1. HOME
  2. 国産車
  3. トヨタ・スペイドのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介
国産車

トヨタ・スペイドのスペックまとめ-新車価格や中古価格から燃費情報まで紹介

ポルテの姉妹車として2012年に販売が開始されたトヨタ・スペイド。幅広いニーズに対応してくれる便利で重宝する機能が充実、シックでクールでスタイリッシュで若い世代にも受けがいいデザインです。そんなトヨタ・スペイドについて詳しく紹介していきます。

トヨタ・スペイドとは

Wikipediaより出典

トヨタ・スペイドは同系列で販売チャンネルの違うトヨタ・ポルテが2012年にフルモデルチェンジされたと同時に販売が開始されたモデルで、プチバンという新しいジャンルを確立した車となっています。日常的な用途での使い勝手は抜群で、コンパクトカーとは思えぬしっかりと充実した装備でユーザーの満足度も非常に高いです。エクステリアデザインもポルテと比較すると非常にシャープでクールで独特な個性を発揮してくれる存在感ある仕上がりになっています。室内空間はスペースがしっかりありある程度の荷物であれば楽々に積むことが可能です。ファミリーカーとしての実用性がありながらも経済性にも優れているので子育て世代のパパ、ママには非常に活躍してくれること間違いなしのコンパクトカーとなっています。そんなトヨタ・スペイドの購入時に気になることついて詳しく紹介です。

トヨタ・スペイドのスペック

Wikipediaより出典

トヨタ・スペイドのスペックを下記の表にて紹介です。

グレード G
全長×全幅×全高 3995mm×1695mm×1690mm
ホイールベース 2600mm
車両重量 1170kg
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量 1496cc
最高出力 80kw(109ps)/6000rpm
最大トルク 136N・m(13,9kg-m)/4400rpm
燃費(JC08燃費) 22,2km/L

トヨタ・スペイドのグレード一覧

Wikipediaより出典

トヨタ・スペイドのグレードを下記の表で紹介していきます。

グレード名 エンジン TM 駆動方式 新車価格(万円)
X  

1.5ℓ直4DOHC

 

CVT

 

FF/4WD

182/198
Y 189/204
F 187/203
G 197/212

トヨタ・スペイドの購入見積書

トヨタ・スペイドを購入をお考えの方に向けて購入見積書の概算を紹介します。

車両本体価格 1,740,000円
車両本体消費税 139,200円
自動車税(年額) 34,500円
自動車取得税 37,500円
自動車重量税 16,800円
自賠責保険料 36,780円
リサイクル料金 9,340円
登録諸費用概算 60,000円
支払合計 2,074,120円

このトヨタ・スペイドの購入見積書の概算はグレード:Fのものになり、値引きやオプションなどは含んでいない価格です。販売店によっても購入支払合計金額は変わってきますのであくまでも参考までにお願いします。

トヨタ・スペイドは値引き可能?

トヨタ・スペイドの値引きは交渉の仕方次第ではかなりの値引き額をたたき出すことができます。トヨタ系列の販売チャンネルが異なるトヨタ・ポルテやマツダ・デミオ、ホンダ・フィットなどの見積もりと競い合わせて値引き交渉すると楽に値引き交渉することができるのでおすすめです。トヨタ・スペイドの値引き目標額は10万~25万円程度となっています。

トヨタ・スペイドの中古価格

トヨタ・スペイドの中古価格は、40万~192万円となっています。トヨタ・スペイドを中古で購入するのであれば走行距離が伸びていない120~130万円程度で状態の良い車両がおすすめです。

トヨタ・スペイドのカラーバリエーション

Wikipediaより出典

トヨタ・スペイドのカラーバリエーションを下記の表にて紹介していきます。

ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
ブラックマイカ
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
スーパーレッドⅤ
ボルドーマイカメタリック
ダークブラウンマイカメタリック
フレッシュグリーンマイカメタリック
ブルーメタリック

このトヨタ・スペイドのカラーラインナップ表は参考までに作成したものです。実際のものとは異なりますので、あくまでも参考としてご覧いただくようお願いします。

トヨタ・スペイドのインプレ

Wikipediaより出典

トヨタ・スペイドの購入の判断材料になるように、実際に購入されたオーナー様のインプレを紹介していきます。

【エクステリア】
あくまでも私個人の好みという前提で。
・ポルテと比べるとチョイ悪な感じですが、最近ありがちなメッキを多用したものではなく、上手くクールさを演出できていると感じます。
・逆に、丸っこいシルエットやリアのデザインには優しさがある。クールさと可愛さを両立できているのは良いと思います。

【インテリア】
・高級感がある訳ではないですが、洒落ている印象を受けました。
・収納も豊富。前席にドリンクホルダーが豊富なのが良い。
・2016年の一部改良でメーターがデジタルになったようですが、親戚のとレンタカーはMC直後のモデルでアナログでした。メーターが安っぽく感じたので、この変更は良かったのでは。

【エンジン性能】【走行性能】
・印象としてはモッサリした感じがあるのですが、丸っこい見た目のせいでしょうか。決してキビキビしているわけではないですが、加速が極端に遅い訳でもないです。
・エンジン音は静かで好印象を受けました。あくまでも郊外の道や市街地の範疇ですが、ここは軽とは明らかに違いますね。(ただし4WD車については、同じエンジンを採用するカローラフィールダー4WDが、高速域の加速でエンジンがうるさかったので、ここは気になるところです)
・さらに、同社のルーミーより排気量に余裕があり、シエンタより車重が軽いので、加速も悪くなく高速も結構走れると思います(4WDは前述の通りエンジン音のうるささが懸念されますが)。

