1. HOME
  2. 外車
  3. BMW Z4を風を感じるスポーツカーらしい仕上がり-気になる走行性能やインプレを紹介
外車

BMW Z4を風を感じるスポーツカーらしい仕上がり-気になる走行性能やインプレを紹介

2019年3月にフルモデルチェンジされ販売が開始されたばかりのBMW Z4。ロングセラーモデルともいえる3代目ともなる今回のモデル、古典的なロングノーズにショートデッキスタイル、がその走行性能は圧倒的。生粋のスポーツカーらしいBMW Z4についてこの記事で詳しく紹介です。

BMW Z4について紹介

BMW Z4

flickerより出典

2019年3月に販売が開始されたBMW Z4。プラットフォーム、エンジンなどはトヨタ スープラと同じとなっていますが、このBMW Z4はオープントップのみの設定という贅沢な仕上がりとなっています。まさにスポーツカーらしいワインディングを楽しめるクイックなハンドリングで曲がりやすさを感じさせながら、鋭い素早さで直列6気筒エンジンのフィーリングを存分に楽しませてくれるドライビング感覚です。

同BMW i8にも匹敵するくらい楽しめるまさに究極のFRスポーツ、存在感ある直列6気筒エンジンのモデルも最高ですが、やはり扱いやすい直列4気筒の2.0ℓモデルも忘れてはいけない。日本国内の道路で楽しむのであれば2.0ℓ直4モデルも非常におすすめです。サーキットで走行したりするのであればやはり3.0ℓ直6モデル、日本道路で毎日のドライビングを優雅に楽しむのであれば2.0ℓ直4モデルが最も適した選択のだといえます。

実力を備え、エクステリアデザインのかっこよさに目を引くファンも多い、そんなBMW Z4について下記から詳しい情報を紹介していきます。

BMW Z4のスペック紹介

BMW Z4

flickerより出典

BMW Z4の気になるスペックを下記の表にまとめて紹介していきます。

BMW Z4:M40i
全長×全幅×全高 4335mm×1865mm×1305mm
ホイールベース 2470mm
トレッド 前:1595mm

後:1590mm

車両重量 1570kg
最小回転半径 5.2mm
エンジン型式 B58B30C
エンジン種類 直列6気筒DOHCターボ
ボア×ストローク 82.0mm×94.6mm
総排気量 2997cc
最高出力 250kw(340ps)/5000rpm
最大トルク 500Nm(51.0kgm)/1600~4500rpm
タンク容量 52ℓ プレミアムガソリン
JC08モード燃費 13.2km/L
トランスミッション形式 8速AT
変速比 ①5.250

②3.360

③2.172

④1.720

⑤1.316

⑥1.000

⑦0.822

⑧0.640

R3.712

最終減速比 3.154
駆動方式 FR
パワーステアリング 電動式
サスペンション フロント:ストラット

リヤ:5リンク

ブレーキ フロント:ベンチレーテッドディスク

リヤ:ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ フロント:255/35ZR19

リヤ:275/35ZR19

タイヤブランド ミシュラン・パイロットスーパースポーツ
車両価格 万円

BMW Z4のインプレッションを紹介

BMW Z4

flickerより出典

BMW Z4を実際に乗られている方のインプレッションを紹介していきます。

【エクステリア】
雑誌やネットで見るZ4は、オレンジや赤でキドニーグリルが黒でいい感じでしたが、試乗車は、濃い紺色みたいなやつでキドニーグリルがギラギラして、少しイメージダウン笑
比較するのはナンセンスかもしれませんが最終型のメルセデスSLKよりは、コンパクトに感じました。
しかし、個人的には大きいかなぁ…ショートホイールベースだけど、トレッドワイドなんで、正方形運転してる気分笑
まあ、デザインは、個人の好みですよね(^^)

【インテリア】
ヘッドアップディスプレイとは知りませんでした、いい感じ(^^)
液晶メーターは、モードで色々変わって楽しいですね。ルノーメガーヌの液晶メーターは、アナログメーター表示がやや動きが粗く気になりましたが、さすがBMWスムーズに針が上昇する(^^)
シートもスポーティだけどラグジュアリー笑笑
しかし、最近のBMW、なんでこんなにハンドル太いの?笑笑
車体がそこそこ大きいからスペースがあって、小さな物なら、シート後ろにネットがあったり、色々置ける(^^)

【エンジン性能】
試乗車は、4発だけど、最新の過給エンジン、悪いわけなくトルクフル。
スポーツモードにすると勇ましくなるし、しっかり演出されている笑
でもアバルトじやぁあるまいし、スポーツモードでアクセルオフ時の「ポフ!」はないでしょ笑笑
燃調濃いの?

