1. HOME
  2. 外車
  3. シボレー・カマロ(1991年式)のまとめ-燃費/維持費/インプレ紹介
外車

シボレー・カマロ(1991年式)のまとめ-燃費/維持費/インプレ紹介

シボレー・カマロ(1991年式)の燃費、維持費、購入価格などをまとめていく記事です。実際に購入したオーナー様のインプレなども紹介していきますので、これからシボレー・カマロ(1991年式)を購入する方や興味のある方にも参考になる記事になります。

シボレー・カマロ(1991年式)とは?

Flickrより出典

シボレー・カマロ(1991年式)とは、1982年から1992年まで販売されていたカマロの3代目モデルになります。シボレー・カマロとして初の燃料噴射装置を装着されたモデルで、これまでのキャブレター搭載のカマロよりもエンジン性能がアップです。大型リアゲートの2ドアクーペスタイルのデザインは強烈なインパクトとアメリカンスポーツらしいワイルドなセンス力があるデザインになります。そんなシボレー・カマロの1991年式を基にスペックや燃費、維持費、購入価格などをここから紹介です。

シボレー・カマロ(1991年式)のスペック(主要諸元)

Flickrより出典

自動車メーカー シボレー
車名 カマロ
グレード名 Z28
新車価格 464万円
車両型式 E-CF25B
駆動方式 FR
変速機 4AT
ドア数 3ドア
定員数 4人
車長×車幅×車高 4885mm×1860mm×1285mm
車重 1570kg
ホイールベース 2565mm
トレッド 前:1545mm

後:1540mm

タイヤ 前:245/50R16

後:245/50R16

ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク

後:ベンチレーテッドディスク

シボレー・カマロ(1991年式)の(エンジン諸元)

Flickrより出典

原動機型式 5B
気筒配列 V型8気筒
排気量 5727cc
最高出力 245ps(180kW)/4400rpm
最大トルク 47.7kg-m(468N・m)/3200rpm
圧縮比 9.8
吸気方式 NA
使用燃料 ハイオクガソリン
カタログ燃費

シボレー・カマロ(1991年式)の購入価格

Flickrより出典

シボレー・カマロ(1991年式)の新車価格と中古価格を紹介します。

新車価格 464万円
中古価格 100万円~応談

シボレー・カマロ(1991年式)の実燃費

Flickrより出典

シボレー・カマロ(1991年式)の実燃費はどれくらいの性能なのか、実際に乗られている方の実燃費を統計して平均した実燃費を紹介します。

実燃費 6.6km/L

シボレー・カマロ(1991年式)の維持費紹介

Flickrより出典

シボレー・カマロ(1991年式)の気になる維持費を紹介していきます。尚、車検時に必要な重量税、自賠責保険代は一年に換算して計算します。車検代については一年間に平均して必要なコストを換算して紹介です。オイル交換は5,000km毎に交換、タイヤ交換については2年に1回交換すると考え一年に換算したものとします。任意保険料はあくまでも目安として金額としてお考えいただくための参考価格です。ガソリン代は年間に1万km走行すると考え、1Lを150円として計算した金額ですので、今回紹介する維持費あくまでも目安としてご覧いただくようお願います。

年間維持費名 年間維持費額
自動車税 101,100円
車検費用 60,000円
重量税 25,200円
自賠責保険 13,920円
ガソリン代 227,272円
タイヤ交換 25,000円
オイル交換 20,000円
任意保険料 120,000円
年間維持費合計 592,492円

シボレー・カマロ(1991年式)の年間維持費を月に換算して計算してみると、49,374円となっており非常に高いアメ車ならではの維持費となっています。また、古い車両になるため修理にかかるコストなどを考慮すればもう少し高い維持費になる可能性がありますので、購入時にはしっかりコストがかかる車と認識して購入すること強くおすすめする車です。

シボレー・カマロ(1991年式)のグレード別一覧

Flickrより出典

シボレー・カマロ(1991年式)のグレード別に購入価格、燃費、維持費額などを紹介していきます。

グレード名 購入価格 燃費 排気量・駆動方式・馬力
Sport-Convertible 510万円 -km/L 5.0L・FR/4AT・205ps
Sport-Coupe 348万円 -km/L 5.0L・FR/4AT・170ps

シボレー・カマロ(1991年式)のまとめ

Flickrより出典

シボレー・カマロ(1991年式)をまとめていくと、古き良きアメリカの旧車としてカマロ初となる燃料噴射装置を実装させこれまでのキャブレター搭載モデルよりも遥かにレベルアップしているスペックです。当時の購入価格としても意外にもめちゃくちゃ高い価格帯ではなく、割と購入のしやすいアメ車で現在でも球数は少ないものの安値の車両はあります。応談の車両もあり、ピンからキリといったところですが交渉次第ではかなりの良質なシボレー・カマロ3代目モデルを購入することができるのでアメリカンスポーツの旧車でもおすすめの車です。維持費自体は非常に高いと思われるかもしれないですが、それは国内の旧車でも同じですし割り切らないと維持していくことは不可能に近いです。燃費も良くなく故障も多いと言われている3代目カマロですが、それでも乗りたくなる維持したくなる魅力がたくさん詰まっているアメリカンスポーツという名に恥じない車となっています。

おすすめ記事