1. HOME
  2. 外車
  3. ジープ・レネゲードの新車購入をナビゲート-評価/燃費/値引き情報公開!!
外車
ジープ レネゲード

ジープ・レネゲードの新車購入をナビゲート-評価/燃費/値引き情報公開!!

2015年にデビューしたコンパクトSUV、ジープ・レネゲード。新型車として登場したジープ・レネゲードは、個性的でありながらジープらしいタフなデザインはさすがです。そんなジープ・レネゲードの購入するにあたり、気になることをこの記事でまとめていきます。

ジープ・レネゲードとは

ジープ レネゲード

Flickrより出典

ジープ・レネゲードはフィアットとクライスラーが統合してから初となるモデルで、フィアット・500Xと基本的なプラットフォームは共同されて制作されています。さすがのジープという名は伊達でなく屈強でラフなデザインと、オフロードの走破性は抜群です。

それでありながらコンパクトSUVという扱いやすいサイズ、でも住居性は非常に良くファミリーカーとしてもなかなかの使い勝手あります。

タウンユースでガンガン使えるそんなコンパクトSUVとなっているジープ・レネゲードについてここから、購入時に気になることを詳しく紹介です。

ジープ・レネゲードのスペック

ジープ レネゲード

Flickrより出典

ジープ・レネゲードのスペックを下記の表にて紹介していきます。

グレード ロンジチュード
全長×全幅×全高 4255mm×1805mm×1695mm
ホイールベース 2570mm
最小回転半径 5.5m
車両重量 1400kg
エンジン種類 直列4気筒SOHCターボ
総排気量 1368cc
最高出力 103kw(140ps)/5000rpm
最大トルク 230N・m(23.5kg-m)/1750rpm
燃費(JC08燃費) 13.5km/L

ジープ・レネゲードのグレード一覧

ジープ レネゲード

Flickrより出典

ジープ・レネゲードのグレードを下記の表にて紹介していきます。

グレード名 エンジン TM 駆動方式 新車価格(万円)
ロンジチュード 1.4ℓ直4SOHCターボ FF 6速セミAT 299
リミテッド 322
トレイルホーク 2.4ℓ直4SOHC 4WD 9速AT 350

ジープ・レネゲードの購入見積書

値引き

ジープ・レネゲードを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 2,981,481円
車両本体消費税 238,519円
自動車税(年額) 34,500円
自動車取得税 80,400円
自動車重量税 36,900円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 14,470円
登録諸費用概算 60,000円
支払合計 3,483,050円

このジープ・レネゲードの購入見積書の概算はグレード:リミテッドのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

ジープ・レネゲードは値引き可能?

値引き

ジープ・レネゲードの値引きは、少額になりますがそれでも値引き交渉はしておきたいところです。共同開発されたフィアット・500X、同クラスの日産・エクストレイルなどと価格を競い合わせると値引き交渉が楽にすすみます。値引き目標額として、10万~20万を値引きすることができれば値引き成功です。

ジープ・レネゲードのカラーバリエーション

ジープ レネゲード

Flickrより出典

ジープ・レネゲードのカラーバリエーションを下記の表にて紹介していきます。

アルパインホワイト C/C
コロラドレッド C/C
ブラック C/C
ジェットセットブルーメタリック
グラナイトクリスタル C/C
オマハオレンジ C/C

このジープ・レネゲードのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

ジープ・レネゲードの評価は?

ジープ レネゲード

Flickrより出典

ジープ・レネゲードの購入をする際にどうしても気になる評価。事前に評価を知っておくとこで購入の後押しになったり、自分には合っていないかな?そういう判断材料にもなってきます。そこで実際に購入されたオーナー様の評価を紹介です。

【エクステリア】
一発でJeepとわかるデザインにかわいさをあわせ持ったこの形に大満足です。大きさも大きすぎず、小さすぎずのジャストサイズで取り回しもよいです。

【インテリア】
いたるところにJeepのアイコンが施されて楽しいです。あと、値段のわりに装備が充実していて満足度は非常に大きいです。
ただ、純正ナビの設定はなく、社外ナビ装着時には高額なキットが必要になるので、それだけは要注意。(私はスマホのナビ使っているのでよいのですが)

【エンジン性能】
1.4ターボの6速ですがトルクが大きく走りやすいです。高速道路走行時も標準巡航なら2k回転程度。
踏み込んだ時に多少ラグがありますが、高速運転も不満はないです。

【走行性能】
高速巡航での直進性が抜群で安定して走ってくれます。

【乗り心地】
固めですが不満はないです。

【燃費】
1.4モデルはハイオクです。
街乗りは9~10km/lですが、高速では11~13km/l程度まで燃費が良くなる傾向が見受けられます。

【価格】
この装備で300万円程度ならお買い得だったと感じます。

【総評】
走り、装備、そして憧れのJeepがこの値段で買えたことに大変満足してます。
(星を100個つけたい気分www)

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
・最高です。
・非常にコンパクトですが、堂々とした素晴らしいデザインだと思います。
・長いボンネットなど、見所は沢山ありますが、
このサイズに完璧に纏まる驚きのデザインです。隙がありません。
・コンパクトSUVではJUKE登場以来の驚きでした。
各社のコンパクトSUVはJUKEを超えていないと思っていますが、
レネゲードは同じようなサイズで全く個性の異なるデザインに仕上がり
新鮮です。