【走行性能】
8ATの制御が気になる。エコノミーやコンフォートに対してスポーツモードは、ロックアップタイトにしてるんだろうけど、トルコンなのにDCTみたいにややギクシャク気味(>_<)この車には似つかわしくないと個人的に思います。
もちろん、スポーツモードでシフトダウンすると明確にブリッピングするから気分は上がるけどね。
でもやっぱり、私個人には車体がでかい、重量を感じる(T ^ T)
鼻もスムーズに入るよ、決してクイックじやあないけど、Z4らしくていいでしよ(^^)

【乗り心地】
スポーツモードにしても決して悪くない。
ギャップも上手くいなしてる。
さすがに最新のオープンカー、変な風の巻き込みもない、しっかりシート後ろに大きなウインドシールドあるしね(^^)

【燃費】
試乗なので不明。
【価格】
うーん、6発は高い、手が出ません笑笑

【総評】
車格から仕方ないけど、やはり重い。
法規制とかあり、車重が重くなる現代の車を車重を感じさせないように低回転からトルクフルなエンジンがカバーする方程式。
しかし、重いと慣性はいかんともし難く(T ^ T)
日頃、ゆったり流して、ワイディングをほどほどに攻めるイメージかな。
トルクフルなエンジンは、しっかりコーナーを立ち上がるし悪くはなく「上質なBMWに乗ってる」と言った感じでしょうか。
決して目を釣り上げてワイディングを攻めるのは似合わない車笑。
私的には、やはり軽量、レスポンス良くが楽しいので、もう少し小型のオープンカー選びます。

Z4を買える財力のある方なら、悪くはない選択だと思いますm(_ _)m

価格.com より出典

BMW Z4のエクステリアを評価

BMW Z4

flickerより出典

エレガンスな雰囲気、BMW Z44らしいロングノーズ、ついつい見惚れてしまうほどの存在感あるスポーツカーらしい演出のエクステリアデザイン。

ボディカラーは全4種類

  1. アルビン・ホワイトⅢ
  2. ブラック・サファイア・メタリック※
  3. サンフランシスコ・レッド・メタリック※
  4. ミサノ・ブルー・メタリック※★

※については9万円高、※★についてはグレード「M Sport」「M40i」専用のカラーとなっています。

トランクスペースについても一見かなり小さそうですが、開口部を開いてみると何とも奥行きが広くたっぷりな荷室空間となっています。大型スーツケースを積んでも余裕を残し、実用性はスポーツカーとしては非常に高いです。

BMW Z4のインテリアを評価

BMW Z4

flickerより出典

スポーツカーらしい低い着座位置でドライバーを楽しませてくれるのは間違いないでしょう。シートは2種類ありスタンダードモデルはスタンダードシート、高位グレードモデルについてはスポーツシートを採用されており、M40iについては革張りのシートです。

コックピットに乗車した時から味わえるスポーツカーに乗ったという感動と鼓動、すべての車乗りを優雅な気分にさせてくれます。非日常的な雰囲気はまさに別格の仕上がりです。

BMW Z4のグレード一覧

BMW Z4

flickerより出典

BMW Z4のグレードは全部で4種類。標準グレードが「sDrive20i」、その上のグレードが「sDrive20i Sport」、その次に「sDrive20i MSport」、最上位グレードが「M40i」となっています。最上位グレードのM40iだけ直6ターボの3.0ℓエンジンを搭載しており、そのほかのグレードについては直4ターボの2.0ℓエンジンです。

2.0ℓ直4はとても扱いやすい

BMW Z4

flickerより出典

2.0ℓ直4エンジンを搭載する3種類のグレード、「sDrive20i」「sDrive20i Sport」「sDrive20i MSport」は非常に扱いやすい排気量で、日本国内で走らせる分にはもってこいです。それでいて走らせやすいハンドリングは安心したワインディングを楽しませてくれます。

3種類のグレードでも少し装備内容が変わってくるのが、ホイールやインテリアが変わっており、走りに関してはホイールが下位モデルが17インチ、中間モデルが18インチ、上位モデルが18インチの軽量型ホイールとなっています。金銭的に余裕があり走りを楽しみたいのであれば間違いなく上位モデルを、下位モデルでも十分な走行性能とコーナリングはなかなか楽しむことができるのでおすすめです。

3.0ℓ直6はまさにスポーツカーらしい別格の存在感

flickerより出典

3.0ℓ直6エンジンを搭載したその走りの存在感はまさに別格!!M40iは究極のコーナリングと軽快な発進力はドライバーを風を感じさせてくれる抜群の走行性能があります。また、純正で19インチのホイールを装着しており、サスペンションもその他のグレードとは別に設定されており、軽量化もかなり作りこまれた設計です。

フローズングレーは世界で30台限定カラー

flickerより出典

BMW Z4には限定カラーであるフローズングレーが設定されており、全世界30台限定とかなりのプレミアム感を感じさせるカラーで販売されました。グレードはM40iのみで、価格は64万円高い899万円となっています。現在は売り切れとなっており、ぜひとも一度生で見てみたいものです。

BMW Z4についてまとめ

flickerより出典

BMW Z4についてまとめていくと、走りを存分に楽しめる走行性能に操縦性は切れ味抜群でドライバーをとことん楽しませてくれるスポーツカーに仕上がっています。驚きはコーナリング性、一度乗って体感すればわかりますが、グッと曲がる最高のワインディングは日常から解き放ってくれるようです。

扱いやすい2.0ℓ直4エンジンなのか、格の違いを思わせる3.0ℓ直6エンジンなのかが購入時迷わしいところです。実際に日本国内で優雅にドライビングを楽しむのであれば直4、サーキットなどで本格的な走りを楽しむのであれば直6でしょう。

最高の走りを楽しめるBMW Z4スポーツカーがほしい、財力に余裕がある方であれば非常におすすめできるスポーツカーとなっています。

BMW Z4新車価格
sDrive20i 566万円
sDrive20i Sport 615万円
sDrive20i MSport 665万円
M40i 835万円
マイメロ



おすすめ記事