1. HOME
  2. 外車
  3. ワイルドスピードに登場するかっこいい車紹介!!憧れの車種大集合
外車

ワイルドスピードに登場するかっこいい車紹介!!憧れの車種大集合

車ファンを魅了し続けるワイルドスピードは、アメ車を中心に多くのカスタムカーやスーパーカーがスクリーンに登場します。中でも主役級のメンバーの車はシリーズごとに話題になるほどです。今回はワイルドスピードに登場した車を登場シーンも交えて紹介します。

ワイルドスピードといえばコレ!ダッジ・チャージャー

Flickrより出典

ダッジ・チャージャーはワイルドスピード1から2、3作目を除きSKY MISSIONまでヴィン・ディーゼル演じる主人公ドミニクの愛車として活躍した車です。ワイド&ローのマットブラックカラーボディにボンネットから飛び出したラムエアダクトのど派手なチャージャーは1作目にドミニクの父親の形見として初披露されました。SKY MISSIONではジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウが載っていたマセラティ・ギブリとのカーチェイスの末、チキンレースからの正面衝突で廃車になりました。アメリカで開催されているアメ車を中心としたマッスルカーのイベントでは、ドミニク仕様のチャージャーが何台も集結するほど人気です。

Flickrより出典

ファンに強烈なインパクトを与えたR34 SKYLINE GT-R

Flickrより出典

2作目のX2の冒頭にポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーの愛車として登場したR34 SKYLINE GT-Rは、その短い登場シーンからは考えられないほど人気を博しています。冒頭のストリートレースを終えて警察から逃げる際に警察の架空武器により破壊されてしまいました。しかしシルバーのボディにブルーのストライプとネオン管は一度目にしたら忘れることはないでしょう。その証拠にブライアン仕様のR34のレプリカが海外を中心に溢れることとなり、本物のR34の中古価格が高騰しバイヤーが日本にR34を買いに来るなど、一時期日本の中古車市場からR34が品薄になる現象が起こりました。撮影では本物のGT-Rが使用されています。4作目のMAXではブルーのR34が登場しましたが、こちらは25GT-tをもとに作られたレプリカがメインに使われ、本物のR34は一瞬しか登場しませんでした。

Flickrより出典

ロンドンを大爆走!BMW M5 E60

Flickrより出典

BMW M5 E60は6作目のEURO MISSIONでルーク・エヴァンス演じる犯罪組織のボス、オーウェン・ショウ一味を追跡する際に、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスがドミニクやブライアンたちに提供した車です。アジトから逃げるオーウェン・ショウを追跡する傍ら、後ろから一味に追われるという板挟み状態となり、最終的に6台全てが破壊されました。夜のロンドンを走る真っ黒な6台のM5は旧車がメインのワイルドスピードでは新鮮です。E60 M5はターボ化された後継モデルのF10 M5とは違い大排気量NAエンジンを積んでいるため、イタリア車のような甲高いサウンドが特徴的でBMWファンから愛されているモデルです。

Flickrより出典

まさにフォーミュラーカー!フリップ・カー

4-Wide Lego Cars Blog – レゴ4幅車ブログより出典

同じくEURO MISSIONに登場するフリップ・カーは、M5とのカーチェイスのシーンにてオーウェン・ショウと部下が使用した車です。2台登場し、次々と周囲の車をひっくり返すことからフリップという名前が付きました。エンジンはM5と同じV8 5000Lターボディーゼルでフォーミュラーカーのようなサウンドを奏でます。四輪操舵システムが装備されており、普通の乗用車では難しい横スライドや急旋回も楽々こなします。ドミニクたちの攻撃をものともせず、鉄板のボンネットや防弾ガラスが装備されているため、後を追ってきたホブスも全く歯が立たないという事態に陥りました。登場時間は短めですが、R34と同じく強烈なインパクトを残したモデルです。公開後に登場したオープンワールド型ゲームにはフリップカーそっくりの車が登場し、大きな話題を呼びました。

忍者のように登場し派手に散ったマセラティ・ギブリ

Flickrより出典

7作目のSKY MISSIONで3作目のX3 TOKYO DRIFTにて事故死したサン・カン演じるハン・ソウルオーの葬儀に現れた車です。X3で事故死したと思われていたハンですが、実はデッカード・ショウが弟のオーウェン・ショウの敵討ちと称し、事故に見せかけてハンの車に横からぶつけました。葬儀中に遠くの墓石の陰から姿を現すギブリを発見したドミニクは愛車のチャージャーで追いかけます。その後は1段落目で説明した通り、どちらも大破してしまいます。本作で登場するギブリはかなりのカスタムがされており、社外ホイールやブラックアウトされた灯火類、さりげなく装備されたスポイラーが印象的です。従来のマセラティはE60 M5と同じく甲高いサウンドが魅力の一つでしたが、市販のギブリはターボ化され野太いサウンドになっています。しかし本作のギブリは排気系もカスタムしているため、V8 NAと同じようなサウンドを奏でます。市街地から工場まで爆走するシーンはマセラティファンから高評価を得ており、公開後はYouTubeに同じカスタムパーツを使用したギブリが多数投稿されました。

Flickrより出典

7台しかない車、Wモーターズ・ライカン ハイパースポーツ

Flickrより出典

ギブリと同じく7作目に登場したスーパーカー、Wモーターズ・ライカン ハイパースポーツは公開前から登場することがリークされており、どんな登場をするのか話題になった1台でした。それもそのはず、価格は当時最も高価な市販車だったブガッティ・ヴェイロンを超える3億4000万円の値が付いた車です。また限定販売で7台しか生産しないと発表されています。本作に登場するハイパースポーツは、ドミニクとブライアンたちが本作のキーアイテムであるゴッドアイを探してたどり着いたアブダビにあり、ヨルダンの王子がビルの高層階に隠し持っています。ゴッドアイはヨルダンの王子に売却されたと知りビルに侵入し探しますが、中々見つかりません。そんな中目の前に現れたハイパースポーツに搭載されていると確信したドミニクとブライアンは車内でゴッドアイを見つけますが、外せないため車ごと持ちだそうとビルの中でエンジンを点火します。0-100km約3秒というハイパースポーツで隣のビルに飛び移ったり、制御不能になりビルのガラスを突き破って下まで落ちるなど、主役級の扱いを受けた車でした。

Flickrより出典

新しいドミニクの愛車、ダッジ・アイス・チャージャー

最後に紹介する車は8作目のICE BREAKに登場したダッジ・アイス・チャージャーです。ダッジにはアイス・チャージャーというモデルは無く、68年式のチャージャーを氷上でも走れるようにカスタムされた車という設定です。初代愛車のチャージャーとはカスタムが大きく異なっており、ボディをさらにオーバーフェンダー化しています。ボンネットのラムエアダクトはアイス・チャージャーには搭載されていませんが、代わりにトランク部分には電磁パルス砲とジェットタービンが搭載されています。お世辞にも走りやすいとは言えないボコボコの流氷の上を戦車のように突き進むアイス・チャージャーは、今までのシリーズには無かったおぞましさや迫力を醸し出しています。最後はドミニクが熱誘導ミサイルから身を守るためにジェットタービンを起動させ、車から脱出し後にミサイルと共に爆発しました。ICE BREAKにはシリーズ屈指の高級車が揃いますが、そんな豪華な車たちに引けを取らないほどインパクトを与えた車で、まさに本作の顔ともいえる車です。

Flickrより出典

マイメロ



おすすめ記事