1. HOME
  2. 外車
  3. ポルシェ 911を中古で購入した場合の維持費紹介-激安車両はおすすめ?
外車

ポルシェ 911を中古で購入した場合の維持費紹介-激安車両はおすすめ?

世界中から絶大な人気を誇るスポーツカーであるポルシェ 911。そんなポルシェ 911を中古で購入した場合、いくらくらいの維持費がかかってくるのか?激安車両はおすすめできるのか?などポルシェ 911を中古で購入した場合の維持費について詳しく紹介していきます。

ポルシェ 911とは

Flickrより出典

ポルシェ 911の歴史はとても長く、1964年から現代に至るまで6度のフルモデルチェンジをしながら世界を代表するスポーツカーとして君臨し続けています。ポルシェといえば誰しもが知るブランド自動車メーカーであり、車に興味のない方でも知っているほどの高級車です。そんなポルシェの中でもトップの人気を誇るポルシェ 911販売が開始された1964年当初からスポーツカー好きにも富裕層にも、一般の方にもとても人気を獲得しつづけています。強烈な走破性にスポーティなエクステリアデザイン、おしゃれなインテリアはまさに圧巻!!ポルシェ好きにも車好きであれば一度は乗ってみたいと思う車です。そんなポルシェ 911を中古で購入した場合の維持費はどれくらいかかるのか?ここから詳しく紹介していきます。

ポルシェ 911を中古で購入する場合の注意点

Flickrより出典

ポルシェ 911の維持費を紹介する前にポルシェ 911を中古で購入する場合の注意点をいくつかまとめて紹介していきます。まず、ポルシェ 911を中古で購入するといってもポルシェ 911の歴史はとても長いということから、中古相場も非常に幅広く年式によっては非常に維持費が高いです。古い車両ほどやはり修理費にコストがかかったりしてきますので、購入する前にはしっかりと整備された車両のものであるということが大前提になります。注意点として一番言えるのが間違いなく整備された車両であるということ、信頼をおけるカーショップであるということ、故障しても文句を言わないということが自分の中で必要になってくるのは間違いないです。ポルシェ 911購入前は事前にしっかりとチェックして購入することがおすすめできる購入方法ですし、ポルシェ 911を購入する場合の最大の注意点といえます。

ポルシェ 911を中古で購入するおすすめの年式紹介

Flickrより出典

ポルシェ 911を中古で購入する場合、おすすめの年式は2004年から2011年までに販売されていた6代目のモデルである997型がおすすめです。ポルシェ 911の中でも故障が少なく、中古価格も500万円程度で程度の良い車両が多くあるのでポルシェ 911を中古で購入するのであれば6代目997型がおすすめの年式になります。

ポルシェ 911を中古で購入した場合の維持費

Flickrより出典

ポルシェ 911を中古で購入した場合どれくらいの維持費がかかってくるのか、先ほどの中古で購入するおすすめの年式である6代目モデル997型の維持費を紹介していきます。尚、維持費がわかりやすいように年間維持費で紹介していきますので、車検費用や重量税、自賠責保険は1年間に換算して計算です。ガソリン代に関しては年間10,000km走行するとして、ハイオクガソリン1ℓ当たり160円で計算していきます。オイル交換は5,000km毎にタイヤ交換は2年に一度のペースで交換と考えるので1年に換算です。任意保険料に関してはあくまでも目安としての料金を紹介しますので、加入する保険会社や年齢によって変動はあります。

自動車税 66,500円
車検費用 60,000円
重量税 12,300円
自賠責保険 13,920円
ガソリン代 272,000円
オイル交換費用 15,000円
タイヤ交換費用 44,000円
消耗品・修理費等の費用(もしもの時のために) 50,000円
任意保険費用 100,000円
維持費合計額 633,720円

ポルシェ 911のおすすめの中古購入モデル997型の年式ですと年間維持費が633,720円となります。非常に高く感じると思いますが、世界的スポーツカーで最高級の走破性を体感できドライバーという真の車という体感をさせてくれると思えば安く感じるはずです。年式が古くなればなるほど維持費はさらに高くなりますし、修理なども非常に多くなってくる可能性が高くなるのでやはり6代目モデルのポルシェ 911 997型の年式がおすすめできるといえます。633,720円という年間維持費を月額で換算すると、52,810円となり頑張れば維持していくことは可能な額です。ローンを組むと少し維持がきつくなってきますので、中古価格で500万円~600万円ほどの車両を狙い一括購入又は、ある程度の頭金を入れておくだけで一気に維持していくのは楽になります。

ポルシェ 911の中古はすぐ故障する?

ポルシェ 911はすぐ故障するなどいろいろと言われていますが、日頃のメンテナンスや普段の乗り方次第ですぐ故障するということはまずないといえます。故障するのには何か原因がありますし、消耗品を交換しない、オイル交換をこまめにする、など車の消耗品をしっかりと定期的に交換するだけで故障を未然に防ぐことができるのでおすすめです。スポーツカーですので、ついついサーキットに走りに行ったりなど車に負担をかけるようなことをしてしまいますが、そのあとにしっかりとメンテンナンスケアをしてあげるだけで大きな故障を防ぐこともできます。ポルシェ 911に限らずですが、その他の車もしっかりとメンテンナンスを怠らないことで故障を防ぎすぐに故障をするということがなくなるので自分でもしっかりとメンテナンスをすることがおすすめです。

ポルシェ 911の中古で購入できる激安車両はおすすめ?

