1. HOME
  2. 外車
  3. 【2019年最新】マッスルカー人気おすすめ5選-迫力満点アメリカンな大排気量
外車

【2019年最新】マッスルカー人気おすすめ5選-迫力満点アメリカンな大排気量

豪快な走りと大排気量の鼓動を感じさせてくれるマッスルカー。維持費や燃費なんか気にしない!!そんな高パフォーマンス、高コストという車がマッスルカーです。そんなマッスルカーの人気おすすめ車種を5つ紹介していきますので、大迫力なアメリカンを体感していきましょう。

マッスルカーとはどんな車のこと?

マッスルカーとはどんな車のこと?簡単に言えば大排気量のV8エンジンにでかい車体で筋肉マッチョなスタイル、豪快な走りで楽しませてくれる車をマッスルカーと言います。現行車のモデルをニューマッスルカー、旧モデルをモダンマッスルカーとも呼ばれており、とりあえずはでかい車体に大排気量と思っておけば間違いないです。そんなマッスルカー人気おすすめの5車種をここから紹介していきます。

マッスルカー人気おすすめ①フォード・マスタング

Flickrより出典

2015年より販売されているフォード・マスタングの7代目モデル。2019年にはスペシャルエディションがラインナップされるということで、増々活躍が期待されているマッスルカーです。マスタング・シェルビーの2019年モデルに関しては、空力性能が向上して登場します。このフォード・マスタングは国内モデルも販売されており、日本国内でも乗りやすいよう右ハンドル仕様もラインナップされているので乗りやすいマッスルカーです。2.3ℓエンジンで右ハンドル仕様であれば公道でも走りを楽しめますが、やはりマッスルカーに乗るということを思えば5ℓV8エンジンモデルかシェルビーGT350に搭載されている5.2ℓV8エンジンの鼓動を体感したいところになります。実際フォード・マスタングのこのデザインが好きという方であれば、2.3ℓモデルでもいいのかもしれないです。

フォード・マスタングのスペック紹介

フォード・マスタングのスペックを下記の表にて紹介していきます。

主要諸元
全長×全幅×全高 4788mm×1915mm×1379mm
ホイールベース 2720mm
エンジン主要諸元
2.3ℓ直4エコブースト
最高出力 310hp
最大トルク 350lbft(474Nm)
5ℓ V8
最高出力 460hp
最大トルク 420lbft(569Nm)
5.2ℓ V8(SHELBY GT350)
最高出力 526hp
最大トルク 429lbft(581Nm)
5ℓ V8(Bulitt Mustang)
最高出力 480hp
最大トルク 420lbft(569Nm)

マッスルカー人気おすすめ②ダッジ・チャレンジャー

Flickrより出典

2008年より販売がされており、2019年現在でもデザインなど大きな変更がなく愛され続けているマッスルカー「ダッジ・チャレンジャー」。グレードなどに変更点があり、2018年に登場したハイグレードモデルで馬力840hpというハイパワーのデーモンが1年で姿を消しましたが、2019年にはヘルキャット・レッドアイというグレードが新たに設定され現在のチャレンジャーの頂点に位置するモデルです。デーモンが馬力840hpだっただけにヘルキャット・レッドアイはというと馬力797hpと下がったように思えるが加速性能が上がっているので、チャレンジャー史上最も速い0-60マイル加速が3.4秒と最速タイムをたたき出しています。マッスルカーとしての人気の高さはアメリカ市場でも国内の日本市場でもトップレベルです。世界的大ヒット映画「ワイルドスピード」の主演であるドミニク・トレットが乗っていたということからも爆発的な人気となっています。

ダッジ・チャレンジャーのスペック

ダッジ・チャレンジャーのスペックを下記の表にて紹介していきます。

主要諸元
全長×全幅×全高 5016mm×1923mm×1449mm
ホイールベース 2950mm
エンジン主要諸元
3.6ℓペンタスターV6
最高出力 305hp
最大トルク 268lbft(363Nm)
5.7ℓ HEMI V8
最高出力 [AT]372hp [MT]375hp
最大トルク [AT]400lbft(542Nm)

[MT]410lbft(555Nm)

6.4ℓ HEMI V8
最高出力 485hp
最大トルク 475lbft(644Nm)
6.2ℓ HEMI HELLCAT V8
最高出力 717hp
最大トルク 656lbft(889Nm)
6.2ℓ HEMI HELLCAT V8 H.O.(HELLCAT REDEYE)
最高出力 797hp
最大トルク 707lbft(959Nm)

