1. HOME
  2. 国産車
  3. トヨタ・センチュリー(3代目)のスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介
国産車

トヨタ・センチュリー(3代目)のスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介

トヨタ・センチュリーは日本が誇るショーファーカーです。2018年には21年ぶりとなるフルモデルチェンジで3代目となったトヨタ・センチュリーは継承と進化を挙げ、最新鋭の技術を導入しながら匠の技で仕上げたまさにショーファーカーという名にふさわしい車となっています。

トヨタ・センチュリーとは

Wikipediaより出典

2018年6月に21年ぶりのフルモデルチェンジで販売が開始されたトヨタ・センチュリー。誰もが認める日本代表するショーファーカーとして有名で、継承と進化を基に3代目としてデビューでレクサスLS600hをベースに最新鋭の技術を導入されています。安全運転支援システムを搭載、V8エンジンの迫力で車重を感じさせない上品な走りで静寂性に優れているのは圧巻です。後席の室内空間はまさに驚きの仕上がり、VIP様を扱われる至高の空間となっており居住性は最高級となっています。匠の技が光るすべての仕上がりはまさに日本を代表するトヨタ・センチュリー、そんな3代目センチュリーについて詳しく紹介です。

トヨタ・センチュリーのスペック

Wikipediaより出典

トヨタ・センチュリーのスペックを紹介です。

グレード センチュリー
全長×全幅×全高 5335mm×1930mm×1505mm
ホイールベース 3090mm
車両重量 2370kg
エンジン種類 V型8気筒DOHC+モーター
総排気量 4968cc
最高出力 280kw(381ps)/6200rpm
最大トルク 510N・m(52.0kg-m)/4000rpm
燃費(JC08燃費) 13,6km/L

トヨタ・センチュリーのグレード一覧

Wikipediaより出典

トヨタ・センチュリーのグレードを紹介です。

グレード名 エンジン TM 駆動方式 新車価格(万円)
センチュリー 5ℓV8DOHC+モーター CVT FR 1960

トヨタ・センチュリーの購入見積書

トヨタ・センチュリーを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 18,148,148円
車両本体消費税 1,451,852円
自動車税(年額) 88,000円
自動車取得税 195,900円
自動車重量税 9,300円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 16,880円
登録諸費用概算 60,000円
支払合計 20,006,860円

このトヨタ・センチュリーの購入見積書の概算はグレード:センチュリーのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

トヨタ・センチュリーは値引き可能?

トヨタ・センチュリーの値引きはまず難しいでしょうし、値引きをして購入するようなレベルの車でもないです。国産を代表するショーファーカーである以上、それ相応の風格あるある一定以上の方でないと購入もできないでしょう。販売の基準として手付金100万円を支払った後、反社会勢力のものでないか、転売目的ではないのかといった身辺調査までされるそうです。それだけの価値がある車だということになります。

トヨタ・センチュリーのカラーバリエーション

Wikipediaより出典

トヨタ・センチュリーのカラーバリエーションを紹介です。

神威・エターナルブラック
摩周・シリーンブルーマイカ
飛鳥・ブラッキッシュレッドマイカ
精華・レイディエントシルバーメタリック

このトヨタ・センチュリーのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

トヨタ・センチュリーのインプレ

Wikipediaより出典

トヨタ・センチュリーをもっと知りたい、購入を検討しているという方に向けて、実際に購入されたオーナー様のインプレを紹介していきます。

今回は新型センチュリーの後部座席に試乗した。今乗っているポルシェパナメーラも乗り心地はよいがそれ以上である。内装の高級感、外装の威圧感。抜群である。これは2000万する車だと思った。

出典元:価格.com より出典

トヨタ・センチュリーのまとめ

Wikipediaより出典

日本を代表するトヨタ・センチュリー、3代目となり現代の最新鋭の技術を取り込むことでさらに豪華な仕上がりとなっています。先代のモデルと比較すると700万円ほど値上がりしていますが、それも納得するのではないのかというくらいです。V8エンジンのパワフルさは走りを上品なものにしてくれており、室内空間もまさにVIPという仕上がりでショーファーカーという名にふさわしいVIPカーとなっています。一般家庭ではまさに夢のような車ですが、ぜひ一度は体感してみたい至高で最高級な車です。

おすすめ記事