプレゼントしてもいいなとも考えています。乗りたいって言ってくれればですがね。

出典元:価格.com より出典

スバル・BRZのまとめ

Flickrより出典

スバル・BRZについてまとめていくと、水平対向エンジン&後輪駆動という他にはない独特の価値でドライバーの満足度は非常に高めです。低重心によりドライバーが運転するという楽しさを満喫でき、操縦性のパフォーマンスは高くなっています。スポーツクーペとしてハイレベルな楽しさを味合わせてくれること間違いなしです。購入価格自体は少し高めな設定で、中古市場もまだまだ値下がりはしていない状況ですが新車で購入して末永く乗っていけるそんな仕上がりになっています。値引きも兄弟車トヨタ・86と価格競争を行わせると良い値引き額を引き出すことができるので新車での購入がおすすめです。BRZと86どっちが買いか?そう思われる方が多いですが、実際BRZは全グレードにデジタル表示の速度表示で見やすく86はアナログ表示ということだけでもBRZに軍配があります。一度乗ってみると運転感覚の楽しさに魅了されてスバル・BRZの虜にされるそんなスポーツクーペです。

おすすめ記事