1. HOME
  2. 外車
  3. メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のスペックまとめ-購入価格/燃費/インプレ
外車

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のスペックまとめ-購入価格/燃費/インプレ

2013年にAクラスとして3代目のモデルとなる、メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)が日本国内で販売が開始されています。コンパクトボディでありながらメルセデス・ベンツらしい存在感と走行性能で人気があるメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)を紹介です。

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)とは

Flickrより出典

初代Aクラスが1997年に販売されて以降、親しみやすいメルセデス・ベンツとして人気があり、コンパクトボディで初心者から高齢層まで幅広い方に愛されています。そんなAクラスも3代目となり2013年に日本国内で販売が開始され、進化するデザイン性に走行性、使い勝手の良さはメルセデス・ベンツらしい仕上がりです。メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)はスポーティながらも、運転がしやすい非常にコンパクトな仕上がりで馴染みやすい運転感覚で、価格も一般的に馴染みやすい価格帯で購入することが可能になっています。価格もコンパクトにメルセデス・ベンツを楽しめるというメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)をここから詳しく紹介です。

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のスペック

Wikipediaより出典

グレード A180スタイル
全長×全幅×全高 4300mm×1780mm×1435mm
ホイールベース 2700mm
車両重量 1430kg
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1595cc
最高出力 90kW(122ps)/5000rpm
最大トルク 200N・m(20.4kg-m)/1250~4000rpm
燃費(JC08燃費) 17.8km/L

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のグレード一覧

Flickrより出典

グレード名 エンジン TM 駆動方式 購入価格(万円)
A180スタイル 1.6ℓ直4DOHCターボ  

7速DCT

FF 298
A180 AMGスタイル 351
A250シュボルト 4マチック 2ℓ直4DOHCターボ 4WD 501
AMG A45 4マチック 720

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の購入見積書

Wikipediaより出典

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)を購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 3,250,000円
車両本体消費税 260,000円
自動車税(年額) 39,500円
自動車取得税 70,200円
自動車重量税 16,800円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 19,740円
登録諸費用概算 60,000円
支払合計 3,753,020円

このメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の購入見積書の概算はグレード:A180 AMGスタイルのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)は値引き可能?

Wikipediaより出典

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の値引き交渉は意外にも応じてくれます。値引き交渉術としてフォルクスワーゲン・ゴルフなどの同クラス車種と比較させていくと、値引きをさせていくことが可能です。値引き目標額として10万円~24万円ほどまで値引きしてくれます。

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のカラーバリエーション

Flickrより出典

ジュピターレッド
カルサイトホワイト
コスモスブラック
ポーラーシルバー
マウンテングレー
カバンサイトブルー
エルバイトグリーン
キャニオンベージュ
オリエントブラウン

このメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のカラーラインナップ表はあくまでも参考までに作成したものです。実際のカラーとは異なりますので、あくまでも参考までにお願いします。

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のインプレ

Flickrより出典

これからメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)の購入を考えている方に向けて、実際に購入したオーナー様のインプレを紹介していきます。

【エクステリア】欧州車の気品があります。 色はカルサホワイトで上品。

【インテリア】使っている材質とか若干やすっぽいところがありますが、もう少し頑張ってほしいところ

【エンジン性能】エコモードでも日本の高速では十分。走りを楽しみたいならスポーツモードにすれば、More than enough。

【走行性能】ベンツ特有のカーブでの安定性。それと高速での安定性はこの車でも実感できます。ただ、街中の走りは軽さのある日本車の方に軍配があがります。ベンツはハンドル操作が軽くなったとはいえ、「重い」車。

【乗り心地】若干固めの乗り心地が気に入っています。

【燃費】10-14km ぐらいかな。もう少し頑張ってほしいが・・・・

【価格】妥当だと思います。3-5年後のResale valueがどうでるかによります。

【総評】海外駐在がながく、GM,Ford、Lexusと社有車を乗り継いできました。欧州でもレンタカーで運転しました。ベンツの走行性能、乗り心地は150-200km出した時に、本当の実力がわかると思います。時速200kmで5時間連続運転ができる車。200kmで安心して走れる車。日本で私がA180を買った理由は、ベンツの安全性。時速200kmでの運転に対応した安全性があるだろうと思い購入しました。運転操作能力が低下したシニアには、この車の安全性(衝突防止装置、ブラインド警告装置、デストロニックス)に期待どおりでした。50台のシニア夫婦が二人で乗るのにはちょうど良い大きさとお値段。3-5年後には安全装置・運転支援装置が更に進化したら、買い替えを考えています。最後にスバル車も検討しましたが、前に目(アイサイト)がついていますが、後ろに目がないので、A180で軍配があがりました。

出典元:価格.com より出典

【エクステリア】
4年間乗ってとくに飽きることはなかったです。
ベンツらしい押し出しのある顔とスポーティな外観は好きでした。

【インテリア】
このクラスとしてはマアマア質感が高くてとくに不満はなかったです。
少しタイトな感じもスポーティでキャラクターに合っていると思います。

【エンジン性能】
あまり高回転まで回すタイプのエンジンではなく、
比較的低回転から中回転域をうまくターボをきかせると気持ちよく走れます。

【走行性能】
ターボが入ると加速はマアマアで気持ち良いです。
このクラスとしては金をかけていそうな足回りの良さを気に入っていました。
この辺はプライベートなスポーティーカーを求めるのか、
それともコンパクトなファミリーカーを求めるのかで評価が分かれるところだと思います。
とくに初期型ですし、はっきり言って足回りは堅いですから。

【乗り心地】
スポーツカーを乗っていた方ならまったく問題ないと思います。
路面状態が良ければフラットで安心感も高いと思います。

【燃費】
街乗りでは悪いです。8キロ位の時もありました。
長距離や高速では18キロ走りました。

【価格】
国産の同クラスと比較したなら高いでしょうが、
しっかりと作られたボディや足回りと独特の乗り味を経験すれば妥当な価格と思います。

【総評】
ベンツのイメージとはかけ離れた感じの車ですが、
独特の乗り味は国産車とは違います。
割合シートが良いのか長距離でもそれほど疲れないと思います。
それからハンドリングが正確に応答してクイックで山道は楽しいと思いました。
4年間乗りましたが私としては飽きることはなかったです。
使用目的が合えば割合満足度は高いと思います。
やはりブランドは一朝一夕に生まれるものではなく、
歴史やノウハウの積み重ねが必要なのでしょうね。
ブランドを維持するための努力やコストを推し量れば
一番安いこの車も明らかにベンツというブランドを主張していると思います。

出典元:価格.com より出典

メルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)のまとめ

Flickrより出典

メルセデス・ベンツらしい質感と存在感はまさに高級車であるメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)。コンパクトカーであり、幅広いニーズに応じれるような車となっており走行性能でも満足いく存在となります。メルセデス・ベンツの中でも非常にお買い求めのしやすい価格帯であるメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)は、一番身近な高級車です。初心者ドライバーから高齢層ドライバーまで幅広く活躍を見せてくれるメルセデス・ベンツ Aクラス(W176型)にこれからも期待大ですし、2019年にはメルセデス・ベンツ Aクラス新型セダンタイプとして、プレミアムコンパクトセダンが販売される予定で増々期待が膨らんでくるAクラスから目が離せない車になります。

Wikipediaより出典

Ucar査定

おすすめ記事