マッスルカー人気おすすめ③シボレー・コルベット

Flickrより出典

2014年より販売が開始されたシボレー・コルベットの7代目モデルであるC7。これまでのコルベットとは全く異なるエクステリアデザイン、フレーム構造の変更に伴いシャシーが新たな設計にパワートレインも新たな設計となっています。流麗でスポーティなエクステリアに室内空間もスポーティでありながら高級感ある質感も高い仕上がりです。最高グレードモデルになると馬力は755馬力とさすがマッスルカーというV8の鼓動を感じられる仕上がりになっています。2019年もC7のコルベットが現行で販売されていますが、新型C8コルベットが販売されるとリークされていますのでシボレー・コルベットの新型にも期待大です。

シボレー・コルベットのスペック

シボレー・コルベットのスペックを下記の表にて紹介していきます。

主要諸元
全長×全幅×全高 4567mm×1965mm×1232mm
ホイールベース 2710mm
エンジン主要諸元
6.2ℓ LT1 V8(STINGRAY)
最高出力 460hp
最大トルク 465lbft(630Nm)
6.2ℓ LT1 V8(Z51/GRAND SPORT)
最高出力 460hp
最大トルク 465lbft(630Nm)
6.2ℓ LT4 V8(Z06)
最高出力 650hp
最大トルク 650lbft(881Nm)
6.2ℓ LT5 V8(ZR1)
最高出力 755hp
最大トルク 715lbft(969Nm)

マッスルカー人気おすすめ④シボレー・カマロ

Flickrより出典

2019年よりシボレー・カマロは新型となり、フェイス、グリル、ヘッドライトなどデザインを一新して登場しています。国内では全モデルが現行で販売されているため、2019年からの新型モデルが日本に導入されるのは少し先になりそうですが目前です。これを記念してカマロ50周年記念モデルとしてカマロ・コポという特別モデルも限定で販売されています。維持などもしていきやすい2ℓモデルなどもラインナップされており、ハイパワーモデルもおすすめですが日本国内で乗るという面では2ℓモデルもおすすめです。デザインは一新してもカマロという存在感、マッスルカーという重厚感はまさにアメリカンという仕上がりになります。

シボレー・カマロのスペック

シボレー・カマロのスペックを下記の表にて紹介していきます。

主要諸元
全長×全幅×全高 4784mm×1897mm×1348mm
ホイールベース 2811mm
エンジン主要諸元
2ℓ 直4ターボ
最高出力 275hp
最大トルク 295lbft(400Nm)
3.6ℓ V6
最高出力 335hp
最大トルク 284lbft(383Nm)
6.2ℓ LT1 V8
最高出力 455hp
最大トルク 455lbft(614Nm)
6.2ℓ LT4 V8
最高出力 650hp
最大トルク 650lbft(868Nm)
6.7ℓ 直6 CUMMIS ターボディーゼル
最高出力 350hp,370hp
最大トルク 660lbft(881Nm),800lbft(1084Nm)

マッスルカー人気おすすめ⑤フォード・GT

Flickrより出典

レーシングカーとして開発されたマッスルカーではあるが、2017年、2018年には一般販売もされているフォード・GT。2019年は一般販売されることがないそうですが、2020年には一般再販されるということがわかっています。レーシングカーのため低い車高で一般道路で乗りにくいため、一般販売されているモデルはレーシングで使われているモデルより車高が高くなっているので安心です。環境にも配慮した3.5ℓのエコブースト・ツインターボは最高出力647hpとマッスルカーの名を伊達ではないというくらいの存在意義があります。

フォード・GTのスペック

フォード・GTのスペックを下記の表にて紹介です。

主要諸元
全長×全幅×全高 4762mm×2113mm×1059mm
ホイールベース 2710mm
エンジン主要諸元
3.5ℓ V6 エコブースト・ツインターボ
最高出力 647hp
最大トルク 550lbft(745Nm)

燃費?維持費?気にせずマッスルカーで楽しもう!!

近年のクルマは維持費にかかるコストを気にしたり、低燃費という概念があります。もちろん現行で販売されているマッスルカーもモダンマッスルカーと比較すると燃費性能も格段に進化していますので、実際に乗って所有してみると「あれ?結構燃費いいじゃん!!」っと思われる方は意外にも多いのも事実です。故障なども多いと言われていますが、メンテンスを行うということで防ぐことができます。燃費?維持費?気にせずマッスルカーに乗ってみてはいかがでしょう。

マイメロ



おすすめ記事