1. HOME
  2. 国産車
  3. トヨタノア(3代目R80型)のスペックまとめ-購入価格/燃費/インプレ
国産車

トヨタノア(3代目R80型)のスペックまとめ-購入価格/燃費/インプレ

2014年より2度目のフルモデルチェンジされ、トヨタノア(3代目R80型)となり増々人気が増しています。デザインもかっこよく優れたミニバンという快適性でファミリーカーとしても抜群の実用性。そんなトヨタノア(3代目R80型)についてのまとめです。

トヨタノア(3代目R80型)とは

Wikipediaより出典

ファミリーカーとして絶大な支持を受けており、兄弟車のトヨタヴォクシー、トヨタエスクァイアとともに売り上げが好調です。ミニバンの中でも非常に人気の高いトヨタノア(3代目R80型)は優れた居住性と家庭的な実用性があります。それに加え運転もしやすく、子どもでも乗り降りがしやすいよう乗降性も考慮されておりファミリーカーとしての威厳を見せておりさすがです。そんなトヨタノア(3代目R80型)の購入を考えている方に向けてここからスペックや購入価格などをまとめていきます。

トヨタノア(3代目R80型)のスペック

Wikipediaより出典

グレード X(8人乗り/FF/CVT)
全長×全幅×全高 4695mm×1695mm×1825mm
ホイールベース 2850mm
車両重量 1570kg
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量 1986cc
最高出力 112kW(152ps)/6100rpm
最大トルク 193N・m(19.7kgf-m)/3800rpm
燃費(JC08燃費) 16.0km/L

トヨタノア(3代目R80型)のグレード一覧

Wikipediaより出典

グレード名 エンジン TM 駆動方式 購入価格(万円)
X(8人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT FF 246
X(8人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT 4WD 267
X(7人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT FF 249
X(7人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT 4WD 270
G(8人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT FF 275
G(8人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT 4WD 296
G(7人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT FF 278
G(7人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT 4WD 299
Si(8人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT FF 274
Si(7人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT FF 277
Si(8人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT 4WD 293
Si(7人乗り) 2.0ℓ直4DOHC CVT 4WD 297

トヨタノア(3代目R80型)の購入見積書

トヨタノア(3代目R80型)を購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 2,284,000円
車両本体消費税 182,720円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税 61,600円
自動車重量税 30,000円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 12,760円
登録諸費用概算 50,000円
支払合計 2,697,360円

このトヨタノア(3代目R80型)の購入見積書の概算はグレード:X(8人乗り)のものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

トヨタノア(3代目R80型)は値引き可能?

トヨタノア(3代目R80型)の値引き目安として、13万円~25万円を目安に交渉していきます。値引き交渉術として、ライバル車であるホンダステップワゴン、日産セレナなどと価格競争を行わせるか、兄弟車種であるヴォクシー、エスクァイアと価格競争をさせてみても値引きしやすいです。

トヨタノア(3代目R80型)のカラーバリエーション

Wikipediaより出典

ホワイトパールクリスタルサンシャイン
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
ボルドーマイカメタリック
シルバーメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック

トヨタノア(3代目R80型)のインプレ

Wikipediaより出典

これからトヨタノア(3代目R80型)の購入をお考えの方に向けて、実際に購入されているオーナー様のインプレを紹介していきますので、是非参考にしていただければ幸いです。

【エクステリア】
ブラキッシのWxBですので、エアロとのバランスがバッグンに感じます
【インテリア】
WxBのお陰で少し上級で落ちつき感がある内装です。
但し70ノアと比較すると収納ポケットの容量が半減している感じで少し残念です。乗り換え時に乗せていた小物が入らなくて処分しました。シート下の空間に小物入れを設置して対処しました。暖房時の吹き出しがあるので、冬までには工夫したいです。
【エンジン性能】
この車体には丁度良いエンジンとパワーです。
最後まで比較したハイブリッドが少し言い過ぎかも知れませんがモッサリな制御?フィーリングだった為、違う車かと勘違いする位に雲泥の差に感じました。

【走行性能】
軽快なハンドリングと高速走行でもしっかり踏ん張りが効いて、70ノアでの高速コーナーでのフラツキ不安要素が嘘のように消えて安心ドライブになりました。

【乗り心地】
二列目のリラックス感なロングスライドが他社には無い良さと落ち着きのあるサスもちょっとした山道でも船酔い?せずに楽しめます。

【燃費】
まだ、満タン給油してないのでカタログ値の8掛け程度だと思う

【価格】
10インチナビとかフル装備で400万で出されましたが、買い換え残価有り70ノアを下取りし値引き含めて支払い320万に収まり満足です

【総評】
同じグレードのハイブリッドがほぼ同じ条件で350
万強でしたが、ホイールと燃費しか利点を感じられなく10年乗る車では無い出来に感じ却下しました、次のFMCでの2Lハイブリッド化や次世代安全装備ならば無理してでも買ったのですが、とりあえず最初の車検の時に乗り換え検討する考えで三年はエンジン車で楽しみます。結構首都高を通り遠出するのですが、煽られずに流れに乗れる様になり安心を感じました。

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
一目惚れの衝動買いです。
アルファード派生、ベルファイヤ派生ともまたちょっと違うデザインが気に入りました
【インテリア】
黒一色でwxbのハーフレザーシートの雰囲気が
しっくりきました
豪華って言うのではなくスマートなインテリアだとおもってます
【エンジン性能】
CVTの制御が進化しましたね。
静かに回ります2000回転以内は変な抜けたような音しません、アクセル離してもスムーズで自然な気がします
ハイブリッドは低速でモスキート音がきつくて無理でした
【走行性能】
2000ccあればじゅうぶんです。踏めば速度出ますしね
不安ないです
【乗り心地】
固すぎず柔すぎず気にならないので言いとおもってます。
【燃費】
街中メインなので10です。もっとのびそうです
【価格】
MCするたび値上がりなので高くなりましたが
そのぶん立派になった気がします。
【総評】
昔は中古の高級セダンや最近は150プラドtx前期、フィット3、等乗り継いできましたが
個人的には一番満足できた買い物です。
人が乗れる、荷物積める、運転しやすい
さまざまなシーンでノア一台あれば解決してくれそうです。大き過ぎず小さすぎずのMクラスミニバンが売れる理由がわかりました大切に乗りたいです。

出典元:価格.com より出典

トヨタノア(3代目R80型)のまとめ

Wikipediaより出典

ファミリーカーとしてはもちろん、プライベートでの趣味やデート、友達とドライブといった様々なシーンで活躍が見られそうなトヨタノア(3代目R80型)。大きすぎず、けれども小さすぎないそのスタイルは抜群の実用性を誇っておりミニバンとしての活躍は素晴らしいものです。実用性が高く、運転のしやすいノアでいつものドライブシーンを楽しんでみてはいかがでしょう。

マイメロ



おすすめ記事