【インテリア】
・高級感
コンパクトSUVの中では良い方だと思います。
・シート
黒の本革シートは、艶消し+パンチングレザーでカッコいいです。
サイズは、フロント・リアともに充分です。
クッションは固めと言うかアメリカンスタイルというか、
そんな感じ(?)です。
電動ランバーサポートの調整範囲は少なめです。
ポジションは、フロントはパワーシートの調整範囲が広く、
どんなポジションにも調整が可能です。
リアは、もう少し背が倒れていた方が好みですが、
シート高・座面の広さは充分と思います。
リアの空間は広くはありませんが、窮屈さはありません。
フロントヘッドレストが大き過ぎて、リアからの前方視界を妨げます。
・オーディオ系
ナビはもっぱらスマホ、音楽はUSBメモリ(MP3)という私には
ベストは環境で、無駄な費用が掛からず良いです。
音質は、良いとは思いません。(私はこれでOKですが)
・メーター
カラーモニタまで付いたコストの掛かったもので、高級感・視認性・
機能性も良いです。
・電動サイドブレーキ
便利で、これを使ったらレバーには戻れません。
・その他
手が触れる部分には、手触りの良いゴム素材を多用しています。
モデル初期ということもあり、内貼りが若干浮いている箇所等は
あります。
ドアのカップホルダーは直立にして欲しかった。
私のリミテッドにはリアセンターアームレスト&カップホルダーが
あるので良いですが、これが無いと快適性がかなり落ちると思います。
バックギヤに入れた時は無音ですが、やはり音は鳴って欲しい。

【エンジン性能】
・出だしは若干もたつき、スピードにのってからはターボらしい力強い
加速をしますが、高速域はゆっくり加速します。
・アイドリングストップは、始動時間が少し遅く、ショックが少し大きい
です。
私は静粛性の面で必須機能と思っていましたが、レネゲードはエンジン
音が静かなので機能をOFFにしても良いかなと感じます。

【走行性能】
・サス
絶妙なセッティングと思います。
山道を走ってもロールは控えめで、車高のある車とは思えず安定した
コーナリングが可能です。なのに乗り心地が結構良い。
・ハンドリング
低速域で、思ったよりハンドルが切れるので慣れないと動きが大きく
なってしまいます。
あと、うまく表現できませんが、フロントが少し重く感じます。
パワステは重い部類に入ると思います。
・ミッション
渋滞時にストップ&ゴーを繰り返す際には若干ギクシャクしますが、
それ以外ではATと変わらずスムーズです。
マニュアルモードは付いていますが、私の感覚には合わないので不要と
感じています。
クリープを発生させているので乗りやすいです。
坂道発進では、一定以上の斜度があると全く後退しないので安心です。
・ブレーキ
効きは良くないと思いますし、カックン気味のブレーキです。
フロントはダストも多いです。
・クルコン
1km/h単位での調整が可能で、設定速度は110km/h以上も可能です。
メーターパネル上の状態表示が分かり易いです。
坂道などで無理に設定速度をキープしようとしないので違和感が
少ないです。
・ブレーキアシスト、レーンキープアシスト、リアブラインドモニター
凄く興味がありましたが、しょせん自動運転ではないので
周りの車には装備して欲しいですが、自分には必須の機能で無いことが
分かりました。

【乗り心地】
・サスは若干硬いですが、乗り心地は良いくらいです。
・静粛性は高いです。
洗車をしていて、ドアのゴムパッキン等、遮音に気を使っているのが
わかりました。
エンジン音、ロードノイズ、風切り音など、不快なものは発生しません。
・乗り降り
フロントは、シート高が低いのでし易いです。
リアはドアが小さいのでし難いです。
(狭い駐車場等では乗り降り困難です)
フロント、リアともに、ドアが段階的にカチッと止まらないので、
閉まって来て足が挟まります。
・エアコンの効きが悪いと言うか、設定温度に対する感覚が国産車と
違いすぎ違和感があります。(設定温度は気にしない方が良い)

【燃費】
満タン法で測ってはいませんが燃費計では12km/Lくらいです。
(エアコンは常にONです)

【価格】
国産のコンパクトSUVと比較すると高いですが、装備面や車の出来、
イタリア→アメリカ→日本と長旅をして来た輸入車と考えると
バーゲンプライスと思います。

【総評】
最初にネットで見かけた時は、「なんか変なの出た」と思ったくらいで
全く興味が沸かなかったんですが、次にTV(車で行こう)でたまたま
見かけた時に、「ビビっ」と来てしまい購入に至ります。

個人的には、パーフェクトに近い車だと思っています。

出典元:価格.com より出典

ジープ・レネゲードのまとめ

ジープ レネゲード

Flickrより出典

ジープ・レネゲードについてまとめていくと、さすがSUV専門カーブランドが手掛けただけあり素晴らしいコンパクトSUVとなっています。SUVとしての魅力的な走破性、それでありながら街中でも使いやすいコンパクトなサイズで初心者でも乗りやすいです。

オフロードでの走破性を選択するのであれば上級グレードのトレイルホーク一択ですが、街乗りメインであればFF仕様のロンジチュード、リミテッドでも十分楽しむことができます。

居住性は抜群ですが、ファミリーカーとしてメインカーにするのであれば、後席の広さは確認しておくことがおすすめです。コンパクトSUV、シティSUVとして活躍が広がりつつあり人気も上昇中、2019年には馬力アップされたグレードが新たにラインナップされるので期待大のジープ・レネゲード、おすすめの一台になります。

おすすめ記事