ポルシェ 911を中古で購入する際に激安車両がある場合、その車両は当然疑うべき車両です。激安ということはその分のデメリットもあるわけですから、購入後に故障などが起こりメンテナンス、修理などにかなりの費用がかかる可能性があります。結局のところメンテナンスや修理に高額な費用を使ってしまうと激安で購入するメリットはほぼないわけです。購入する際は激安を探すよりも、ある程度状態の良い車両を見つけることで楽しんでポルシェ 911を楽しむことができます。

ポルシェ 911の年式別スペック紹介

ポルシェ 911も1964年から販売されている歴史の長い車です。2018年現在に至るまで6度のフルモデルチェンジを行っております。そこで、ポルシェ 911の年式別にスペックを紹介です。

ポルシェ 911初代モデル 901型

Wikipediaより出典

1964年から販売が開始され1974年まで販売されていたポルシェ 911初代モデル 901型のスペックを紹介です。

全長×全幅×全高 4163mm×1610mm×1320mm
ホイールベース 2211mm
車両重量 1095kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 空冷 F6 SOHC
排気量 1991cc
駆動方式 RR
変速機 5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+トーションバー
後:トレーリングAアーム+トーションバー

ポルシェ 911 2代目モデル930型

Wikipediaより出典

1974年から1989年まで販売されていたポルシェ 911 2代目モデル930型のスペック紹介です。

全長×全幅×全高 4300mm×1650mm×1350mm
ホイールベース 2268mm
車両重量 1195kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 空冷 F6 SOHC
排気量 2994cc
駆動方式 RR
変速機 5速MT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+トーションバー
後:トレーリングAアーム+トーションバー

ポルシェ 911 3代目モデル964型

Wikipediaより出典

1989年から1993年まで販売されていたポルシェ 911 3代目モデル964型のスペック紹介です。

全長×全幅×全高 4245mm×1660mm×1310mm
ホイールベース 2272mm
車両重量 1350kg/1450kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 空冷 F6 SOHC
排気量 3600cc
駆動方式 RR/4WD
変速機 5速MT/4速AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:セミトレーリングアーム+コイル

ポルシェ 911 4代目モデル993型

Wikipediaより出典

1993年から1998年まで販売されていた空冷エンジンポルシェ 911の最後のモデルである、ポルシェ 911 4代目モデル993型のスペック紹介です。

全長×全幅×全高 4245mm×1730mm×1300mm
ホイールベース 2270mm
車両重量 1370kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 空冷 F6 SOHC
排気量 3600cc
駆動方式 RR
変速機 6速MT/4速ティプトロニック
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:マルチリンク+コイル

ポルシェ 911 5代目モデル996型

Wikipediaより出典

1997年から2003年まで販売されていたポルシェ 911として初の水冷エンジンモデルとなるポルシェ 911 5代目モデル996型のスペック紹介です。

全長×全幅×全高 4430mm×1765mm×1305mm
ホイールベース 2350mm
車両重量 1320kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 水冷 F6 DOHC
排気量 3387cc
駆動方式 RR/4WD
変速機 6速MT/5速ティプトロニックS
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:マルチリンク+コイル

ポルシェ 911 6代目モデル997型

Wikipediaより出典

2004年から2011年まで販売されていたポルシェ 911 6代目モデル997型のスペック紹介です。

全長×全幅×全高 4425mm×1810mm×1310mm
ホイールベース 2350mm
車両重量 1440kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 水冷 F6 DOHC
排気量 3596cc
駆動方式 RR/4WD
変速機 6速MT/5速ティプトロニックS/7速PDK
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:マルチリンク+コイル

ポルシェ 911 7代目モデル991型

Wikipediaより出典

2011年から販売が開始されているポルシェ 911 7代目モデル991型のスペック紹介です。

全長×全幅×全高 4491mm×1808mm×1303mm
ホイールベース 2450mm
車両重量 1350kg
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 水冷 水平対向6気筒 DOHC
水冷 水平対向6気筒 DOHC
排気量 3436cc/3799cc
駆動方式 RR/4WD
変速機 7速MT/7速PDK
サスペンション 前:マクファーソンストラット+コイル
後:マルチリンク+コイル

ポルシェ 911を中古で購入する場合しっかりとチェックする

Flickrより出典

ポルシェ 911を中古で購入する場合しっかりとチェックし、納車までにしっかりと整備してもらっておくことが大事になってきます。それは、カーショップとの信頼関係ももちろんありますし、ポルシェを専門に扱っている又は得意としているカーショップや中古ショップに行くのが一番ベストなポルシェ 911の購入方法です。ポルシェ 911を中古で楽しむにはまずパーフェクトに整備された車両であることが一番嬉しいですし、購入後にトラブルがないということで気持ちよくポルシェ 911という最高のスポーツカーを楽しむことでもあります。世界を代表するスポーツカーポルシェ 911で最高のカーライフを送ってみてはいかがでしょう。

マイメロ



おすすめ記事