【乗り心地】
・路面の凸凹を適度に吸収してくれる印象です。少なくとも不快な突き上げ感はありません。
・広々とした車内空間のおかげで、助手席や後部座席の人はかなりくつろげます。足を組んで座ってもなお余裕がある車は初めて見ました。

【燃費】
・4WDはカタログ値は16.0km/lです。最近の車にしてはよくない値ですね。実燃費は、親戚曰く11~12km/l程度らしいです。(親戚は片道10km弱の通勤や日頃の買い物に使用しており、地方都市の市街地及び郊外のバイパスを主に走っています)
・FF車はカタログ値22.2km/lと流石の低燃費。実燃費は正確ではないですが、市街地と郊外のバイパスを走って17km/lくらいでした。トヨタの1.5L車はFFと4WD で燃費が全く異なるので注意が必要ですね。

【価格】
親戚の車&レンタカーですし、細かい部分は分からないので無評価です。

【その他】
・室内空間・荷室
後部座席のあまりの広さには驚いた。前述の通り、足を組んでもなお余裕がある。
それに加えて荷室が結構広いのが良かった。昨今の軽トールワゴン、あるいはルーミーやスズキのソリオなどは室内が広いと謳っているが、その分荷室を犠牲に。もちろん車体がこれらの車より一回り大きいので、スペイドの荷室が広いのは当然ですが、ファミリーカーとして家族旅行などにも使うとなると、スペイドくらいの荷室が必要だと思います。(私もマイカーで家族旅行に行きますが、その経験も踏まえて)。そして、リアガラスと頭の距離が近いと、追突された時の危険性も高まります。

・大開口スライドドア
利点…助手席の乗り降りがしやすい。さらに、助手席をあまり下げず標準的な位置にセットすると、助手席とドアの間に隙間が出来るが、そこから後部座席に荷物を放り込める。
欠点…横なぐりの雨が降ってる時は、室内に雨がドンドン入る。後部座席の助手席側の人は降りるのが面倒。助手席を前に出すか、右側のヒンジドアから降りる必要があるので。そのため、4人以上の乗車は不向き。

【総評】
乗せてもらったら意外と良い車だったので、他人の車・借り物ですがレビューしました。
トヨタ内でもルーミー・タンクとシエンタに挟まれて、すっかり影が薄くなってしまったスペイド(ポルテ)ですが、もっと評価されて良い車だと思います。とくに「3人家族」には最適なはずです。3列シートのミニバンはいらないけど、近場の買い物も遠出も一台で済ませたい!という方に向いているでしょう。

出典元:価格.comより出典

【エクステリア】
ブラック(202)です。
夜の街頭下での輝きと落ち着き感、高級感は最高ですね。
ただブラックなので洗車には気を使います。
自信が無い場合はガソリンスタンドやディーラーで「手洗い」してもらいましょう。

普段助手席を使用する場合は、後部座席のヒンジドアは重宝します。
買い物したものを後部座席に置くときは、後部座席のヒンジドア一択になります。
助手席を前に動かしている場合は、スライドドア側でもOKです。
豪雨時はヒンジドアから乗った方がよいでしょう。

【インテリア】
高級感は無いです。
ただ当方はF Queen II なのでマシになっています。
天井スピーカー2個追加されていますが、音質にこだわる方にはNGが出ると思います。
ナビの音質項目を色々変更したら、ある程度改善はされます。

収納は色々なところにあるので便利です。
逆さで入れれるティッシュ収納は、新品ティッシュを入れると
どんなに注意しても途中で破けました。(コツがあるのかな?)

【エンジン性能】
【走行性能】
前車は1500のAT車です。
今回初のCVT車ですが、かなり静穏で驚いています。
低速度時にアクセルを離すと減速(エンジンブレーキ?)し違和感ありましたが、慣れました。
加速にもたつきがあるレビューを見かけますが、前車も1500だったので、もたつき感はありませんでした。
峠ではさすがにエンジン頑張りますが、後続車に迷惑がかかるような事はありません。(Sモードで走りましょう)
室内は天井も高く開放感があり、くつろげます。
途中休憩ありの5時間くらいのドライブでも快適でした。

後方窓があまり大きくなく死角も存在するので、バック駐車が苦手な方は
バックカメラまたは後方センサーを付ければ安全かと思います。

【燃費】
豪雪地帯ですが11~12ぐらいです。
雪解け後に期待してます。

【価格】
ちょっと高いかなと思うのと、安全装備も付いてるので仕方ないと思ったりもしています。

【総評】
最初に判断すべきは、長所にも短所にもなる大型スライドドアです。
助手席を使わないのであれば長所しかないと思います。
助手席を使う場合は、スライドドアから後席への移動、荷物を置くなど
必ず自身で使い勝手を確認してください。

出典元:価格.comより出典

トヨタ・スペイドのまとめ

Wikipediaより出典

トヨタ・スペイドをまとめていくと、プチバンと言えるほどの使い勝手の良さと室内の居住空間の満足度は非常に高いコンパクトカーとなっています。幅広いニーズに対応してくれ、デザインもシャープでクール。日常的な用途をすべて役立つ機能や設備が充実しておりファミリーカーとしての使い勝手も非常に向いているのでおすすめです。運転もしやすく扱いやすい上に小回りも効くので細い道や裏道などでも活躍してくれます。値引交渉にも応じてくれるので新車購入時にはしっかりと値引きをしてから購入することがおすすめです。

マイメロ



おすすめ記事